サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:20%OFFクーポン(0219-21)

集英社30%OFFクーポン(~2/21)

イタリアで、福島は。
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

電子書籍

イタリアで、福島は。

著者 安西洋之

解説・早野龍五(東京大学大学院理学系研究科教授)「ただの事実」がそれなりに伝わるだけで、たいしたことなんだよなぁ。  ――糸井重里氏(ほぼ日刊イトイ新聞)推薦!たしかなデ...

もっと見る

イタリアで、福島は。

497 (税込)

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.4MB 無制限
Android EPUB 9.4MB 無制限
Win EPUB 9.4MB 無制限
Mac EPUB 9.4MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

解説・早野龍五(東京大学大学院理学系研究科教授)


「ただの事実」がそれなりに伝わるだけで、たいしたことなんだよなぁ。  ――糸井重里氏(ほぼ日刊イトイ新聞)推薦!

たしかなデータを提示しながらも、
いまだ風評被害に泣かされる「福島の食」。
とくに海外での偏見は根強いといいます。
そんななか、イタリアのミラノで、
福島を軸に「食の安全」について考える
「Fukushima Food Safety Conference」
というイベントが開催されました。
それは一過性のキャンペーンで終わったのか、
イタリアの人々の認識を少しでも新たにしたのか。
ミラノと東京を拠点にする
ビジネスプランナー、安西洋之さんが、
「イタリアでの福島」について、
ありのまま、伝えてくださいます。―――ほぼ日編集部(まえがきより)


2015年、美食の国イタリアで「食」をテーマに開催されたミラノ万博。
食の安全は、大きなテーマのひとつに位置づけられていました。
科学的に安全であるという根拠が明確な食品であっても、
東北や日本の食品に対して輸入に制約を設けている国が今なおあります。
チェルノブイリなど身近な放射能問題に直面してきた
ヨーロッパの国に暮らす人々の本音はどのようなものなのでしょうか。

正しい情報をいかに、「外国」で伝えていくか。
本書で報告されている日伊合同シンポジウムは、食の問題に限らない
より大きな問題意識を投げかけるものでもあります。     (編集部)


※本書は、2015年11月25日~12月8日にかけて、ほぼ日刊イトイ新聞に連載した記事を刊行したものです。
早野龍五氏による解説は本書のために書下ろしました。

目次

  • はじめに ・・・ほぼ日編集部
  • 1 ミラノ万博開催中に福島の今を伝える
  • 2 検索エンジンの言う
  • 3 福島には別な現実があったんだね
  • 4 原子力を勉強している学生はどう聞いたか
  • 5 知日派が過ごしたこの4年半
  • 6 日欧200人以上の高校生の論文が英国専門誌に掲載される
  • 7 イタリアが欧州の鍵となるのでは
  • 8 青空市場と大手スーパーに共通するもの

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)