サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0731)

修正:全品ポイント最大50倍(0731)

死の淵を見た男

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 137件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/11
  • 販売開始日:2016/03/11
  • 出版社: PHP研究所
  • ISBN:978-4-569-80835-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

死の淵を見た男

著者 門田隆将

2011年3月11日、福島第一原発事故。暴走する原子炉。それは現場にいた人たちにとって、まさに「死の淵」だった。それは自らの「死の淵」だけではなく、故郷と日本という国の「...

もっと見る

死の淵を見た男

1,400 (税込)

ポイント :12pt / 紙の本より436おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日

1,836(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.0MB 無制限
Android EPUB 10.0MB 無制限
Win EPUB 10.0MB 無制限
Mac EPUB 10.0MB 無制限

電子書籍全品対象!
10%OFFクーポン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!10%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月28日(金)~
2017年7月30日(日)23:59

電子書籍全品
ポイント最大50
キャンペーン
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2017年7月1日(土)~
2017年7月31日(月)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2011年3月11日、福島第一原発事故。暴走する原子炉。それは現場にいた人たちにとって、まさに「死の淵」だった。それは自らの「死の淵」だけではなく、故郷と日本という国の「死の淵」でもあった。このままでは故郷は壊滅し、日本は「三分割」される。使命感と郷土愛に貫かれて壮絶な闘いをつづけた男たちは、なにを思って電源が喪失された暗闇の原発内部へと突入しつづけたのか。また、政府の対応は……。「死」を覚悟しなければならない極限の場面に表れる、人間の弱さと強さ。あの時、何が起き、何を思い、どう闘ったのか。原発事故の真相がついに明らかになる。菅直人、班目春樹、吉田昌郎をはじめとした東電関係者、自衛隊、地元の人間など、70名以上の証言をもとに記した、渾身のノンフィクション。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー137件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

涙が出るほど感動

2013/01/18 21:42

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:多礼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

原子力事故に立ち向かう人間ドラマですが、日本国家を守るため命をはって立ち向かうフクシマフィフティの覚悟は、最近われわれが忘れかけていた国家や他人を守るための覚悟を感じました。自分のことばかり考える風潮が多くなっている中、まさに現在の大事故に立ち向かう姿には涙が出るほど感動しました。精神面からも強い日本を取り戻したいと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

朝日よ、これを読んで恥を知れ!

2014/09/23 19:59

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

福島第一原発の事故は、地域住民の避難解除などいまだ課題は残されているものの、現在までに放射能による死者はゼロ、重大な健康被害も報告されていないという、あれほどの大事故にしては驚異的なまでの被害の少なさであった。だが、これは決して偶然の産物ではなかった。その背後には、最悪の事態を何とか回避するために一丸となって戦った東電職員と自衛隊員たちの決死の事故対応作業があった。
 本書は、そんな勇者たちの知られざる物語である。電気が止まり冷却水の通らなくなった原子炉に水を入れるラインづくりの作業、なおも上昇し続ける原子炉内の圧力を下げる最後の手段であるベント、その後も続いた人力を中心とした給水作業...これらすべてが、今は亡き吉田昌郎元福島第一原発所長とその部下、加えて彼らの指示を忠実に実行した自衛隊員らの命がけの作業によるものであった。これらがなかったら、福島はチェルノブイリの10倍もの惨事となっていたとも言われている。とりわけ事故直後の消防車の手配にはじまり、つねに冷静で適格な指示をあたえ続けた吉田所長は、あの未曾有の大災害から日本を救ったまさに奇跡ともいうべき人材であった。
 放射線量を懸念しながらの不眠不休の作業、食料も日常品も睡眠もまともにとれない中央制御室での生活...描かれているのは、すさまじい限界状況である。外との通信が限られた状況は、また外界からの無責任な干渉や批判を生んだ。その最たるものが管総理の突然の現場訪問であろう。訪問は緊張の現場をいたずらに混乱させ、作業を停滞させるだけであった。本書には、あのイラ管が福島で見せた奇行、蛮行の数々が、本人の言い訳とともに記録されている。それらを読めば、事故の被害拡大の責任の一端を、この無能にさえ収まることのなかった有害な元首相が負っていることは、一目瞭然である。
 吉田とその仲間たち―のちにフクシマ・フィフティとよばれる人びと―のおかげで日本は最悪の事態を免れたが、その業績について知られることもないまま、事故は峠を越した。吉田昌郎が病を得たのはその直後であった。次々と夫を襲った不条理を、夫人はこう回想する。
「どうしてパパはこんなにひどい目にばかり遭うんだろう、神様に嫌われちゃったのかしらって、正直、思いました。あれだけパパは頑張ったのに、と。でも、こういう人が、あの時に福島にいたっていうのは、やっぱり運命だったのか、とも思います。...」
 神様に嫌われたのではない。吉田は、神様にお前しかいないと言われて、そこを任されたのだと私は思う。そういう意味ではまさに運命であった。しかし、日本を救うため彼にあたえられた運命なのだ。だから私たちは、彼とその部下全員に感謝しなければならない。
 先頃、朝日新聞は、福島第一原発の職員の多くが事故後、吉田所長の命令に反して第2原発に避難したと報道したことに関して、社長みずからが謝罪会見をおこなった。本書を読めば、東電の職員はみな命がけで事故に対応し、避難した者も多くが吉田の願いに応じて去っていっただけということがわかる。なのに、なぜ朝日は彼らを辱めるような記事を書いたのかと、怒りがこみあげてくる。問題の記事を書いた記者、それを容認した朝日首脳陣はこれを読み、改めてみずからの罪を大いに恥じていただきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本を救った男

2016/02/03 01:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまりに悲惨だった3:11.現場を預かる吉田所長は、本社に盾突いて、というより、本社の意向を無視して己を貫き通した。結果、日本は救われたといっても過言ではない。東電の腐敗体質を見るにつけ、現場に吉田氏がいたことは、大きな意味がある。本書は、まざまざと、それを知らしめた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/02/23 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/24 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/19 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/06 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/13 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/24 21:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/22 13:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/18 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/28 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/23 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/06 15:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/13 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノンフィクション・ルポルタージュ ランキング

ノンフィクション・ルポルタージュのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む