サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

修正:全商品20%OFFクーポン(1123-26)

龍馬史(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2016/03/25
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-785801-8
一般書

電子書籍

龍馬史

著者 磯田道史

坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は? 幕末最大のミステリーに挑んだ気鋭の歴史家が、史料の丹念な読解と巧みな推理でついに謎を解きあかした。自筆の書状から龍馬の内面に迫り、龍...

もっと見る

龍馬史

500 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より40おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

龍馬史 (文春文庫)

540(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.2MB 無制限
Android EPUB 7.2MB 無制限
Win EPUB 7.2MB 無制限
Mac EPUB 7.2MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
20%OFFクーポン
「電子書籍ストア 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。
電子書籍ストア全商品!
単品30倍・セット50倍
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

坂本龍馬を斬ったのは誰か? 黒幕は? 幕末最大のミステリーに挑んだ
気鋭の歴史家が、史料の丹念な読解と巧みな推理でついに謎を解きあかした。

自筆の書状から龍馬の内面に迫り、龍馬が生きた幕末という時代、土佐藩の事情などを一つ一つ検証。既成の枠にとらわれない自由な発想の持ち主が生まれた背景にも迫ります。

坂本龍馬の生涯をたどることで、複雑な幕末史が分かる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

龍馬の実像

2013/05/29 19:44

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

待望の文庫化。すぐさま購入し、一気に読み終わりました。期待通りの好著でした。
 本書では、龍馬自身が書いた手紙等の一次資料を丹念に読み、当時の社会情勢と符合させ分析する手法が功を奏し、龍馬の実像が見事に浮かび上がっています。さらに、龍馬暗殺についても極めて合理的に分かりやすく解析されていて、本書は龍馬の実像を知る決定版と言っても過言ではありません。この説得力は、磯田氏の真骨頂と言えるでしょう。
 特に「龍馬暗殺に謎なし」(第3章)と言い切るだけあって、非常に明快な分析に感心しました。龍馬暗殺については、珍説・奇説が横行しているだけに、スッキリしました。

 私自身は、半藤氏が指摘している「薩長同盟も大政奉還も船中八策も龍馬のオリジナルではなく龍馬には独創性はない。龍馬は目利きができ抜群の行動力があるため、幕末における潤滑油としての貢献は極めて大きかった」という龍馬像に賛同してきました。そして、仮に龍馬が存在しなくても維新は成し遂げられただろうし、あくまでも潤滑油程度の存在にすぎないと考えていました。
 本書を読んで、龍馬は幕末のキーマンとまではいかなくても、キーマンに近い存在であると考え直しました。龍馬自身には構想力はなかったかもしれませんが、他人の練った政策や構想の良し悪しを見抜く力は突出しています。さらにそれを十分に咀嚼した上で、実現に向け大胆に実行していく行動力により、江戸幕府の最終局面では、潤滑油以上の貢献をしたと思います。あの局面で暗殺されたのは大変残念です。

 ところで、磯田氏は控えめに主張しています(15ページ・35ページ)が、あの「竜馬がゆく」は小説の世界と割り切って読んだ方が良いようです。つまり龍馬を美化するための司馬氏による創作が含まれています(だから「竜馬」なのです)。小説の世界を楽しんだ上で、龍馬の実像を追うことも歴史の醍醐味です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/08 07:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/23 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/19 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/14 21:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/24 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/26 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/20 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/15 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/20 02:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/29 16:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/03 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/23 19:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/07 00:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/26 06:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

文春文庫 ランキング

文春文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む