サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

全商品30%OFFクーポン【先着18,000名限定】(~6/25)

どうしよう
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/04/19
  • 販売開始日:2016/04/19
  • 出版社: マガジンハウス
  • ISBN:978-4-8387-2832-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

どうしよう

著者 壇蜜

誰もが出あうであろう戸惑いの一瞬を切り取り、壇蜜流の解釈でそのやり過ごし方(処世術?)を綴る書き下ろしエッセイ集。人生は”どうしよう”の連続。いろいろあるけれど、私はこう...

もっと見る

どうしよう

1,000 (税込)

ポイント :9pt / 紙の本より296おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

どうしよう

1,296(税込)

どうしよう

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.5MB 無制限
Android EPUB 7.5MB 無制限
Win EPUB 7.5MB 無制限
Mac EPUB 7.5MB 無制限
【先着18,000名様限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
 ※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月25日(日)23:59まで

※クーポンを取得されていても、利用者が18,000名様に達した時点で終了となります。

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

誰もが出あうであろう戸惑いの一瞬を切り取り、壇蜜流の解釈でそのやり過ごし方(処世術?)を綴る書き下ろしエッセイ集。
人生は”どうしよう”の連続。いろいろあるけれど、私はこうして生きています――劣等感も弱みもちょっとした色恋沙汰も、世間が想像する”壇蜜”をしっかり務めるその裏側、ひとりの30代女性としての素顔が詰まった1冊です。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/08/11 05:28

投稿元:ブクログ

初読み。
人生は“どうしよう”の連続。壇蜜流のやり過ごし方を綴る書き下ろしエッセイ集。
華やかな世界にいるようで、落ち着いた暮らしをしている様。
共感することしきり、面白かった。
(電子書籍 kindle)

2016/04/27 09:27

投稿元:ブクログ

壇蜜さんが日頃『どうしよう』と困っていることをまとめた一冊。文体は奥ゆかしくでも時に強く、自分をしっかり持っていて好きです。

2016/03/19 08:56

投稿元:ブクログ

彼女の本は好きだ。ちょっと、一歩下がって自分を見ながら、どのように外界との壁をつくるかを考えているのかと。以前の著書は、内容自体に興味深いもの(男性はヒモのついた服が好きとか)が多かったが、本作は構成も文章もよく練られていて、読ませる力があると思う。まあ、そんなことはないだろうが、国語のテストに出題されてもいいレベルに達しているのではないか、及ばないかもしれないが向田邦子に近いのではないかと思った。褒めすぎかなあ。ちなみに何冊も壇 蜜さんの本は読んでいますが、写真集などは持っていません。

2016/02/21 17:31

投稿元:ブクログ

壇蜜さんの書き下ろしエッセイです…。

壇蜜さんが書かれた既作品とは異なり、
自然体の彼女の想ぃが語られています。

日常の困ったこと…、どぅしよう…??
といぅシチュエーションにおける、
壇蜜さんなりの解釈と対処法が、
50編のエッセイとして語られています。

とは言え、壇蜜さんは、とても不器用、
むしろ、ネガティブ思考の方?なので、
明日を頑張って生きるための活力剤…、
などとは言いません、言えませんが…、
どのエッセイも、あるある感が満載で、
とても親近感のある内容、作品でした。

2016/08/13 07:29

投稿元:ブクログ

壇蜜さん、案外庶民的でネガティブな発言が結構好きなタレントさんだったんですが、ますます好きになりました。お金をもらって働いている以上、誰もが乗り越えなければいけない「どうしよう」。アラサーともなればだれもがやらかしていたであろう恋愛の失敗、なんかを絶妙な語り口で書いてます。処世術というのも大げさだけど、あぁ、彼女はこうやって割り切ってるんだな。と、大変心地よく読ませていただきました。疲れたもうやだ働きたくない、、という帰宅の電車や、倒れこんだベッドの上でめくったら、気持ちが静まりそうな本です。

2017/03/28 19:02

投稿元:ブクログ

壇蜜さんに「どうしよう」と言われたら、こちらの方が「どうしよう」となってしまう。あぁ、いい題名だ。壇蜜さん独特の視点が冴えわたる。自分の過去を卑下しているように語りつつも、享受した境地にいるかのような文体。とにかくよく寝る人だ。眠りと眠りの間に書かれたエッセイとは思えないほど、視点は鋭く、深く、心に突き刺さる。「恋人の名前を予備間違えた時」の恐怖はよく覚えておこう。壇蜜さんが言うことだから間違いはないはずだ。

2016/10/18 13:48

投稿元:ブクログ

壇蜜さんの「どうしよう」、2016.2発行。表紙の写真を見て、広隆寺の弥勒菩薩が浮かんできました(^-^) 読了して、謙虚な方だなと思いました!「泣くなら、ひとり(壇蜜日記3)」(2016.10)も楽しみにしています。

2016/11/18 23:26

投稿元:ブクログ

エッセイ集。短いものがたくさん入っていると、飽きるかも。壇蜜が、頭がよく、地味で語彙が広いことはよくわかった。

エッセイ ランキング

エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む