サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

SS 双葉社 ポイント50倍CP(~3/31)

感情類語辞典

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/24
  • 販売開始日:2016/10/24
  • 出版社: フィルムアート社
  • ISBN:978-4-8459-1584-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

辞事典

電子書籍

感情類語辞典

著者 アンジェラ・アッカーマン,ベッカ・パグリッシ,滝本杏奈

古今東西、どんな名作にも必ず共通するのは、登場人物たちの「感情」が豊かに描かれていること。でも、頭で考えるだけでは、どうしてもいきづまりがちで、気づくといつも同じリアクシ...

もっと見る

感情類語辞典

1,499(税込)

ポイント :13pt / 紙の本より229おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

感情類語辞典

1,728(税込)

感情類語辞典

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 23.8MB 無制限
Android EPUB 23.8MB 無制限
Win EPUB 23.8MB 無制限
Mac EPUB 23.8MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古今東西、どんな名作にも必ず共通するのは、登場人物たちの「感情」が豊かに描かれていること。でも、頭で考えるだけでは、どうしてもいきづまりがちで、気づくといつも同じリアクションをさせてしまったり、大げさに書きすぎてリアルでなくなってしまったり…。こうした失敗に陥らずに、そのキャラクターらしい、自然でオリジナルな表現を生み出すには、どうすればよいのでしょうか?

本書は、人間の喜怒哀楽を項目化し、それぞれの感情に由来する行動や反応を集めた、創作者のための新しい「類語辞典」です。本書が手元にあれば、お決まりの表現に頼らずに、登場人物をより人間らしくリアルに描き、物語を引っ張っていく魅力的なキャラクターを生み出すことが可能になります。

ある感情における、目に見える「外的なシグナル」、体の内側に起こる「内的な感覚」、心理状態を表わす「精神的な反応」、そしてその感情が強烈だったり、長期にわたる場合のサインや、本人が周囲に隠したり、自覚がない場合のサインなど、ひとつの感情につき、60~90個前後の「類語」が収録されています。

アメリカの小説家志望者向けの創作支援サイト「Writers Helping Writers」で読者からその実用性を高く評価され、待望の書籍化が実現した本書は、米アマゾンで星4.7点(979レビュー)、書評サイト「Goodreads」で星4.5点(2182票)と、多くの読者から高い評価を獲得しています。(※2015年11月時点)

小説家だけでなく、脚本家、シナリオライター、漫画家、さらには演出家や俳優など、物語の執筆だけでなく、キャラクター作りや役作りといった<人間を表現する仕事>のよき相棒として、あらゆる創作者を助けてくれる「類語辞典」です。

飯間浩明(国語辞典編纂者)推薦!

目次

  • 序文
  • はじめに
  • 感情の書き方:よくある失敗につまずかないために
  • 「感情類語辞典」の使い方
  • <感情類語辞典>
  • 愛情/圧倒/あやふや/安堵/怒り/苛立ち/陰気/うぬぼれ/驚き/衝撃/怯え/懐古/葛藤/悲しみ/感謝/気がかり/危惧/疑心暗鬼/期待/希望/疑念/きまり悪さ/驚嘆/恐怖/拒絶/疑惑/緊張/苦痛/屈辱/屈服/苦悩/軽蔑/激怒/決意/懸念/嫌悪/後悔/好奇心/幸福/興奮/高揚感/孤独/混乱/罪悪感/自信/自信喪失/自責/自尊心/嫉妬/失望/自暴自棄/心配/崇拝/絶望/羨望/短気/同情/動揺/憎しみ/熱望/敗北/恥/反感/不安/不信/不本意/不満/平穏/防衛/満足/無関心/愉快/用心/欲望/立腹/冷笑

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

表現の豊かさが判る一冊

2016/12/05 17:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名希望 - この投稿者のレビュー一覧を見る

感情ごとのリアクションがこと細やかに書かれてて、それを読むだけでも楽しいです。近似の感情のリンクもあるのが、辞書として使いやすいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

もしかして、悲しんでいるかも

2016/11/18 08:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画やドラマを見たり、あるいは小説を読んで、心を動かされるときは、目前にひろがっている創作の世界の登場人物たちも、感情が見事に動いている時であろう。
 シナリオだけでなく、演技をする生身の俳優たちも、言葉をどう肉体として表現するか、あるいは小説であれば言葉が生み出す世界を読者である私たちがどう頭の中で動かしていくか、それが大切である。

 この本は「辞典」となっている。
 「感情」をどんな風に類型し、「辞典」としてまとめているのかは、実際この本を手にしてもらうのが一番だが、試しに開くとこんな感じだ。
 例えば、「悲しみ」をひいてみよう。
 まず、「外的なシグナル」として、「泣く」とか「肩をおとす」とか「重い足取り」といった表現が記されている。
 続いて「内的な感覚」。ここでは「胸が痛む」や「視界がぼやける」といったものが列記されている。
 さらには「隠れた感情を表わすサイン」として、「背を向ける」や「唇を噛む」などがある。「震える笑顔」なんていうのもある。
 あまり類型化するのも問題だから、使う時には気を付けなければならない。

 創作者をめざす人には面白い「辞典」だが、案外恋人の心理を知りたい人にも有効かもしれない。
 交際相手のちょっとした動作がどんな「感情」を表現しようとしているか。
 あなたは気になりませんか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キャラクターの感情表現を広げる本。

2016/06/06 19:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説、漫画、演劇、など、あらゆる創作の登場人物の、感情を表すしぐさや、感情の繊細な表現を広げるのに、とても画期的な本だと思いました。
少し余白もあるので、自分の表現が増えたら書き込んで表現の幅を増やしていけそうです。迷ったとき、新しい表現を見つけたい時、この本をパラパラめくっているだけで、イマジネーションをかきたてられる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あくまで参考程度

2016/01/18 02:51

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

何か話題になってたので購入しましたが、
個人的にはやっぱり作者が海外の方なので、
翻訳されているとはいえ、日本人の感覚とは少し違うかな……とは
感じました。あくまでヒント程度って本かな。
これ持ってるだけで感情表現がバンバン出来るわけじゃないので念の為。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/29 17:05

投稿元:ブクログ

イントロダクションの感情の書き方が既に面白い。
喜び、恐怖、驚愕、という表現を使うのをやめなきゃとぞくぞくしてくる。
ただ、正直、外国人による非言語表現も多く含まれているため、ん?と首をかしげざるを得ないところも。

2016/04/02 20:09

投稿元:ブクログ

作家必携,てなことが書いてあるけど,非言語コミュニケーションや感情の研究者も持っててもいいかも。訳本なので,日本人らしい(?)感情は入ってない気がする。あきらめ/諦念とか。Ekmanの言う基本6感情は入ってます。

2016/01/08 11:29

投稿元:ブクログ

パソコンはまだしも、予測変換を使い過ぎると言葉が出てこないことが増える。感情類語辞典はそういう時に言葉の深みを教えてくれる。

2017/03/07 23:28

投稿元:ブクログ

 読了せず。
 面白いし興味深いが、辞典ゆえ読みものとして読むにはつらい。

 翻訳できない世界の言葉を読んだときにも感じたことだけれど、その地域特有のしぐさってあるよなぁと。
 日本なら、拒否に「にこにこと笑ったまま答えない」とかありそう。

2015/11/19 22:00

投稿元:ブクログ

気分に合わせて、気分を伝える言葉を選んでみよう。。。

フィルムアート社
http://filmart.co.jp/books/playbook_tech/emotion-thesaurus/

2016/03/08 23:03

投稿元:ブクログ

ちょっと思ってたのと違ったかな。類語というか、「感情"表現"辞典」というのが正しいような。伝えたい感情をどういうシーンとして書くか試行錯誤している時に参考にする本、かな?感情が表出している体の癖やボディランゲージなどが引ける。この本のように、自分の好きな小説から抜粋して類型をリスト化したら楽しそうだと思った。

2016/08/07 12:03

投稿元:ブクログ

創作の参考にと購入。

『感情類語辞典』とあるものの、とある感情についての直接的な類語ではなく、その感情についてのさまざまな反応を
「外的なシグナル」
「内的な感覚」
「精神的な反応」
「強度の、あるいは長期の感情を表すサイン」
「隠れた感情を表すサイン」
に分類して紹介しているので、思っていたものとはだいぶん違っていた。

反応の中にある「外的なシグナル」は、著者が海外の人だけに日本人ではしないだろうボディランゲージが多くある印象。

創作に活用できるかというと…しようと思えばできるかもしれないし、今のところ未知数。
一応手元に置いてはおくけど、実際その時に手にするかどうかはわからない。

小説の書き方 ランキング

小説の書き方のランキングをご紹介します一覧を見る