サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

ジョージアCoke on×hontoキャンペーン2017

天才たちの日課

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/10/24
  • 販売開始日:2016/10/24
  • 出版社: フィルムアート社
  • ISBN:978-4-8459-1433-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

天才たちの日課

著者 メイソン・カリー,金原瑞人,石田文子

偉人たちも、いや偉人たちこそ、最高の仕事をするために、毎日どう時間をやりくりし、どう過ごせば創造性や生産性を高められるかを悩んでいました。彼らはどう解決していたのでしょう...

もっと見る

天才たちの日課

1,599(税込)

ポイント :14pt / 紙の本より345おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

天才たちの日課 クリエイティブな人々の必ずしもクリエイティブでない日々

1,944(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 8.1MB 無制限
Android EPUB 8.1MB 無制限
Win EPUB 8.1MB 無制限
Mac EPUB 8.1MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

偉人たちも、いや偉人たちこそ、最高の仕事をするために、毎日どう時間をやりくりし、どう過ごせば創造性や生産性を高められるかを悩んでいました。彼らはどう解決していたのでしょうか。そのヒミツは日常のごく平凡な小さな積み重ねにあったのです!

本書では、古今東西の小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映画監督など161人の天才たちの、これまで見過ごされてきた「仕事の周辺」に注目。起床時間、就寝時間といった毎日のスケジュール、部屋での様子や生活信条、仕事の際のクセやこだわり、嗜好品をまとめることで見えてきた、知られざる素顔や意外な事実は、驚きとともに、創造的な活動を続けるための秘訣に値する手がかりが満載でした。

◆ハイスミスは動物好きで、特に猫とカタツムリに強い愛着を感じ、100匹のカタツムリを夜のお伴にしていた!
◆ヘミングウェイは自分をごまかさないため、毎日書いた語数を記録していた!
◆マルクスは人生で一度も定職につかず、金銭管理能力がなかった!

かつてイチロー選手が朝食に決まってカレーを食べていたり、スティーブ・ジョブズが黒いタートルネックしか着なかったことなども、ある行為を習慣化させることで日常生活でのストレスを徹底して避けるための策であったと言われています。彼らは限られた資源である時間や意志、自制心などを有効活用するための仕組みを常に意識し、実行していたのでしょう。

どんなに偉大な作家でも、孤独との戦いがあり、苦しい閉塞状態やスランプを抱えながら机に向かわなくてはいけないのは今も昔も変わらないこと。先人たちの成し遂げてきた仕事と歴史に思いを馳せることで、そっと背中を押されたような勇気が溢れてくるはず。好奇心と向上心をくすぐる、発見に満ちた一冊です!

目次

  • はじめに
  • W・H・オーデン(詩人)/フランシス・ベーコン(画家)/シモーヌ・ド・ボーヴォワール(作家・思想家)/トーマス・ウルフ(作家)/パトリシア・ハイスミス(作家)/フェデリコ・フェリーニ(映画監督)/イングマール・ベルイマン(映画監督)/モートン・フェルドマン(作曲家)/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(作曲家)/ルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(作曲家)/セーレン・キルケゴール(哲学者)/ヴォルテール(作家・思想家)/ベンジャミン・フランクリン(政治家)/アンソニー・トロロープ(作家)/ジェイン・オースティン(作家)/フレデリック・ショパン(作曲家)/ギュスターヴ・フローベール(作家)/アンリ・ド・トゥールーズ・ロートレック(画家)/トーマス・マン(作家)/カール・マルクス(思想家・経済学者)/ジークムント・フロイト(精神科医・心理学者)/カール・ユング(精神科医・心理学者)/グスタフ・マーラー(作曲家)/リヒャルト・シュトラウス(作曲家)/アンリ・マティス(画家)/ホアン・ミロ(画家) ほか、合計161人
  • 謝辞
  • 訳者あとがき
  • 引用文献

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

実に興味深い

2015/01/28 06:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:syun - この投稿者のレビュー一覧を見る

古今東西、作家や画家、音楽家、映画監督など、触手さまざまの天才たちの日課を紹介している本です。
特に仕事の取り組み方が面白かったです。朝型か夜型か。他に仕事があったり、家事があるので、時間をひねり出して創作活動をする人、アイデアが降って来るまでひたすら待つ人など、同じ24時間でも人それぞれ、よくもまぁ、いろいろな使い方があるもんだなぁと感心しました。
一人、一人を紹介するページ数は少ないので読みやすいですが、反面、もっと深く掘り下げてくれたらなぁとは思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/01/02 07:39

投稿元:ブクログ

2017年1冊目。

161人のクリエイター(小説家、作曲家、建築家...etc)の習慣をまとめた本。
最後に出てくるバーナード・マラマッドの次の言葉が全てを表していると思う。

「絶対的な方法などない。(中略)ありのままの自分に合わせるだけ。きちんと規律が守られてさえいれば、どんなやり方で書こうがかまわない。もし規律を守れないような人物なら、どんな呪術的行為も効き目がないだろう。」

と同時に、

「規律正しいことは、最高の特性だ」

早朝に創作する方がいいのか、散歩を取り入れた方がいいのか、静かな場所で作業した方がいいのか...。
「どれが正しいのか」よりも、「自分はこれを繰り返す」というものを持ち、半分おまじないのように思いながら維持することが大事なのかもしれないと感じた。
(ベートーヴェンみたいにコーヒー豆をきちんと60粒数えることが誰にでも効果があるとも思えないので。)
それを欠かさず行うことで、「自分は正しい方向へ進んでいる」と信じられたり、「やろうか、やるまいか」と迷う時間を「とにかくやる」と短縮できたり、様々な効用があると思う。

そういう意味でも、世界的な161人もの天才=クリエイターの多様な事例をこの本で見れることは、自分に合いそうな習慣を探すのにとてもいいと思う。
個人的に気になったのは、

・書く前にまず、前日に書いたものを読み返す
・やらなければいけないことの前には、「やろうか、やるまいか」を考える余地すら生まれない無条件のルーティンを入れる
・やはり早朝の時間を大事にし、短時間でも掃除を入れる
・ふとした思い付きをいつでもこまめにメモする
・一気にやって詰まったら、寝かせて休む

あとは、「天才」と呼ばれながらも、意外と遅筆な人が多いことに勇気付けられた。
1日かけても数行しか書けないこともある、という人が意外と多い。
それでも、1日数時間でもそれをひたすら繰り返すことで、数年かけてきちんと作品を作っている。
労せずパッと書けてしまう人なんて滅多にいない、と改めて知れたことは、何事にもじっくり取り組む姿勢の大事さを思い出させられる気持ちになった。

2016/01/08 17:14

投稿元:ブクログ

161人の小説家、詩人、芸術家、哲学者、研究者、作曲家、映画監督…など、「彼らはどうクリエイティブを保っていたか?」

最初は淡々と読んでいたけれど、人数を重ねるうちに共通点が見えてきて途端におもしろくなった。

2015/11/17 12:24

投稿元:ブクログ

創造的な仕事を成した人たちのルーティンはどうであったのか、という視点がたいへんにおもしろかった。
毎晩寝る前に少しずつ読んでいたが、どの人もけっこう規則正しい生活をしていたという印象だった。

2015/02/24 07:02

投稿元:ブクログ

ぱらぱとめくれる軽い読み物。でも、内容は深い。全部は読まなかったけど、好きな作家の生活の一面を覗けたようで、楽しかった。

2015/04/29 10:06

投稿元:ブクログ

コーヒー、アルコール、薬。それぞれの『覚醒力』に頼る形で、溢れくる創造を、体力と気力の限りアウトプットした天才達。 それぞれの生活・ルーティーン、リズムが、短尺に淡々と綴られる。 電話魔のグールド、頭の中で設計図を練って、一気に書き上げるスタイルのフランク・ロイド・ライト、創造力の為に、働き過ぎないように心掛けたデカルト。 …ほか、特異なエピソードを求めがちだが、むしろ印象に残らない、平凡な繰り返しをしていた天才達の方が多数派だったようだ。

2015/08/16 22:18

投稿元:ブクログ

早寝。起きがけと寝る前の読書1、2時間。昼はたっぷり、朝と夕は軽めの食事。長めの散歩。日が変わる前に就寝。
実践したい理想の習慣。

2015/05/31 14:36

投稿元:ブクログ

取り上げられている唯一の日本人は村上春樹さんでした。ずいぶんたくさんの方(作家・詩人・画家・彫刻家・建築家・映画監督・作曲家・学者・医者・振付師・ピアニスト・ミュージシャンなどなど)を紹介していますが、破天荒な生活ぶりの方はごく僅か。むしろ早寝早起きの規則正しい生活の中で、個人作業であるにもかかわらず決まった時間帯に仕事に向かう、ほとんど会社勤めの人と変わらない印象を受けました。が、ゆえに読後、誰がどんな生活を送っていたのか、メモでもとっていないと忘れてしまいます。しかし、その方が、集中したい時間帯が周囲に理解され家族や関係する人々の支援を受けやすいのかなと思いました。

2016/03/13 12:17

投稿元:ブクログ

 芸術家の本性と特徴を、解き明かせる者がいるだろうか。
 彼等の気質の基となる規律と放埒、その不快天性の融合を、理解できる者がいるだろうか。

2015/02/22 20:37

投稿元:ブクログ

日常生活を描いているので、原書を読んだら英語のよい勉強になりそう。以下、印象に残ったこと。

・午前中をメインの執筆(制作)時間としている人が多い。
・長い散歩、あるいは日に何度も散歩に出ることを日課にしている人が多い。
・制作にあたり、湧き出るイマジネーションや、インスピレーションが降ってくるのを待ってから始めるという人はほぼいない。
・むしろ、勤務時間をしっかりと設定して、(会社勤めをしている人みたいに)律儀にスケジュールをこなしている人が圧倒的に多い。

2015/05/07 20:33

投稿元:ブクログ

ものすごくきっちりと毎日のスケジュールを組んでいる人やら、大酒呑んで夜仕事する人やら、創作活動を行ってきた著名人の様々な仕事に対するパターンが羅列してある。編み出された作品たちの評価は、その生活パターンとは関係ないが、その人の生命や作品制作の寿命とは関わってくる。創作活動というのは大変なもので、その作品を見せてもらう側としては、祈るしかないのだよね。

2015/01/26 23:54

投稿元:ブクログ

フロイト(甥に)「喫煙は人生で最高の、しかももっとも安上がりな楽しみなんだぞ。それをやらないと早々に決めているなんて、気の毒というしかないな」p69

2017/01/25 17:00

投稿元:ブクログ

・偉大な作家、芸術家は、大体は仕事以外の時間を大切にしていた。家族と食事をする、散歩をする、本を読む、色んな人と話す、そんな時間を大切にしていた。
・早朝に仕事をする、夜遅くに仕事をする、は人それぞれだった。ただ、自分の創造性が1番発揮できる時間帯や環境をよく知っていると思われる。
・不確実で変容性が高く、創造性を必要とする仕事には、あえて規律的な生活を送るほうがいいのかもしれない。
・「物語の土台になりそうな光景を探して歩く」/チャールズ・ディケンズ

2015/07/06 13:22

投稿元:ブクログ

なかなかおもしろい視点だった。まわりから見ると変人に見えることもあるかもしれないが、何かを創造するということは本当に大変な作業であることを思い知らされた。

2016/05/01 16:13

投稿元:ブクログ

様々なクリエイターと言われる人たちの日課を短くまとめていて、色々と参考になるけど、なんとなくそれぞれの日常が似て見えてくるのは残念。もう少しコンパクトにまとまってると良かったかも。

伝記 ランキング

伝記のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む