サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 会社は変われる! ドコモ1000日の挑戦
会社は変われる! ドコモ1000日の挑戦
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 48件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

会社は変われる! ドコモ1000日の挑戦

著者 魚谷雅彦 (著)

2006年、顧客満足度に関わる5つの調査項目すべてにおいて競合2社に惨敗状態。新聞や経済誌は「ドコモ一人負け」「巨人の凋落」と書き立て、「お客さまへの対応が不十分」「ブラ...

もっと見る

会社は変われる! ドコモ1000日の挑戦

1,620 (税込)

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

会社は変われる! ドコモ1000日の挑戦

1,620(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 9.1MB 無制限
Android EPUB 9.1MB 無制限
Win EPUB 9.1MB 無制限
Mac EPUB 9.1MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2006年、顧客満足度に関わる5つの調査項目すべてにおいて競合2社に惨敗状態。新聞や経済誌は「ドコモ一人負け」「巨人の凋落」と書き立て、「お客さまへの対応が不十分」「ブランドがおかしくなっている」「解約率が高い」「成功体験に基づく傲慢な風土がある」など、まさに酷評が酷評を呼ぶ状態でした。依然、国内シェアトップではあっても解約率は高まる一方。ドコモは、かつてない厳しい事態に追い込まれていました。
そこからわずか4年―。
2010年ドコモは顧客満足度のもっとも高い携帯電話サービス会社となりました。
いったいドコモに何が起こったのか?
本書は2007年7月から2010年6月までの3年間、ドコモの「特別顧問」としてマーケティング変革を推進した著者の目から見た、NTTドコモの変革の軌跡であり、と同時に、心を動かし、人を動かし、そして会社を変えるマーケティングの神髄と技術を実際に行われた事例を重ねながらお伝えしていきます。
実際、ドコモを変えたのは、マーケティング変革でした。それによりドコモは、圧倒的なお客さま志向の会社へと変身していったのです。
自分の会社を変えたい、今働いている組織をなんとか良くしたい……そう思っているすべてのビジネスパーソンに読んでいただきたい一冊です。

著者紹介

魚谷雅彦 (著)

略歴
1954年奈良県生まれ。コロンビア大学でMBAを取得。日本コカ・コーラ取締役会長。株式会社ブランドヴィジョンを設立し、NTTドコモの特別顧問を兼務、ドコモブランドの強化をサポート。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー48件

みんなの評価3.9

評価内訳

2011/08/14 17:31

投稿元:ブクログ

会社にしても個人にしても「変わる」ということにはとてもパワーが必要。特に個人の集まりである組織(会社)が変わるということはとても大変なことと思う。そのためのいくつかの仕組みのヒントが隠されている良い本だと思った。

2011/09/04 23:58

投稿元:ブクログ

元日本コカコーラ社長が、NTTドコモの特別顧問としてマーケティング改革を推進していった3年間の経緯がその本人の手から綴られている。
ドコモの今の赤いロゴに変わったのもこの間の大きな出来事だったんですね。

本の章立ては、次の通り。基本的にはこの順番で改革を進めていったというストーリーになっています。こうやって実際に行ったことを整合的に筋立てて語れるところは素晴らしい。
1. 現状を知る
2. ビジョンを設定する
3. 戦略をつくり実行する
4. 一人ひとりの意識を変える
5. 継続の仕組みをつくる

内容としては、「ロイヤルティ・マーケティング」や「カスタマ・エンゲージメント(CE)」、「インターナル・マーケティング(『ワンドコモ活動』)」などの流行も取り入れながら、オーソドックスなマーケティングの戦略が語られている。章立て構成も含めて、非常に教科書的だと感じるところもあり、ビジネススクールの教科書にも使えるんじゃないかとも思える。
もちろんこの規模の会社であれば、その基本を実行することの方が困難で、その継続は更に難しいということだ。立派ですね。

2012/08/03 12:49

投稿元:ブクログ

実例で書かれているのでドコモで何が起きていたのか分かった。
どこの会社でも当てはまる改善事例だと思う。

2012/03/21 08:47

投稿元:ブクログ

コカ・コーラ会長からドコモの特別顧問として、
ドコモのマーケティング戦略を改革したときのリアルストーリー。

僕はあまり意識していなかったけど、
ドコモは一時期お客様から見放され、危機的状況にあったそうな。
そんな中、お客様第一を掲げ、どこも社員の意識を変え、
3年でお客様満足度トップにまで
上り詰めてしまうという変革ストーリー。

実際に起きた話なだけに、とてもリアルです。
この人の本は「こころを動かすマーケティング」で
コカ・コーラの事例を読んで以来ですが、
面白いし、勉強になるし、わかりやすいし、
どれをとっても素晴らしい本だと思います。

今後、この人の本が出れば、中身を見ずに買ってしまう
著者の一人となりそうです。

2011/08/25 07:45

投稿元:ブクログ

■変革
1.変革を継続的に進めるには、変革がどの程度進んでいるのかを評価する「指標」が必要である。それがあることで、取り組みを進めるモチベーションがが上がっていく。

2015/07/04 18:40

投稿元:ブクログ

3年間のドコモのブランド・マーケティング変換の軌跡。変革のテキストになっている。

ドコモ変革のテーマ、それは、お客さま指向になることであり、マーケティング発想で考えることであり、それによって、ブランドの再構築をする、というものだった。

ブランドとは、経営そのものであり、誇りであり、モチベーションであり、チームワークの源泉であり、お客様に対する理念の表現である、と。そして、すべてのコンタクトポイントの質と量がそのブランド力を形作るものである、と。

発想を変えた上で、1人1人の仕事の積み重ねが変革を生むものだ。随所に出てくる魚谷さんの実践的巻き込み手法も見逃せない。

2011/11/05 11:53

投稿元:ブクログ

マーケティングの大切さが非常によく分かる本。
加えて会社を変えることがいかに大変であるか、
しかし、変えられないことはないということも同時に分かる。

ドコモがこのような取り組みをしていたことは全く知らなかったが、
先日久しぶりにDocomoショップに行ったり、コールセンターに電話した際に
感じが良いな、と感じたことはこういう裏付けがあったのかと素直に感心した。

同じような境遇にいる会社はすごく参考になると思う。
役員を始めとした上層部に受け入れる度量があればだけど。。。

2014/02/08 09:14

投稿元:ブクログ

社員との関係をよりパーソナルなものにすること。受け手が、「これは、自分に言われていることだ」という意識をもてれば、モチベーションは大きく変わる
それって、お客様から見たらどうなの?

2013/02/09 01:24

投稿元:ブクログ

以前にドコモでブランディングやマーケティングを担当していた、社外顧問でコカコーラの会長をしていた魚谷さんの著書。
ドコモの現在のロゴやら社内ポリシー(One Docomo) などの話が出ていて興味深いです。
ドコモのロゴを赤にするか青にするか迷っていたようです。

2011/08/10 22:06

投稿元:ブクログ

会社を変える為にどうすればよいのか、時間を追って書かれている。
外ではなく中の人を動かす方法。
・社員の心を動かす取り組み=インターナル・マーケティング
・4Pから5Cへ
 4P:プロダクト(製品)・プライス(売価)・プレイス(売る場所)・プロモーション(販売促進)
 5C:カスタマーソリューション・カスタマーコスト・コンビニエンス・コミュニケーション・コラボレーション
・会議や合宿で重要なのは、結論。コミットメント。
・1回だけではなく継続的に取り組む

2011/07/24 20:33

投稿元:ブクログ

ドコモってそんなに変わったっけ?と思っていたが、どの本屋も平積みだったので購入。

納得。たしかに、ラインナップちかCIとか変わってたし、その背景も分かりやすく説明されていた。

ユーザー目線マーケティングの実践。

勉強になったし、実践したい。

2014/04/09 09:50

投稿元:ブクログ

魚谷さんの本はおもしろい。ストーリー性があって、全ページ読みたくなる。
それを我慢して、パラ読みして終了。

外向けのマーケティングであれば、下記の一冊がオススメ
こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる


■勉強になったポイント
p.91
ポジショニングの分解要素
ターゲット
ビジネスドメイン
提供価値(差別化ポイント)
それらを信じる根拠

p.116
これからのコアターゲットは誰か

p.181
インターナルマーケティング
社員との関係をよりパーソナルなものに

p.265
何を目指すのかはっきりとし、
それが納得のいくものであれば、
大きなパワーがそこから生まれる

2011/06/25 12:03

投稿元:ブクログ

この本に出てくる「docomo」を自分の会社の名前に、「携帯」を自社の商品に読み替えれば、そのまま使えそうな 「いい方向へ会社を変えていくための エッセンス」が充満している。

ディスカバーにしては、珍しい良作だと思う。

2014/09/30 00:54

投稿元:ブクログ

会社変革の読みものとしては良くできている。やるべきことも順を追って解説してあり、ためになった。
ただ、ドコモってそんなに変わったかな?ケータイの機種変に興味を無くした頃の話だからか?

2011/06/25 17:48

投稿元:ブクログ

NTT DoCoMoの改革に賭けた魚谷前特別顧問の1000日間の改革の姿を綴られた著書です。2つのバリューや、CSからCEへの進化の話しなど、見事に変革を遂げられる会社の姿に感動いたしました。そして、「心を動かし、人を動かすマーケティングが会社を変えるとは」という問いの深さを改めて感じました。

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む