サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

競争と公平感(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 129件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

競争と公平感

著者 大竹文雄

「なぜ日本人は競争が嫌いなのか?」「競争のメリットとは何だろうか?」「格差の感じ方が人によって違うのはなぜか?」「私たちが公平だと感じるのはどんな時か?」日本は資本主義の...

もっと見る

競争と公平感

842 (税込)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 2.9MB 無制限
Android XMDF 2.9MB 無制限
Win XMDF 2.9MB 無制限

競争と公平感 市場経済の本当のメリット (中公新書)

842(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「なぜ日本人は競争が嫌いなのか?」「競争のメリットとは何だろうか?」「格差の感じ方が人によって違うのはなぜか?」「私たちが公平だと感じるのはどんな時か?」
日本は資本主義の国々のなかで、なぜか例外的に市場競争に対する拒否反応が強い。私たちは市場競争のメリットをはたして十分に理解しているのだろうか。男女の格差、不況、貧困、高齢化、派遣社員の待遇など身近な事例から、市場経済の本質を捉え、より豊かで公平な社会をつくるヒントをさぐる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー129件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

血の通った学問の方が好きだが、それなりに経済学は面白い

2010/09/15 22:13

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かなり評価の高い本のようなので手に取ってみた。経済学的な視点でいろんな事象を切り取ってある。21のトピックを扱っているが、なかなか勉強になった。
 ただ、この一冊でまとまった何かを伝えたいというより、経済学的なものの見方を21のトピックで披露してみせたという感じだ。

 それでもいくつかのトピックには興味深い分析がある。
 例えば、「自立できない非常に貧しい人たちの面倒を見るのは国の責任である」という考え方への賛否を尋ねると、日本での支持は59%と国際的には際だって低い。ほとんどの国では80%以上、90%以上の支持がある。先進国でも自立を重んじる米国ですら70%だから、日本の低さは意外だ。
 著者の分析では、日本ではそもそも格差がつかないようにすることが大事と考えられているとみる。格差が発生しなければ、国が貧困者を助ける必要もないと。
 市場競争も嫌いだが大きな政府による再分配政策も嫌いだという特徴を日本は持っているという。そして、これは地縁、血縁、完全雇用による身内での助け合いが機能してきたからではないかとする。
 分析の妥当性の判断は読者に委ねられるが、著者が指摘するように、格差がついたあとのセーフティネットが支持されるようになるまで時間がかかる可能性があるとすれば、すでに格差が露わになった今の日本社会は危うい。時代状況に日本人の価値観が整合するように転換していかないといけない。ひところ流行った自己責任という言葉の冷たさを身に沁みてから対策を講じるのでは遅い。

 こんな風に、あと20のトピックで、各種データを分析しながら経済学的な見方を教えてくれる。勤勉さよりも運やコネが大事だと考える日本人が2000年代から急増している点などなかなか考えさせるものがある。

 といっても、どの話題も俯瞰的な視点で切り取られるので、苦しい現実に直面している人には、経済学は冷めた印象を持っているように感じられる可能性がある。
 例えば、正社員と非正規社員を論じたトピックでは、正社員にずいぶん厳しい提言を出す。非正規社員が不況下で割を食いやすい立場にあるのは確かであり、この問題を解決しなくてはならないが、正社員の既得権益に切り込むだけでは本当には何も問題が解決しないのではないだろうか。安心できる雇用を広げながら、生産性や創造性を発揮して、持続的な成長を図っていくのが本来ではないだろうか。

 いや、こうして個別のトピックにとらわれるのではなく、良くも悪くも経済学的な見方にふれるというところに本書の良さがあると考えるべきなのだろう。人によっては、喜怒哀楽の感情を持った人間を見ていないという寂しさを感じたまま読み終えるかも知れないが、これが経済学的な見方なのだ。

 ある程度、読み応えのある経済書を期待する人には向かないが、経済学のセンスを知りたい人にはおすすめできそうである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

腑に落ちることばかり。

2010/05/28 16:53

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ピュー研究センターの調査によれば日本人は市場競争に信頼を置いていない。「貧富の格差が生じるとしても、自由な市場経済で多くの人々はより良くなる」という考え方に賛成する日本人の比率は約五割で、先進国のなかで圧倒的に低い」

どうも「市場競争」と聞くと身構えてしまうのは、なぜだろう。TVなどで大抵そういうことをいう学者やコンサルタントやベンチャー企業の若社長の風体や横文字ばっかの物言いが胡散臭気に感じられるからなのだろうか。

しかーし!と作者はこういう。

「それでも市場競争という仕組みを私たちが使っていくのは、-略-より豊かになれること、誰でも豊かになるチャンスがあることが大きなメリット」
だからだ。そして
「誰でも競争に参入できるという公平性が担保されていることが、市場主義の一番重要な点だからだ」

そう、そうなんだけどね。

「日本では資本主義の国であるにもかかわらず、市場競争に対する拒否反応が強いのである」

これは、「学校教育の影響?」かもと作者は述べている。さらにこうも。

「教育の目標はお金を稼げるようになることでなくて、豊かな情操をもった人間を育てることだ、という意識が学校では強いのだろう」

それは道徳、モラルであって「金融リテラシー」ではないよね。別段、アメリカびいきではないが、向こうの経営者の自伝なんかを読むと、大概子どもの頃から自分で工夫してお金を稼ぐ。しいては、それが起業への第一歩となっていることが多い。

その大切さや喜びを実感することって、もっと日本の子どもたちにさせてもいいだろう。キッザニアなどのシミュレーションじゃなくてモノホンで。感慨がちゃいまんがな。自分で稼ぎ方を知っていれば、会社に依存しなくてもいいだろうし。ま、理想論といえばそれまでだが。

この質問も考えさせられた。

「「所得はどのような要因で決まっているか」という質問」
に対して、
「アメリカ人が重要だと考えているのは努力、学歴、才能の順番であるのに対し、日本人は努力、運、学歴の順番である」

日本人が二番目に挙げている「運」。思い当たる節がある。あるどころか、日本全国中なにかにつけ「運」の連発かも。

「二〇〇〇年代になってから日本人の価値観が勤勉から、運やコネを重視するように変化してきた可能性がある」

努力が報われない社会とか、一種の諦観ムードの蔓延か。ちょうど風水や占い、風呂敷を広げればスピリチュアルブームともシンクロしているのは偶然じゃない気がする。苦しい時の神頼み。じゃなくて運頼み。

ここも、なるほどと。なぜ政策は高齢者優遇と思いがちなのか。それは有権者、選挙に行く人が圧倒的に高齢者が多いから。

「高齢者のほうが若年者よりも投票率が高い」
ゆえにそちら向きの政策になるという説明は腑に落ちる。

競争と公平っていうと、何かうまく並列しないように思えるが、そうじゃない。作者のいつもの著作のようにデータに基づき丁寧かつきわめてわかりやすく書いてあるのでそのことが、よーくわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/10 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/26 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/08 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/09 10:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/03 00:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/20 11:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/19 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/30 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/04 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/17 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/10 19:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/04 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/13 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む