サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

【特集】2022年上半期ランキング ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/06/03
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-115733-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

剣客商売三 陽炎の男

著者 池波正太郎 (著)

若衆髷をときほぐし、裸身を湯槽に沈めた佐々木三冬に、突然襲いかかる無頼の浪人たち。しかし、全裸の若い女は悲鳴もあげず、迎え撃つかたちで飛びかかっていった。隠された三百両を...

もっと見る

剣客商売三 陽炎の男

税込 572 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.7MB
Android EPUB 3.7MB
Win EPUB 3.7MB
Mac EPUB 3.7MB

陽炎の男 新装版 (新潮文庫 剣客商売)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

若衆髷をときほぐし、裸身を湯槽に沈めた佐々木三冬に、突然襲いかかる無頼の浪人たち。しかし、全裸の若い女は悲鳴もあげず、迎え撃つかたちで飛びかかっていった。隠された三百両をめぐる事件のさなか、男装の武芸者・三冬に芽ばえた秋山大治郎へのほのかな思いを描く表題作。香具師の元締のひとり娘と旗本の跡取りとの仲を小兵衛がとりもつ「嘘の皮」など全7編。シリーズ第3作。

掲載中の特集

ハード ボイルドをテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

三冬にとっての「陽炎の男」

2011/11/16 13:34

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

『剣客商売一~剣客商売~』が、安永六年(1777年)十二月~安永七年(1778年)梅雨明けの頃、『剣客商売二~辻斬り~』が、安永七年(1778年)文月~安永八年(1779年)如月、そして、本作『剣客商売三~陽炎の男~』が、安永八年(1779年)三月~梅雨明けの頃までの話である。

安永八年二月下旬、将軍徳川家治の長男・家基が急死する。表題作『陽炎の男』は、それから二週間ほどたった、三月中頃に三冬の身に起こった異変を扱ったものである。三月といっても旧暦で、桜も散ってしまったと冒頭に書いてある。

秋山小兵衛は、前作『剣客商売二』で、鐘ヶ淵の隠宅が焼失し、未だ再建ならず、おはるとともに不二楼に寄宿している。相変わらず、いたずら小僧ならぬいたずら爺いで、不二楼の主人所有の、池大雅の絵に執心し、主人の弱みにつけこんで恩を着せて謝礼として手に入れている。このように『剣客商売』では田沼時代の実在の芸術家や作家の作品が短編のモチーフに使われるのも楽しみの一つで、前作『剣客商売二』では、鳥山石燕の〔画図百鬼夜行〕から小雨坊がフィーチャーされ、ために隠宅を焼かれてしまった。

『陽炎の男』で小兵衛は、三冬から異変を知らされると、大治郎に駆けつけるように割り振る。三冬の住む根岸の寮の下僕の嘉助も、そのほうがうれしそうである。だいじなお嬢様の危難に際して小兵衛のような(スケベ)爺いが駆けつけてくるよりも、若くたくましく独身の男性が来る方がいい、と思うのは、家族も同然の老僕の抱く親心というものだ。

家基の急死について、後になって、田沼意次が毒を盛ったなどという噂が流れたが、このときはまだそんな噂はなかった、と池波正太郎は述べている。かえって、意次自身も暗殺される危険があるとみなされて警固が厳しくなり、三冬も田沼邸に泊りこみ、江戸城への往復にも付添い、父を守った。娘ながら三冬、かっこいい。

山本周五郎の『栄花物語』でも、意次の若い側室が、意次を守るため、男装して鷹狩りに随行するくだりがあるが、彼女は武芸の心得が無いため、かえって敵に付け込まれ、意次の立場を困難にしてしまう。ドジ!と思ったものである。

その点、三冬は、『剣客商売一』の第一作『女武芸者』から、颯爽と登場し、強く、勇ましく、しかも……やっぱりドジを踏んで秋山小兵衛に助けられるけど、その御蔭で男性への愛に目覚め、やがて大治郎とも知り合えたのだから、いいとしよう。大治郎のことはまだ、ただの友達としか思っていないけど……。

初めは父意次に反発していた三冬も、小兵衛の御蔭で、だんだんと父を理解するようになり、父を守ることにかけては、ドジを踏まない。りっぱである。

『剣客商売』シリーズでは、三冬のファッションチェックも登場するたびに抜かりなく、季節ごとに、冬は薄紫の小袖と袴に黒縮緬の羽織、または黒の小袖と茶宇縞の袴にむらさき縮緬の頭巾を着用、夏は白麻の小袖に夏袴と、衣更えしているし、足元は冬でも夏でも素足に絹緒の草履である。

そして、本作の、『陽炎の男』では、春らしく、「若草色の小袖」である。髪も、いつもの若衆髷ではなく、

>洗い髪をうしろで束ね、紫の布をもって結んである。いつもよりは女らしい。

「若草色の小袖」も最初は下着も付けずに手を通して帯を巻きつけただけだった。どうしてそうなったかというと、入浴中に曲者が侵入したからで、曲者にとっては、

>全裸の若い女性が悲鳴もあげずに、むしろ、襲いかかるつもりの自分たちを迎え撃つかたちで飛びかかって来ようとは、おもいもかけぬことだったにちがいない。

仮に勇ましい女性が「迎え撃つかたちで飛びかかって」いったとしても三冬でなかったら違う意味だっただろうが、三冬だから文字通りの単純な意味で、曲者を撃退する。かっこいい!

とにかくかっこいい三冬が、この事件で、小兵衛から大治郎に愛の対象が移り、夢に現に妄想も抱くようになる。めでたい。

大治郎もだんだん小兵衛に似て来て、事件のたびに「秋山小太郎」だの「橋場弥七郎」だのと変名を使って潜入し、なかなか、芝居気たっぷりにやってのける。その調子で三冬に対しても、もうちょっと色気を出せ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三冬浪漫〈女へ…〉

2003/06/22 14:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:流花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 剣術に励むのみならず、男装をし、男言葉を使い、男のようにふるまうのは、ずばり、“男に憧れている”からである。現代とは比ぶべくもなく、当時は、男の人生と女の人生が、はっきり決まっていた。そんな時代に、自分の腕を心ゆくまで磨き、自由にふるまうことのできる“男という立場”は、この上もなく魅力的である。特に三冬のように、複雑な生い立ちを持つ者にとっては、なおさらである。田沼意次の妾腹の娘として生まれ、それを知らずに他家で育ち、ある日突然、事実が知らされる。「うそ…。今までみんなで私をだましていたのね!」…現代でも、往々にして見られる光景である。「わたくしは、“佐々木三冬”でございます!」と言い張った三冬。その後、男装を始め、剣の道に一層のめり込むのである。
 男でも女でもない。そんな立場に、ひとときのやすらぎを求めたのかもしれない。しかし、三冬はまぎれもなく“女”である。結婚するなら、“自分より強い男”とでないと嫌なのだ。だからまず、自分の危機を救ってくれた強い男、秋山小兵衛に惹かれたのである。しかし…陽炎の中に現れた男は、小兵衛ではない。以前、三冬を男と勘違いして、恋慕の情を抑えきれなくなった少女の手を、自らの懐に差し入れ、乳房に触れさせ、自分は女だと気付かせた三冬。だが、その乳房に、今度は“男”の手の感触を、想っているのである。小兵衛ではない、誰か別な男の手の感触を。
 おはるのように、歳の離れた強い男の世話を焼きながら、守られて生きる道を選ぶ女もいる。しかし、三冬はそうではなかった。人の生き方や、異性の好みをとやかく言うわけではないが、40も離れた男との結婚というのは、不自然というべきであろう。“自分より強く、たくましい男”…そして、自分と同世代を生きていく男。自分と一緒に、自分と同じ方向を向いて、悩み、苦しみ、喜び、手を取り合って生きていく男…。そんな男を、三冬は本能的に選んだのであろう。
 少女から大人の女へ、いつか脱皮するときがくる。複雑な生い立ちを持つ三冬。“男装の麗人”として飛び出していった三冬の、“女”として着陸する場所として、“大治郎”という男を用意してくれた、作者池波正太郎さんの優しさを想うと、涙が出るほどである。そして、(世の中、そうでなくちゃいけない!)と思うのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人の成長、特に三冬の女としての目覚めが読者を惹きつける、剣客商売シリーズ第三弾。

2011/01/22 18:27

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

 剣客商売シリーズ第三弾の本書は、全体的に人の成長に焦点が当てられており、それは大治郎や三冬だけでなく、スポットライトを当てられた登場人物にまで及ぶ。
 そして、それとは対照的な小兵衛の大人げない行動が、彼らの成長の様子を引き立てている。

 本書には、そんな人の成長の心地よい作品が七編、収録されている。
 「ものごとは、すべて段取りという物が大切じゃ」という父の言葉を胸に、旧知の道場主の危機に、東海道・見付宿へ乗り込む大治郎と、門人たちの奮闘を描く【東海道・見付宿】

 世話になっている料亭の亭主から見せられた、赤い富士の絵に執着する小兵衛の行動が大人げない【赤い富士】

 陽炎ゆれる湯槽で、自分より強くたくましい、顔も知れぬ男を思い浮かべる佐々木三冬の女としての目覚めを描く【陽炎の男】

 香具師の元締めの一人娘に手を出した、旗本の跡継ぎ松村伊織の決意と、小兵衛の機転の効いた嘘がすべてを収める【嘘の皮】

 かどわかしに関わってしまった、小兵衛のかつての門人内田久太郎の不運と、かどわかした相手との間に育ったものを描く【兎と熊】

 命を狙われた婚礼前の友のため、父の助けを借りず無頼浪人に立ち向かう、大治郎の活躍に興奮する【婚礼の夜】

 譜代家来の堕落した姿と、怪力を見せつけがましくなく、自然体で使う金時婆さんを爽快に描く【深川十万坪】

 本書の見所は、自分より強い男でないと嫁がないと言い切る、女剣士佐々木三冬の変化を描いた、書籍名と同じ【陽炎の男】である。
 これまで男より剣という意識の強かった男勝りの三冬が、自然とまぼろしの男を思い浮かべて、女として目覚めつつある様子は、たまらない。
 また剣の腕は確かだが、男女のことには不器用な、三冬と大治郎の間に起こるわずかな変化が、今後を楽しみにさせる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

軽快に楽しめる仕事人(裏稼業)もの。

2017/07/26 00:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

軽快に楽しめる仕事人(裏稼業)もの。連作短編なので、短時間で読み続けれるのが良い。さて、これまで余り出番のなかった大治郎の出番が増えてきました。力=剣で物事を解決するのではなく、力=剣は最後の手段でありむしろ情報と知恵で解決すべしという小兵衛のやり方を大治郎が徐々に習得していく展開。そして剣の道に邁進していた佐々木三冬が、突然女に目覚め大治郎に恋し始めました。そわそわ。(笑)

一話「東海道・見付宿」;珍しく大治郎単独。昔世話になった道場主の父を殺して造り酒屋を乗っ取った叔父の悪事を暴く。                            4点
二話「赤い富士」;シリーズ2で家を焼かれたため仮住まいしている料亭「不二楼」の亭主・与兵衛が色仕掛けで200両を要求される。この悪侍を小兵衛成敗する。   3点
三話「陽炎の男」;佐々木三冬宅に賊襲来。目的すら不明の為小兵衛に相談すると、大治郎に一任してしまう。調べると住まいの前と前々の借主がいずれも有名な盗賊で、埋蔵して置いた300両掘り出すための悪さだった。大治郎と三冬で成敗。        4点
四話「嘘の皮」;500石取りの武家の馬鹿息子がヤクザの頭の娘と出来てしまう。小兵衛はヤクザたちを叩きのめし、頭を堅気にさせ、娘を有力武士の養女としたうえで、2年後に夫婦にするという決着をつける。決着の付け方が美しい。              5点
五話「兎と熊」;小兵衛の知合医師のまた知合医師の娘が誘拐され、毒薬を作らねば娘を殺すと脅される。大旗本のお家騒動(愚かな正室の陰謀)を暴く。        3点
六話「婚礼の夜」;大治郎旧知の浪人・浅岡に婿養子の話がまとまる。そんな折、商家一家斬殺押し込み強盗事件が起こる。また、大治郎はひょんなことから平山という浪人が昔の遺恨から浅岡を付け狙っていることを知る。平山は悪事で稼いだ金で与太者たちを雇い、浅岡殺害を企てていた。大治郎は平山に雇われたふりをして内偵し、商家一家斬殺押し込み強盗事件の下手人である証拠も掴んだうえで成敗してしまう。             4点
七話「深川十万坪」;怪力のおせき婆さんが侍に暴行を受けていた子供を助ける。侍たちの報復を心配した小兵衛は、火事で家を新築中なので完成までという理由をつけておせき婆さん宅に寄食する。その晩、侍たちはやはり襲撃してくるが、小兵衛に返り討ちに遭ってしまう。逃げた侍をつけて譜代大名・松平家家中の者と判る。下級若手武士たちが暴走していたのである。手痛く成敗。超怪力のおせき婆さんの人柄が気に入った。         4点

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/19 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/27 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/04 10:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/17 15:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/14 10:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/25 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/11 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/15 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/28 21:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/22 05:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/01 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。