サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

電子の星 池袋ウエストゲートパーク4(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 166件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-717409-5
一般書

電子書籍

電子の星 池袋ウエストゲートパーク

著者 石田衣良 (著)

失踪した親友の行方を追って、山形からマコトを訪ねてきた引きこもりのテル。“人体損壊ショー”のアングラDVDと秘密クラブの関係は? マコトが身体を張る表題作「電子の星」ほか...

もっと見る

ポイント40倍

電子の星 池袋ウエストゲートパーク4

09/30まで5pt

税込 580 214pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.6MB 無制限
Android EPUB 3.6MB 無制限
Win EPUB 3.6MB 無制限
Mac EPUB 3.6MB 無制限

電子の星 (文春文庫 池袋ウエストゲートパーク)

税込 637 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失踪した親友の行方を追って、山形からマコトを訪ねてきた引きこもりのテル。“人体損壊ショー”のアングラDVDと秘密クラブの関係は? マコトが身体を張る表題作「電子の星」ほか、ビルマから来た14歳の男娼をめぐる「黒いフードの夜」、通り魔にギャングの息子を殺されたタクシー運転手に告げられた悲惨な真実……「ワルツ・フォー・ベビー」、Gボーイズから足を洗ってラーメン屋を始めた双子ツインタワーが活躍する「東口ラーメンライン」の全4篇。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー166件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

石田衣良ファンならずとも同じみの、I.W.G.P。

2005/09/22 13:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ロングボーダー - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は、
「東口ラーメンライン」
「ワルツ・フォー・ベイビー」
「黒いフードの夜」
「電子の星」
4つのエピソードを収録。
「東口ラーメンライン」は、ドラマでGボーイズがラーメン店を
やるという話があり、そのベースになっているのかもしれない。
それ以外は、ドラマのシナリオで使われていないと思う。
シリーズ当初に比べ、マコトのキャラクターが定着し、
落ち着いてきたように思える。
小説の中だから。。。
と言えないようなエピソードたち。
面倒なトラブルと解っていても、立ち入らずにいられないマコト。
トラブルが解決した時に、依頼人だけでなくマコトも成長している
そういう構成もわるくないと思う。
石田衣良著書には、はずれがない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

負け犬でさえ無い僕。

2005/10/03 16:49

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

石田衣良と言えばこの作品!という方も多いのでは無かろうか。彼の作品はどれも素晴らしいけれど、やはり中でもこの作品は好きな方の部類に入る。が、この作品だけなんだか違和感を覚えるのは、僕だけだろうか。一連の石田作品のどれにも似ていない。IWGPだけ、一人歩きをし始めてしまっているように感じるのだ。シリーズ化しているということもあるけれど、池袋という特殊かつ狭域の世界をピンポイントで描くことで、シュールなのにリアリスティックという独特の世界観を醸し出している。ものすごく冷たいのになんだか暖かい。不思議な感覚がこの作品の特殊性かもしれない。今回は4つの短編が楽しめる。どれもコクの強い、でもさすがさすが胸の震える物語ばかり。
「東口ラーメンライン」では、IWGPではおなじみGボーイズのOB兄弟がラーメン屋を始める所から物語が始まる。そう、池袋といえば有名ラーメン店東京一の激戦区だ。順調だったラーメン屋に、いつからか始まった嫌がらせ。ネットでも罵詈雑言、店頭へのゴミ撒き散らし。噂は噂を呼んで、客足が鈍ってしまうのだった。調査を依頼された主人公マコトが突き止めた、驚くべき犯人とは?一介のアルバイトにすぎない「あずみ」が、このラーメン屋になみなみならぬ思いを持つのはなぜ
なのか。その真相は・・・。
「ワルツフォーベビー」 ジャズタクシーの運転手の息子が死んだ。池袋の街角で、頭蓋骨を陥没させて死んでいた。事故という警察の判断に納得の行かない父親は、独自に犯人を探し続けていた。ひょんな事から知り合ったマコトは、一緒に犯人を追い求める。ついに分かった真相。
その、あまりに切ない結末とは。その時父親の取った行動とは。胸熱くなる一遍。
「黒いフードの夜」池袋は雑多な人種が入り乱れる街。特殊な趣味の人間が入り乱れる街。ビルマからやってきた少年娼婦、サーヤと知り合ったマコト。家族思いの彼に、マコトは友情さえ覚えるのだった。しかし、彼には口に出来ない重い足枷があった。家族を思うあまりに悲惨な現実から逃げられないサーヤ。でも、彼の夢が熱い思いとなって胸からほとばしり出たき。サーヤの言葉は、マコトの胸を深く打ったのだった。そしてマコトは、キングタカシとGボーイズの力を借りて、サーヤを救い出すために立ち上がる。
「電子の星」表題になっているこの作品。情報の入り乱れる今の世の中を良く描いていると思う。マコトの電子メールに舞い込んだ、友人を探してくれとの依頼。最初は断るマコトだったが、テルのキイチへの思いに心動かされ、探し始める。池袋の街に消えたキイチ、調べていくとその消息は残虐刑のSMクラブへと繋がっていった。そしてついに、キイチは自殺死体として見付かってしまう。ナゼか左手首が切り落とされたその姿を見て一度は逃げ出そうとするテルだったが、マコトの一言に奮い立ち、幼馴染の弔い合戦に立ち上がるのだった。
「戦わなければ、負け犬ですら無い」そのマコトの言葉が胸に刺さった。勝った負けたを言う前に、僕は戦っているだろうか。負けることを恐れて、戦いから逃げつづけてはいないだろうか。戦わない者は負け犬でもない、何でもない存在。せめて戦って潔く負けて、立派な負け犬になってみろ。そこからもう一度、這い上がればいいのだから。
石田作品には、いつもこういった、胸に突き刺さるフレーズがあふれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

【石田節】新たな転機か!?

2005/10/01 18:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

言わずと知れた人気シリーズの第4弾がついに文庫化!!
ファンなら誰しもが期待していた作品であろう。
今回は表題作「電子の星」ほか「東口ラーメンライン」「ワルツ・フォー・ベイビー」「黒いフードの夜」の計4作品が収録されている。
過去のシリーズ作同様、クラッシック音楽とともに展開される主人公・マコトとその仲間たちのミステリー活劇が繊細に描写された作品である。
しかし、シリーズ4作目のためか、作者自身の「飽き」がいたるところに感じられる作品でもあった。
表題作「電子の星」においては非常に荒っぽいストーリー展開・雑な心理描写のため、読者の側からすると登場人物にまったく感情移入することができないモノであった。
この一作品をもって「駄作」ということは容易いが、私の意とせぬところに作者の考えがあるのかもしれない。
この作品に関して多くの読者がいるであろうが、それぞれ読者毎に異なった評価・感想があるのではないかと思う。
私個人としては石田作品の一つの転機になるのではないかと考え、今後の作品にさらに興味を持たせる作品であった。
そういった意味でも是非とも一読を推奨する作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/12/14 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/27 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/03 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/11 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/18 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/09 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/23 05:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/17 14:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/12 20:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/07 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/22 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/10 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。