サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

最大50%OFFクーポン ~4/30

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 販売終了日:2014/07/14
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-719216-7
一般書

電子書籍

回天の門

著者 藤沢周平 (著)

幕末の志士の中でも、清河八郎の評判はきわめて悪い。「変節漢」「山師」「出世主義者」とまで、ひとは呼ぶ。今なお誤解のなかにあるこの男は、荘内藩の素封家から飛び出してきた“草...

もっと見る

回天の門

税込 550 5pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.7MB
Android EPUB 4.7MB
Win EPUB 4.7MB
Mac EPUB 4.7MB

回天の門

税込 836 7pt

回天の門

販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.7MB
Android EPUB 4.7MB
Win EPUB 4.7MB
Mac EPUB 4.7MB

回天の門 (文春文庫)

税込 836 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幕末の志士の中でも、清河八郎の評判はきわめて悪い。「変節漢」「山師」「出世主義者」とまで、ひとは呼ぶ。今なお誤解のなかにあるこの男は、荘内藩の素封家から飛び出してきた“草莽の士”であった。卓越した頭脳と肉体にめぐまれたカリスマでありながら、ほんの少しだけ倒幕には早すぎた志士。幕府の罠にはまり、同志や妻をうばわれ、長く潜行した日々。郷里出奔から、攘夷を説いて諸国をまわり、ついに麻布一ノ橋で凶刃に倒れるまでの、悲運の人生を描く。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

清河八郎入門書

2016/04/12 16:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:江戸人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今迄読んで来た清河八郎に関する書籍は何といってもよく分からないであったが、この藤沢周平にしては大変な長編ながら、誠にすっきりそうなのか、これを始めに読んでおけば苦労なく続けて専門書と雖も読める格好の入門書だ。決してよく知られている人物ではないけれど幕末史を知るには欠かせることの出来ないと気に掛かっていたが、これを機にもっと知識を深めていけたらと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死んで花実を咲かせた男

2015/08/08 03:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:金吾庄左ェ門 - この投稿者のレビュー一覧を見る

死んで花実が咲くものか。とは言いますが、本書の主人公・清河八郎は死んで花実を咲かせた男といえます。

序盤は14にして遊郭遊びしたり、妙に理屈ぽかったりであまり可愛げのない性格ではありますが、自分の名前を上げたいと一念発起し江戸を始め全国を遊学する事で、また山岡鉄太郎や伊牟田尚平といった仲間との出会いにより、倒幕という大きな目標を打ち立てます。

清河はその倒幕を実現するにはもっと多くの同士が必要であり、より大きな力が必要であると考え、自分が死ぬ事によって、倒幕の志を知ってもらい原動力となろうと決意します。だからこそ、死を決意した清河が生きて何かに執着しようとはしませんでした。わかりきっている死を迎える事で清河は、維新回天の扉を開き、花実を咲かせたとも言えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/18 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/16 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/01 08:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/06 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/30 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/22 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/02 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/13 17:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/24 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/20 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/27 00:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/02 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/19 18:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。