サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-764005-7
一般書

電子書籍

さんだらぼっち 髪結い伊三次捕物余話

著者 宇江佐真理

ついに念願の夫婦となった二人。深川の芸者をやめたお文は、廻り髪結い・伊三次の長屋で女房暮らしを始めるが、どこか気持ちが心許ない。そんな時、お文の顔見知りの子供が犠牲になる...

もっと見る

ポイント40倍

さんだらぼっち 髪結い伊三次捕物余話

03/18まで5pt

税込 560 203pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.8MB
Android EPUB 3.8MB
Win EPUB 3.8MB
Mac EPUB 3.8MB

さんだらぼっち (文春文庫 髪結い伊三次捕物余話)

税込 682 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ついに念願の夫婦となった二人。深川の芸者をやめたお文は、廻り髪結い・伊三次の長屋で女房暮らしを始めるが、どこか気持ちが心許ない。そんな時、お文の顔見知りの子供が犠牲になるむごい事件が起きて──(表題作)。掏摸(すり)の直次郎は恋に落ちて、悪道から足を洗う決心をする(「ほがらほがらと照る陽射し」)。伊三次には弟子ができて、お文の中にも新しい命が宿る(「時雨てよ」)。江戸の季節とともに人々の生活も遷り変わる。人気捕物帖シリーズ第四弾!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (13件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

髪結い伊三次が新居を構えるまで

2010/10/21 20:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

息子が罪人をかばっていたと知った時の、不破友之進の大暴れがおもしろい。

龍之介が憧れの美しい人のために罪人をかばいとおすのは、不破友之進が遊郭にいたいなみを妻に迎えたのに匹敵するぐらいの、生涯を賭けた想いとなるであろうか?

もしそうであるならば、髪結い伊三次は、龍之介の味方となって、自分も罪人をかばいとおすつもりだった。

だが、龍之介の想いは、そうなるにはまだ少し、幼かったようだ。

龍之介に向かって怒りの鉄拳を振るう友之進に、伊三次、留蔵親分の子分の弥八、不破家の中間の松助に作蔵が、抱きつき縋りつき被りつき引き倒し馬乗りになり、それでもまだまだわめく友之進に、下手人の娘のことまで思い遣った坊ちゃんのほうがりっぱです、と伊三次が言って、ようやく、落ち着いた。

そこが伊三次のいいところじゃないか、と私は思う。法を曲げてまで情を守り通すというのなら、家族も世間も敵に回さなければならない。平凡な少年にそんなことができるわけがない。それでもそうすると決心したのなら、自分はその味方になってやろう、と覚悟を決める。伊三次のそんなところが、いい!

もっとも、伊三次までが下手人をかばうつもりだったと知った不破友之進が、今度は伊三次に向かって鉄拳を……振るいそうになって、みんなに止められた。

自慢の美しい娘を大名屋敷に奉公に出すために、様々な習い事をさせ、そのために借金を重ねた挙句に、金貸しを殺してしまった武士。

一方で、かわいがっていた幼い娘を、よりにもよって妻に、娘の実の母親に、殺されてしまう武士。

なぜこんな悲しい事件が起こるのだろう。

さんだらぼっちを神棚に飾っている木戸番が、こどもたちを暖かく見守る長屋。伊三次にとって親戚のような人々の暮らすここでも、やっぱり、何かが起こる。

伊三次の隣家では、幼い娘が毎晩、夜泣きをして、母親に折檻されている。母親も、女手一つで子供を育てていて、毎日、稼ぎに出なければならないのに、娘に夜泣きをされては困るのだ。つい、折檻が行き過ぎてしまう。とうとう、お文が、娘を折檻する母親を、折檻してしまった。実の母親に殺されたかわいそうな武家の娘のことが心を占めていたせいだ。今度はお文がやりすぎてしまった。お文は長屋を出て行った。

よりにもよって、お文が、何かを起こすとはね。

お文が出て行った後の伊三次の部屋に、巾着切りの直次郎が来る。人差し指の先を切り落として、手を血らだけにして、脂汗を流して。

直次郎は小間物屋の娘の佐和と所帯を持ちたいのだ。直次郎は、娘の母親にも気に入られている。だから、巾着切りから足を洗ったのだ。

佐和の母親の喜和は、伊三次が昔、忍び髪結いをしていた頃に世話になったお内儀さんだ。かつては大店のお内儀で、何人もの若い男を遊び相手にしていた。だがそれは幼子を亡くした悲しみゆえで、内心は寂しさ、悲しさで一杯だったのだ。伊三次だけはお内儀の胸の内をわかっていた。今では小さな小間物屋の主となり、少々ふけて、かつての鋭い頭の働きに、人としての柔らかさが加わったようである。それは、端から見れば、好き放題な事をした末に落ちぶれた、ということなのだ。ほんのちょっと、そんなふうな物言いをした増蔵親分に、伊三次は、くってかかり、殴りかかった。

伊三次にとって、小間物屋のお喜和とお佐和は、だいじな人たちだ。伊三次は、直次郎を彼女達に近づけたくない。直次郎にお金を掏り取られたせいで、ひとりの男が首をくくっている。おとなしくてまじめな奉公人で、商家の手代として信用され、母親と幼い弟を養っていた。掛取りで集めたお金を掏り取られて、責任を感じて、自殺してしまった。伊三次は、お喜和とお佐和のために、涙を飲んで、直次郎に諦めさせた。

長屋から直次郎を送り出す前に、髪を結ってやる伊三次。優しいけど、やっぱり、直次郎はかわいそうだ。かわいそうだけど、直次郎のせいで、人が死んでいるんだもの、仕方がない。

切ない、悲しい。

伊三次は、長屋を出て、新しく一軒家を借りて、再び、お文と住み始めた。箸屋の翁屋という、九兵衛、八兵衛、七兵衛と三代続いて夫婦が健在のめでたい一家とも知り合いになった。九兵衛に名付け親になって貰ったという、きかん気だが男気のある少年九兵衛も、伊三次の弟子になった。さすが髪結いの小僧、近所の小僧のなかではお仕着せも髪も本人も一番、かっこいい、らしい。

そして、お文は、おなかに赤ちゃんができた。こんなふうに、明るい兆しも見えるけど……

弥八と結婚したおみつは、流産して、心がとても傷ついている。喜びのそばに、いつも悲しみも付いて来るようだ。

橋に佇むお文の肩に、さあさあ、雨に濡れないうちに家に帰ろう、と、手を回してくれる七兵衛の優しさが、そんなさりげない振る舞いが、救いになっている。

ざんざかざんざんと降る雨、長屋の朝顔、川開きの花火、今にも泣き出しそうな空の下の寂しい葬列、直次郎の黒い着物を緑色に見せる秋の陽射し、風混じりに降りしきる時雨。次々と悲しい出来事があっても、伊三次とお文の四季は、なんとか、粋と情と意気地を守って、続いていくようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/25 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/12 21:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/08 08:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/20 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/09 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/19 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/08 00:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/18 13:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/21 17:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/29 09:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/16 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/15 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/24 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/04 06:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。