サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~10/31

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-769302-2
一般書

電子書籍

タンノイのエジンバラ

著者 長嶋有 (著)

人が一日に八時間働くというのが信じられない。八という数字はどこからきたのだろうか。なんだか、三時間でいいんじゃないかもう……(「夜のあぐら」より)。なぜか隣室の小学生の娘...

もっと見る

タンノイのエジンバラ

税込 550 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.5MB
Android EPUB 3.5MB
Win EPUB 3.5MB
Mac EPUB 3.5MB

タンノイのエジンバラ (文春文庫)

税込 556 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人が一日に八時間働くというのが信じられない。八という数字はどこからきたのだろうか。なんだか、三時間でいいんじゃないかもう……(「夜のあぐら」より)。なぜか隣室の小学生の娘を預かることになった失業中の俺のちぐはぐな一夜を描く表題作。真夜中に実家の金庫を盗むはめになった三姉妹を描く「夜のあぐら」。ロードムービーの味わいの「バルセロナの印象」。そして20代終わりの恋をめぐる「三十歳」。リアルでクールな、芥川賞受賞後初の短篇集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

むなしくて、情けなくて、なんだか笑っちゃう

2006/01/27 22:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「タンノイのエジンバラ」・「夜のあぐら」・「バルセロナの印象」・「三十歳」の四編からなる短編集。
 四篇に共通していたのは、なんだか悲しくて情けなくて、むなしくて、でも笑っちゃうという雰囲気。小説全体としては、それほど特別でもない人たちの、なんとなく「とぼとぼ」といった感じの日々が描かれているのだが、細部になんともいえないユーモアがあふれている。
 例えば「タンノイのエジンバラ」で、主人公が預かった女の子に「どうしてグーフィーは二足歩行でミッキーとも会話ができるのに、プルートは四つ足で歩いてミッキーに飼われているんだろう」(p.33)と質問したときの女の子の答え。そのあまりにも迷いのない断言には、女の子の自信に、正しいように思ってしまうが、「いやいやちょっと待て」と思い直し、そこで読みながらじっと考えてしまい、非常に印象に残る。
 あるいは、「バルセロナの印象」での、ガウディの死後も作り続けられるサグラダ・ファミリア協会に対する「山田康雄の死後も物まね芸人をつかって放映を続けるルパン三世のようなものか」(p.139)という主人公の感想も、なんとなく説得力がありながら「これを納得していいものか」と思う。その、自分が感じるギャップが、面白い。
もう一度色々なところを読み返したくなるような、くせになる面白さを持った本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静かだけど弱くない

2017/05/31 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

静かな文章なのに意味自体は弱いということではない。もしくは決して柔らかくはないものを静かに描けてしまっているということなのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/15 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/16 00:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/12 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/13 06:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/10 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/31 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/14 08:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/22 17:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/21 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/11 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/18 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/02 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/12 00:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。