サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 286件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-770801-6
一般書

電子書籍

プラナリア

著者 山本文緒 (著)

「何もかもが面倒くさかった。生きていること自体が面倒くさかったが、自分で死ぬのも面倒くさかった。だったら、もう病院なんか行かずに、がん再発で死ねばいいんじゃないかなとも思...

もっと見る

ポイント40倍

プラナリア

03/18まで4pt

税込 529 192pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.7MB
Android EPUB 3.7MB
Win EPUB 3.7MB
Mac EPUB 3.7MB

プラナリア (文春文庫)

税込 682 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「何もかもが面倒くさかった。生きていること自体が面倒くさかったが、自分で死ぬのも面倒くさかった。だったら、もう病院なんか行かずに、がん再発で死ねばいいんじゃないかなとも思うが、正直言ってそれが一番恐かった。矛盾している。私は矛盾している自分に疲れ果てた。」(本文より)乳ガンの手術以来、25歳の春香は、周囲に気遣われても、ひたすらかったるい自分を持て余し……〈働かないこと〉をめぐる珠玉の5短篇。絶大な支持を得る山本文緒の、直木賞受賞作!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー286件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

プラナリア・・・幸せになれない存在と意識

2005/10/12 18:50

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひまわりまるこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新刊書の方には15の書評が付いているようですが、あえて読まずに書こうと思います。 昔から、私は文庫本書評しかしないし、書店に寄っても新刊書コーナーを通り過ぎて文庫本コーナーへ引き寄せられる(選択の幅もありそうで、、、)習慣があります。 お小遣いの足りなかった子供のころの名残りとも言えるし、持ち運べる手の平サイズが好みと言いつつ、結局公園のベンチや待合室や車中よりも自分の部屋で文庫本を読んでいる、読書家ではない文庫本好きだからです。
で、本題。 乳癌の進行状態と平行して精神の癌が進行し、ずるずる引き込まれてゆくように不安定の度を増してゆく主人公。 ああ、これは私かもしれないと感じる女性もいれば、乳癌の経験もなしでこんな不幸な感覚は持てないわと言う健全な女性もいるかもしれないけれど、決して乳癌と女性をテーマにした小説ではない。
幸せになれない存在、、、依存なのか適応に問題があるのか、無意識領域での基本的信頼感の欠如、生きずらさを常に感じている人間が引き篭もりもせず社会に出ている悲劇と言うべきなのか? 懐疑心が強く愛されても不器用にしか応えられず、同調出来ずに相手から敵意を引き出してしまう女。 バランスがとれず、右の羽を切り左の羽を切りして血を流しながら飛び続ける鳥のようだ。
プラナリアの『再生』と『分裂』は主人公の精神状態を解く鍵となる。 生の痛みは減ることなく、再生しては分裂増殖してゆく苦悩。 再生のきっかけは恋人であったり、永瀬さんという人であったり、それでも分裂が始まる頃には誰も手を出せなくなる。 プラナリアの宿命、意志のない命のように、分裂は止まらない。 分裂自体が運命となる。 だから、「乳癌は私のアイデンティティ」と言いながら、乳癌にも精神の癌にも真っ向から向き合おうとはせず、恐いもの見たさの子供のような態度をとってみたりする。
自己嫌悪は自己欺瞞からくるのか? 自分自身を扱えずにパターン化した人間関係に傷ついてばかりいる危なかしさに肉体的苦痛が重なって、救われようとしては同じことの繰り返しで終わる。 それでも自殺を計ることなく生きるしぶとさに、彼女は自分を悩ます乳癌と、プラナリアと、自分自身とを、かけているのではないか。 生まれ変われるならプラナリアになりたいのではなく、彼女はプラナリアに自分を癌を見ていたはずである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

共感しづらい

2020/04/12 16:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおたいがー - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公たちがそれぞれ屈折したなにかを抱えているのだけれど、それにいまいち共感できず、作品にはまっていけなかった。
誰にでも心に抱えているものがあって、ぶつけどころのないものの出口を捜しているのだけれど、結局見つけられないままに終わってしまっているようですっきりしない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/29 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/16 03:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/21 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/25 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/08 02:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/24 16:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/13 03:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/27 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/03 03:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/13 12:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/21 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/18 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/15 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。