サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

まほろ駅前多田便利軒(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 1,228件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-776101-1
一般書

電子書籍

まほろ駅前多田便利軒

著者 三浦しをん (著)

「ここも一応、東京なんだがな」と言われてしまう“まほろ市”は、東京のはずれの大きな町だ。まほろ駅前で、ひとり便利屋を営む多田啓介のもとに、高校の同級生・行天春彦が転がりこ...

もっと見る

ポイント40倍

まほろ駅前多田便利軒

09/30まで5pt

税込 600 222pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.8MB 無制限
Android EPUB 3.8MB 無制限
Win EPUB 3.8MB 無制限
Mac EPUB 3.8MB 無制限

まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)

税込 648 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ここも一応、東京なんだがな」と言われてしまう“まほろ市”は、東京のはずれの大きな町だ。まほろ駅前で、ひとり便利屋を営む多田啓介のもとに、高校の同級生・行天春彦が転がりこんだ。高校時代、教室でただ1回しか口を開かなかった、ひょろ長い変人だ。ペットあずかりに子どもの塾の送迎、納屋の整理…ありふれた依頼なのに、行天が来てからは、やたらきな臭い状況に追い込まれるハメに。さて、本日のご依頼は? 多田・行天の魅力が全開の、第135回直木賞受賞作。

著者紹介

三浦しをん (著)

略歴
1976年東京生まれ。「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞、「舟を編む」で本屋大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,228件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

ジョーク大好き。どなたにも安心してお薦めできます。

2018/11/10 23:29

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをんさんを初めて見たのは新聞記事だ。
読書感想文の記事への寄稿。走れメロスについて書いてあった。

「普通,走れメロスについて書くと,友情の事ばかり書いてしまう。
でも私は,なぜメロスが裸なのか,しょうもないことが気になって
しょうがない。感想文は率直な気持ちを書いたっていいんだ」
大体そんな主旨だった。大賛成。ノーパンメロス。
子供心ながら,そこは指摘してはイケナイことと思っていた。
禁断の扉を軽々と開く作家さん,いけるかもという直感が働いた。
文才がなくて申し訳ない。原文ははるかに面白かった。

最初に選んだのが本書。直木賞作品だから,
魅力の本質は入っているはずと考えた。
著者紹介を見たら,デビューしてまだ十年。
昇り調子という表現がぴったりの方。この作品もまさに絶好調だった。

タイトルは物語の舞台を示している。
まほろ駅前にある主人公の多田が営む便利屋。
ふとしたことから,仕事の出先のバス停で,高校時代の同級生の
行天(ぎょうてん,人名です)を「拾う」。
この出会いからして,とてつもない予感に満ちている。

この行天という人,マンガ的なほどデフォルメされている。
ねじの五・六本は間違いなくぶっ飛んでいる。
多田がまごついている間に,どんどん突っ込んでいってしまう。
その上,憎めない優しさを持った愛すべきキャラクターだ。

便利屋稼業には様々な依頼が持ち込まれる。
ペットの預かりや,ひねた小学生のお相手,
草むしりの依頼などのありふれたお仕事なんだけど,
この二人にかかると俄然魅力を放ちだす。

多田は割と常識的な部分があり,凸凹コンビ風。
ボケと突っ込みを軸として描かれている。
涙もろい作品や,刺激的な作品,ハラハラどきどきの作品は
多いけれど,気持ちよく笑える作品にはなかなか出会えない。

もちろん小説だから笑いは武器の一つ。
本筋は二人の優しい男たちの物語だ。
二人の悲しい過去も,笑いと優しさにくるまれて流されていく。

最後の巨大な門松がとてもちぐはぐでいい感じだ。
良い作品との出会いは,とても幸せな気持ちになれる。
笑える小説は高度と聞くけれど,作るのが難しいのかな。
誰にでもお薦めできる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

凸凹コンビ、大忙し!

2010/10/17 22:01

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジーナフウガ - この投稿者のレビュー一覧を見る

凸凹コンビの活躍する作品は面白い!何故なら彼らの発する摩擦熱から人間の匂いがするからだ。
この作品もそうだった。神奈川県に間違われる東京の外れまほろ市が舞台。主役の多田はタイトル通り、

まほろの駅前で便利屋を営んでいる。舞い込んでくる依頼は様々で、正月に、
自宅前を走っているバスが運行表通りに、間引き運転をせず走っているかを延々見張らされたりもする。

そんな仕事を終わらせたある日の事、多田はバス停で不思議な男と再会を果たす。
男の名前は行天、高校時代は、とにかく言葉を発さないのを周囲に不気味がられてた奴。

もちろん多田と行天は友達なんかじゃなかったけれど、多田は行天が不慮の事故で
小指を切断する傷を負うハメになった時に初めて口にした『痛い』と言う言葉が忘れられないでいた。

幸い指は元通りに縫合されたのだけど…。久しぶりに会った行天は実に口数が多く、
厚かましさまでをも身に付けた、冴えない中年男となっていた。かくして訳在り

中年・凸凹コンビ便利屋稼業がスタートする、のだけれど。依頼主から塾からの迎えを仰せつかった
小学生の少年は、危険なバイトに手を染めてるわ、そのせいで便利屋なのに私立探偵並みに

ヤバい橋を渡らざるを得なくなるわ、のっけからピンチを迎える目に遭うのだ。
おまけに行天は意外にも腕力で物事を片付ける武闘派タイプだったもので、事態は中々穏便に進みはしない。

だが、この行天という男には不思議な愛嬌があり、どこか憎めないのだ。
多田も行天の行状に散々振り回され愚痴をこぼしながらも、彼が依頼主に好かれたり、

案外と役に立つ部分もある事を知るにつけ、内心では行天を必要としている自分が居る事に気付く。
2人の微妙な距離感、互いにベタつく事なく、それでもパートナー関係を保持している所が好きだ。

便利屋の仕事は嫌でも各家庭の様子を覗き見る事になる。
人間模様に対する2人の接し方の違いに面白さを感じた。

そして物語が進むにつれて明らかになる多田と行天の過去の傷。
傷というものは個人の考え方や行動に深い影を落とす。不器用な2人だけに、傷の深さ、

影の長さを隠し持つ意味の大きさが印象的だった。物語を単なる痛快ストーリーから、
グレードアップさせるのに成功している点だと思う。それにしても作者である三浦しをんさんは、

心理描写だけでなく、人間の真実の思いにスポットライトを当てて、
物語世界にリアリティーを持たせるのが上手い。今回も存分に堪能した。

自分の育った家庭に悩んでいる人、秘密に苦しみ続けている人にこそ、
読んで欲しい充実した内容の一冊です!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かっこイイ!

2015/08/22 21:28

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公2人とも、暗い過去を持ち心に闇を抱いている。だからこそ、同じように闇を抱えている人々に偏見を持たず、そっとみせる優しさがとてもかっこよかったです。
人生は、再生できるんだというメッセージが心に響きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

(≧∀≦)

2017/10/20 22:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すず - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を観てこの作品を知ったのですが、すごく良かったです。本を読んでる間も脳内で瑛太と松田龍平で変換されるのでとっても癒されます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『まほろ―』を読んで

2017/04/16 12:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kiyo - この投稿者のレビュー一覧を見る

多田も行天も
人生が上手くいってないところ、
痛みを抱えているところに共感します。

そうして二人を繋いでいる唯一のものもまた
「痛み」であることも。

この小説を読んでいると、
二人が本当に生きている
そんな錯覚に陥ります。

ぼくの心の中にいる二人と
ぼく自身に、
今日もエールを送りつつ生きてゆこうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直木賞を受賞した筆者の記念すべき作品です!

2016/08/26 09:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、第135回直木賞を受賞した三浦しをん氏の記念的な作品と言えます。まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の街です。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生、行天春彦が転がり込みます。ペット預かり、塾の送迎、納屋の整理など、ありふれた依頼のはずが、このコンビにかかると何故かきなくさい状況に発展していきます。とても面白い作品ですのd、えぜひ、多くの方々に読んでいただきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高!

2016/05/04 08:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu_kotikita - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをんさんに私が初めて出会った作品です。
人々の関係性、人間らしさがたまらなく面白くて愛おしいです。
とにかくキャラクターの魅力がすごい!
一気に読んじゃいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

行天になりたい。

2016/03/27 11:22

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

再読。やっぱいいな!多田も行天も。そして由良公も。由良公かわいい。映画の由良公もかわいかった。暴漢から襲われたとき、行天がとっさに由良公を守ったあのシーン。忘れられない。多田がいたって「普通」の男だから、行天の個性が光る。飄々としてつかみどころない。だからこそ気になる。いればうざいけど、いないとなにか足りないと感じさせる。ちょっとメアリーポピンズみたい笑。そんな存在感のある人間、理想だ。しかし二人ともよく煙草をすう。またそれが似合う。子供がいてもおかまいなしに、煙草をふかす二人。時代との逆行がまたいいね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第1刷:2009年1月10日

2015/08/30 19:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bbsf - この投稿者のレビュー一覧を見る

初出は別冊文藝春秋255~260号…単行本は2006年3月刊行…第135回直木賞作品…解説は鴻巣友希子…先に映画を見てから本を読んだがほぼ忠実に映画化されていた…解説で指摘されているスイスイ読める心地よさというのは全くの同感…それでいて読後感が良くないのは会話がキマリすぎていて誰も彼もうまいこと言いすぎな感じがするからか…セリフにしないで登場人物が心の中で思ったことどまりにしておいたほうが不自然さが残らなかったかもしれない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ワンコと飼い主のよう

2018/06/20 13:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

行天みたいな人が側にいたとしたら、毎日が不思議で笑えてハラハラ出来そう。高校生の時を許せてない多田さんと、そんな彼をとっくに許してる行天。刑事物でもなければ、バイオレンスでもない。男性2人が主人公のただの下町の物語がなぜこんなに面白いのか。行天のボケに真剣に突っ込む多田さんの会話も楽しく、自分を曲げない信念をもった2人に友情ではなく、人間愛を感じた。しっかり完結してるので、気になる終わり方でなはいのに、続きを読みたいと思える作品でした。行天が面白くて怖い(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第135回直木賞受賞作

2018/05/04 07:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

東京都と神奈川県の都県境に佇んでいる、まほろ市の微妙な距離感が味わい深かったです。多田と行天の不思議な関係性にも繋がるものがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不器用で駄目 かつ愛しい二人

2017/01/21 17:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

生き方が下手な二人が共にいると 更に駄目に!くだらなくて成立しない会話がより二人らしくてニヤリ。それでも二人は名コンビです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

直木賞受賞作品

2016/02/22 18:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

直木賞受賞作品という帯に惹かれ、久々に三浦しをんさんの本を手に取った。便利屋「多田便利軒」を営む多田とその友人行天2人の物語。ライトタッチの雰囲気で読みやすい。原作の映画の予告編を見たけど、自分が頭の中に描いていた映像と近くてなんだかちょっと嬉しくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人情話よりは少し切なく

2018/05/29 20:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たあまる - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』を読みました。ほぼ期待通りのテイストでした。、少し重いストーリー。
とんでもないことが起こるけど、人物がなんだかとぼけた言動をするので、あんまり切実に感じません。
続きも読んでみようかと思います。
と、感想を記してから、もう3年。
でもまだ、続き読んでないんだよなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最後まで読んだけど

2017/10/22 22:45

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

多田と行天のことが気になって最後まで読んだけど、おもしろさはそんなに感じなかった。町田市が舞台のモデルのようなので、舞台探訪に行ってみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。