サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(0119-21)

20%OFFクーポン(0119-21)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 文庫
  4. 雑学・その他
  5. 三笠書房
  6. 知的生きかた文庫
  7. 【期間限定価格】頭のいい説明「すぐできる」コツ
【期間限定価格】頭のいい説明「すぐできる」コツ(知的生きかた文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 74件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

【期間限定価格】頭のいい説明「すぐできる」コツ

著者 鶴野充茂 (著)

たとえば「結論で始まり、結論で終わる」──それだけで話は「わかりやすく、強く」なる! そのほか、「大きな情報→小さな情報の順で説明する」「事実+意見を基本形にする」「強調...

もっと見る

29%OFF

【期間限定価格】頭のいい説明「すぐできる」コツ

01/31まで通常648

454 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より163おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

頭のいい説明「すぐできる」コツ 今日、結果が出る! (知的生きかた文庫 BUSINESS)

617(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 440.9KB 無制限
Android XMDF 440.9KB 無制限
Win XMDF 440.4KB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

たとえば「結論で始まり、結論で終わる」──それだけで話は「わかりやすく、強く」なる! そのほか、「大きな情報→小さな情報の順で説明する」「事実+意見を基本形にする」「強調したいときは主語の『私は』をちょっと増やす」などなど、誰もが「簡単にできて、簡単に成果を実感できるノウハウ」を多数紹介! 大事な人と話す前にちょっと目を通しておきたい本です。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー74件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

そのときに自分が思いついた順番は、自分の思考過程にすぎない。

2009/05/10 17:39

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セカンド・プラン エトセトラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

思いついた順の逆順から話し始めると、相手に伝わりやすい。
人は、まず核心からアイデアを思いついたように話す。
しかし、実は急に思いつたのでは出はなく、その背景的なことを漠然とイメージしていたのである。
ところが聞き手は、その漠然としたイメージがないところに、突然、核心を聞かされるので、チンプンカンプンとなる。

「上司は常に思いつきで物を言う」と言われるが、初めて口に出した時は、その背景は既に彼の中で自明のこととなっているのである。
説明のしかたが悪い、などと自分の頭の回転の悪さを棚に上げるが、そんな時、本書で「察する力」を養うこと必要だ。

「説明の目的は相手が行動を起こすこと」だと著者はいう。
だとすると、やはり「察する力」がキーとなる。
相手は聞く準備ができているか、背景説明がいるか、相手が聞きたいことは何か。
結論から言うか、前提条件確認から始めるか。すべては行動してもらいたい相手の感情による。気に食わなくても、何でそこまでと思っても、「目的が行動してもらうこと」にある限り、相手に合わせることは、その手段に過ぎない。

自分を主張することが目的でないのだから、本書にあるとおり
『「そのときに自分が思いついた順番」ではなく「相手が聞きやすい順番」』で話すことがコツだ。

キーは「時間軸」。目的とスタートラインを見比べながら、何からどのように理解を求めればよいか。これはもう戦術というより、戦略のレベルであることに気づかされた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

説明能力の重要性を知る

2016/10/04 23:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書により説明能力の重要性を認識させられた。

そもそもなぜ説明するのか?
それは何らかのお願いを通すため。相手に行動を起こさせる
ため。

相手が何を説明して欲しいのかを察することも大事。
説明がどこまで理解されているかを知ることも大事
自分は目の前の人間に何をお願いしようとしているのか
意識することも大事。

説明することをここまで徹底した本書は、良書である。
これこそ私が本当に説明したいこと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/04/12 06:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/10 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/16 02:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/05 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/30 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/03 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/05 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/26 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/28 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/19 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/12 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/01 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/04 23:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る