サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大50倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

全商品10%OFFクーポン(0524-28)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. BI(ビジネスインテリジェンス)革命
BI(ビジネスインテリジェンス)革命

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/11/19
  • 販売開始日:2010/11/19
  • 出版社: NTT出版
  • ISBN:9784757122468

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

BI(ビジネスインテリジェンス)革命

著者 NTTデータ技術開発本部ビジネスインテリジェンス推進センタ (編著)

BIとは、企業の内外のデータを分析して、経営意思決定に活用する経営活動を総称するコンセプト。本書では従来の業務改善的なアプローチから飛躍的な業務改革・サービス革新まで、適...

もっと見る

BI(ビジネスインテリジェンス)革命

1,944 (税込)

ポイント :18pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

BI革命

2,376(税込)

BI革命

ポイント :22pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 2.4MB 無制限
Android XMDF 2.4MB 無制限
Win XMDF 2.4MB 無制限
電子全品対象!10%OFFクーポン!

こちらは「10%OFF 電子書籍クーポン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年5月24日(水)~2017年5月28日(日)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!電子書籍ストア全商品ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

BIとは、企業の内外のデータを分析して、経営意思決定に活用する経営活動を総称するコンセプト。本書では従来の業務改善的なアプローチから飛躍的な業務改革・サービス革新まで、適用範囲が広がっている最新のBIについて詳説する。

目次

  • 第1章 プロローグ
  • 第2章 ビジネスインテリジェンスの概要
  •  1.ビジネスインテリジェンスを支える情報システム
  • 2.データ活用のポイント
  •  3.代表的なビジネスインテリジェンス
  • 第3章 パフォーマンス管理のためのビジネスインテリジェンス
  •  1.パフォーマンス管理の現状
  • 2.パフォーマンス管理の事例
  •  3.パフォーマンス管理のこれから
  • 第4章 変革をもたらすビジネスインテリジェンス

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.7

評価内訳

2012/01/29 21:42

投稿元:ブクログ

図書館で借りて読んだ。とりあえず読んでみたけど、内容としては、「BIの分類」についての記述が少し面白かったくらい。それほどディープな話でもなく、「革命」と銘打つほど革命に関する内容が書いてあるわけではなかった。。。

2009/12/12 00:29

投稿元:ブクログ

現在のBIは4タイプに分類できるという。WHAT-IF型、発見型、プロアクティブ型、集計分析型、その中でもプロアクティブ型は「能動的」という言葉の意味の通り、「一歩先回りして、リアルタイムもしくは適切なタイミングで気の利いた知的サービスや機能を提供する」というのが新しいBIであると提言されていた。

2011/04/03 04:02

投稿元:ブクログ

BIについて、分類し具体例を用いながら解説してくれている。データマイニングでよく聞くワードが結構出てくるが、その都度解説もしてくれているのでそれほど前提知識は要求されなそう。

2010/07/25 09:04

投稿元:ブクログ

仕事でBIについての知識が必要になったので購入。きちんとまとまってて、さらっと読み通せた。あとでマインドマップ化。

2013/10/28 08:58

投稿元:ブクログ

ビッグデータという言葉がバズワードのように
使われるようになって随分と時間が経ちました。

職業柄、時世に置いて行かれる訳にはいかない
(すでに遅いが…)訳で、本書を読んでみました。

ビッグデータやビジネスアナリティクスというキーワードが
ありますが、本書はビジネスインテリジェンスという言葉を用い、
それらを含め広義の意味で解説がされているように感じました。

事例も多く取り上げられていますが、
例として、レセプトデータを活用して
疾病の重症化モデルを作成し、時間軸に対する医療費
の関係を見出す…といったものがあります。
これにより早期段階での疾病に対応することで、
重病化する前に予防する高額医療費の削減を狙っています。

ビジネスインテリジェンスは医学でも化学でもない訳ですが、
膨大なデータを編集・集約し、可視化し、様々な切り口で
分析することにより、これまでの常識と違った現実を世に示しました。

ビッグデータ、ビジネスアナリティクス、
それらの位置づけを体系的に確認する上でも、
非常に良い書だと思いました。

いずれも新しい言葉が出てきていますが、
考え方は昔よりあったもので、現在に至っては、
技術の飛躍的な進歩からより実現性が増し、
その具体が世に現れ始めたのだと感じています。

第1章 プロローグ
第2章 ビジネスインテリジェンスの概要
第3章 パフォーマンスかんりのためのビジネスインテリジェンス
第4章 変革をもたらすビジネスインテリジェンス
第5章 変革をデザインする分析シナリオ
第6章 変革を成功に導く鍵-BI成熟度
第7章 エピローグ

2012/02/04 22:17

投稿元:ブクログ

いかにもコンサルがドヤ顔しながら書きました、という本。
かなり隙が無くて憎たらしい。

詳しい相談はNTTデータまで。

2012/11/12 22:27

投稿元:ブクログ

仕事柄必要そうだったので購入。
Business Intelligenceについて種類や事例など、きれいにまとまっているという印象。BIについて概要を知りたいというのであれば手頃で良いと思う。欲を言えば、クラウドを初めとした周辺のIT技術との関連についての記述も欲しかった。

なお、この1冊だけではBIを実際に導入するなどのオペレーションは不可能なので、別に類書が必要。

2013/11/24 13:08

投稿元:ブクログ

2009年の本だが、書いてある事は今でも通用する。というより、企業の情報活用の本質は時代を経てもかわらないのではないか?

2012/03/08 21:23

投稿元:ブクログ

BIを取り巻く技術、BIの類型、BIを活用した分析事例などを広く紹介してくれている。技術の細かい話はそれほど詳しくなく、どちらかというと企業内でBIをどう捉え、どう活用していったらよいのかということを考えるときに参考になる本。

個人的には、前々からなんとなくデータマイニングとかORとかと線引きが曖昧だなぁと感じていたのだが、やっぱり曖昧なんだなというのを改めて実感した。WHAT-IF型BIやプロアクティブ型BIなんて、正直そこだけの機能のシステムだったらそれをBIと捉える人はあんまりいないんじゃないかとさえ思う。国内ではBIというとまだまだ「見える化」や自由分析のシステムといった感の方が強いのではなかろうか。

でも、昨今またビッグデータなんて言葉が流行り出しているので、BIの再ブームがやってくることも考えられるので、一度こういった広義のBIという形で周辺要素が整理できたのは有意義だった。

2010/12/08 18:50

投稿元:ブクログ

仕事でBIに携わることになったため、情報収集用として活用。BIツールの構成や分析手法の種類等、BIに関する基礎的な情報がまとめられており、非常に参考になった。

2011/09/18 21:57

投稿元:ブクログ

こういう入門書を探していた。BIの概念的な部分を知る上では、非常に参考になった。理論に偏りすぎず、BIツールの使い方に凝りすぎず、体系的に学習できる本だと思う。

2013/11/14 00:46

投稿元:ブクログ

意志決定や問題解決にまで踏み込んだBIに興味をもって本書をとったが、様々な問題で日本には根付かなかったという話を聞いた。
装丁や中身の構成はカッコいいが非常に中身が薄い本であったので残念である。

2012/03/21 21:41

投稿元:ブクログ

BIの類型や分析手法の分類などをさらっと掴むにはちょうどいいのかなとも思うが、実務レベルではもうふたひねりくらいしないと通用しないだろうなという内容。「BI革命」というタイトルに期待し過ぎたかも。というか、この手の業種固有の課題に対してのソリューションを安易に本に求めたのが甘かったと反省。

2012/02/27 23:43

投稿元:ブクログ

これまで、BIというものを携わったことがなく、職場の人に薦められて購入した。

業務改善、業務改革の道具としての活用方法が具体例を交えながら紹介されており、BIに関わったことがなくても読みやすく、理解できる内容でまとめられている良書。

BIを、システム視点ではなく、業務面で学びたい人にオススメ!

2013/01/05 14:40

投稿元:ブクログ

ビジネスインテリジェンス(アマゾンのレコメンド機能とか)の解説本

全体が体系的に書かれていることとコラムが充実していることが良かったのである

経営・ビジネス ランキング

経営・ビジネスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む