サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

honto「雨季のウキウキセール」:10円均一セール ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2010/09/06
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784101160412

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

機長からアナウンス

著者 内田幹樹 (著)

旅客機機長と言えば、誰もが憧れる職業だが、華やかなスチュワーデスとは違い、彼らの素顔はほとんど明かされない。ならばと元機長の作家が、とっておきの話を披露してくれました。ス...

もっと見る

機長からアナウンス

税込 440 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 352.8KB
Android XMDF 352.8KB
Win XMDF 352.4KB

機長からアナウンス (新潮文庫)

税込 473 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

旅客機機長と言えば、誰もが憧れる職業だが、華やかなスチュワーデスとは違い、彼らの素顔はほとんど明かされない。ならばと元機長の作家が、とっておきの話を披露してくれました。スチュワーデスとの気になる関係、離着陸が難しい空港、UFOに遭遇した体験、ジェットコースターに乗っても全く怖くないこと、さらに健康診断や給料の話まで――本音で語った、楽しいエピソード集。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

興味をもって気軽に読めるけれど、なかなか鋭い指摘がそこここに。

2006/12/24 21:52

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いまや長距離バスか新幹線に乗り込むかのように飛行機を利用しているが、それでもまだわずかに搭乗前の張り詰めた空気にステータスを感じる。シートベルトを締めた時の緊張感、座席の下から持ち上げられるように浮く感触は他の乗り物では体験できない快感である。
 そして、頭では理解していてもとんでもない重量の旅客機が空を自在に飛ぶことに人間としての優越感を感じるときである。
 そんなエアラインのキャプテンが書いた裏話というか、業界秘話というか、一般の乗客では知りえない事に興味が及ばないほうがおかしい。
 スタートはどうしてもスッチーに話題が飛ぶのは致し方ないが、安全問題、環境問題、航空行政、マナー、UFO、人間関係など多岐にわたって引き込まれる話題ばかりである。
 機内誌の軽い読み物的にページをめくることができる内容ではあるが、ふとした箇所にハッと気づかせてくれる文章がある。
 たとえば、厚い雪雲の上空を飛んでいる時に浮かび上がる光に不思議を感じて目を凝らしてみると、夜間スキー場の照明であり、その照明の熱が上昇して雪雲に空間が生じている描写である。
 快楽を求める人間の欲、より長い時間滑っていたいという欲、過疎地における金銭欲が環境を破壊しているという図式である。とうぜん、その上空を飛行している航空機も環境破壊の一翼を担っているのは承知の上だが。
 そして、金を払っているんだから俺は客だ!と息巻く勘違い客をこなしていく客室乗務員の苦労は並大抵ではないだろう。
 24ページにある「優秀なチーフパーサーは評価されない?」という箇所を読んで、これは一般社会にも十分に通用する話だと思う。表面的には何も問題が起きていないから誰にでも易々とこなせると思っている仕事ほど、如才なく周囲に気配りをしている人がいるものである。しかしながら、得てしてそういった人は目立たず、「俺が、俺が」とでしゃばりもしない。
 問題が起きていないから何も起きていないのではなく、問題になるまえに経験と勘とコツで機転を利かせてリスク回避している人がいるという事を見逃しがちだが、機長たちはそれを誰が回避させているかを知っているのには流石と感心する。
 日本の航空行政においては、公務員管制官の甘さ、空港施設体制の甘さを指摘しているが、官僚は民間航空機に乗っている乗客の命は民間が保障するものと考えているのではないか。
 さらさらと読むことのできる文体だったが、なかなかどうして、ポイントにきっちりと着地してくるこの機長の操縦はスグレモノだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

冷静な観察

2009/05/25 09:50

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

機長からアナウンス 内田幹樹(うちだもとき) 新潮文庫

 作者は2年前に66歳で病気のために亡くなっています。この本はよく売れていて、平成16年発行で、30刷まできています。航空業界関係者の読者が多いのでしょう。
 冒頭にある報道機関や警察に関する問題提起はGoodです。わたしも日頃からその偏りに批判的な視点をもっています。また、作者同様に航空機の限界に近い速度よりも安全が優先だと共感します。
 日本には多くの組織がありますが、いずこもムラ社会という閉鎖的な環境の中にあるということには実感があります。人々は、非常に狭い世界の中で、労働に携わっています。職場ごとに管理職とは別の実権を持つ経験年数の長い村長さんがいて、村人たちはその仲間であり手下です。自分たちに都合のいいルールをつくって運用していきます。そして、そこから腐敗が生じてきます。
 作中に作者が書いた小説部分の抜粋がありますが、あいにくわたしは興味が湧かなかったので読み飛ばしました。わたしは航空機の操縦には関心がありません。
 UFOを見たことがあるという記述はGoodでした。
 120ページの記述を読むと飛行機の揺れが怖くなくなります。パイロットが乗客の体調を考えて意図的に飛行機を揺らすことがあるようです。177ページの航空管制官についての問題提起はGoodです。やる気のなさが事件や事故につながっていきます。
 作者の意見や主張は、作者の死去とともに消滅したという印象をもちました。241ページ、クレイジーな乗客、いわゆるモンスターなんとかは、日本固有のものと思っていましたが、いまや世界中のあらゆる業界に存在することが理解できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/30 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/14 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/26 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/06 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/10 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/22 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/25 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/30 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/06 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/16 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/03 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/13 21:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/27 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。