サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全品ポイント最大50倍(0603-30)

修正:コミック ポイント最大50倍(0603-30)

穂花 「籠」

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2010/07/30
  • 販売開始日:2010/07/30
  • 出版社: 主婦の友社
  • ISBN:9784072705803

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

穂花 「籠」

著者 穂花 (著)

元AVオブ・ザ・クイーン、穂花の壮絶な過去が明らかになる自叙伝。死ぬほうが楽。だから、私は生き抜く―

穂花 「籠」

918 (税込)

ポイント :8pt / 紙の本より378おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

籠 BIOGRAPHY OF HONOKA Mama,I LOVE YOU

1,296(税込)

籠 BIOGRAPHY OF HONOKA Mama,I LOVE YOU

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.4MB 無制限
Android EPUB 6.4MB 無制限
Win EPUB 6.4MB 無制限
Mac EPUB 6.4MB 無制限
【先着18,000名様限定】電子書籍全商品対象!30%OFFクーポン

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!30%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
 ※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月25日(日)23:59まで

※クーポンを取得されていても、利用者が18,000名様に達した時点で終了となります。

電子書籍 全商品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年6月3日(土)~2017年6月30日(金)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

目次

  • 【私】 Who I am?
  • 【愛】 My name is Ai......
  • 【誘拐】 Kidnapping
  • 【暗黒】 Darkness
  • 【自立】 Independence
  • 【東京】 to Tokyo
  • 【AV時代】 Adult Video
  • 【女優】 Actress
  • 【家族】 My Family
  • 【籠】 a caged bird

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

籠から飛び立った著者がたどりつく先を見守りたい

2010/12/24 18:08

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 2008年にAV女優を引退した穂花(ほのか)のこれまでの道のりを綴った一冊。

 10年以上も前に永沢光雄のルポルタージュ『AV女優』(1996年)と『おんなのこ―AV女優〈2〉』(1999年)を読んだとき、まさに「不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」としか形容のしようがないほど壮絶な生い立ちを抱えたAV女優たちに愕然とした記憶があります。貧困と自堕落な保護者。おおむねこの二つのキーワードがAV女優たちの業界入りの背景に共通項として存在するのだなと感じたものです。

 そしてまたこの穂花の『籠』を読む限り、10年前も今もAV女優の事情に変化はないようで、そのきわめて激しい人生の道のりには言葉が出ません。
 幼い兄が心臓の病を抱えて生まれたために母が治療費に苦しんだこと。やがて母が遊蕩生活によって借金を膨らませたこと。一家離散によって施設に預けられるも母の恋人に誘拐されて放浪生活を送ったこと。幼児性暴力の被害に遭ったこと。新しい養父に暴力を振るわれたこと。家を出るために寮生活の送れる看護師の学校に通ったこと。リストカット。看護師として上京後、スカウトをきっかけにだまされてAV業界に身を置くことになったこと…。
 
 その人生のひと刻みひと刻みの苛烈さに、頁を繰る手と心に痛みと痺れを感じないではいられません。
 「『私の職業はAV女優になっちゃったんだ』って初めて実感した。」(19頁)
 東京の一人暮らしの部屋に帰ってぽつりとこぼす著者の言葉に胸を衝かれます。

 しかし彼女はAV女優として人気と知名度を上げるにしたがって、ひとつの決断をします。
 自分をだまして業界に引きずり込んだ社長と対峙し、AVを続けるのであれば言われるままの仕事をするのではなく、自分で作品を選ぶことを条件として提示するのです。
 AVをやめた後に普通に就職した元女優たちが激しいストーカー被害に遭うという現実を彼女は目にしています。ですから普通に就職する道が自分にはもはや断たれてしまったことを受け入れ、芸能界で次のステップを踏むためにAVでの自分の仕事を主体的にコントロールしていこうと決断するのです。
 その決断は、私たち“普通に就職した”読者には必ずしも同意しかねるものかもしれません。ですが私は、人が一つの決断をするときの凛とした勇気をそこに見て、心震える思いがしたのもまた事実です。

 AV引退後、まだ道半ばでもがき続けている著者が、いつの日か自他ともに納得できる女優として立つことができれば、そう思いながら閉じた書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/10 02:19

投稿元:ブクログ

AV女優を引退
自叙伝

母の二番目の夫
小指がない借金取り、施設に迎えに来てくれた
デズニーランドに行った
男湯に入ると全員が刺青
母が捜査願いを出したので誘拐されたことになった
誰かわからないが、性的虐待もうけていた
鹿児島から東京へ看護士の学校に通う
芸能事務所の社長にだまされ、AVに出された
弟が最初に見つけた
「お姉ちゃん、隠しといたよ」
現在は女優を目指す
最初の役は死体。おくりびとの死体役。

2013/03/25 16:23

投稿元:ブクログ

施設入所、誘拐生活、性的虐待、家庭内暴力、借金800万、騙されてAVへ…… 家庭不和と親子関係が子に与える影響力の大きさを感じました。「死ぬほうが楽。だから、私は、生き抜く。」 この言葉にこめられた、悲しさと強さ。

2010/04/08 11:01

投稿元:ブクログ

何回でも人生はやり直せるし、それが早いに越したことはない。
愛のない子ども時代は辛かったと思う。でも、、、

2010/05/27 12:59

投稿元:ブクログ

こういったたぐいの本は、虚実が入り混じります。どこまで本当なのか疑わしいですが、まあ壮絶な人生だということはわかります。腑に落ちないことは、重箱をつつくようで申し訳ないですが、看護師時代に借金あるのにペットの犬を飼っていることです。生活に余裕あんじゃんって思いました。まあ今の若い女性は犬を飼うことは多少の生活の犠牲(金銭面)を伴っても普通なんですかね?好意的に解釈すれば本ではその部分について本筋でないので説明不足なだけだともいえますけどね。

2010/10/08 13:36

投稿元:ブクログ

穂花さんの壮絶な自伝です。

“本当は誰にも読んでほしくない”という言葉が印象的でした。
「籠」というタイトルがすごいなとも思いました。

単純に作品を見ていられなくなってしまいそうです。

2011/06/23 14:21

投稿元:ブクログ

性的虐待をした“あの人”との関係がよくわからない。
彼女にとってはこれを世に出すことが重要だったのだろう。

比べてしまうのは違うかもしれないが
ファザーファッカーを読んだ時の衝撃度には届かないかな…

2011/03/17 07:52

投稿元:ブクログ

本の中では、一切明示されていないが、これは「部落」の本だ。誤解しないで欲しい、差別じゃない。中上健次の「岬」を思い出して欲しい、「部落」という場が持っている「負のオーラ」が場に蔓延し、さっきまで普通に喋っていた友人が殺し・殺される。この本でも、穂花は騙し、さらわれ、虐待される。その背後に、計り知れない重苦しい「磁場」の存在を感じる。それでも、読後に残るものは決して不快感や不条理さだけではない。なぜなら、穂花自身が出自や環境のせいにして、自分の人生を決して投げなかったからだ。

2011/09/24 14:24

投稿元:ブクログ

内容紹介
AV女優を引退して1年、女優に転身し「小悪魔セックス」もベストセラーになったあの穂花が、壮絶な生い立ちから悲しすぎる半生を綴った自叙伝が登場。母と娘とは、家族とは…を問う問題作。

「お母さん、SOSを出したのになんで助けてくれなかったの?」。事実は携帯小説よりも奇なり。父親は誰かも分からない、3歳まで施設に入居、5歳で母親の元に来ている借金取りに誘拐される。その誘拐犯は獄死。7歳から15歳までの性的虐待、家庭内暴力の被害…800万円の借金を抱えるハメになり、肉親に言われた言葉は「お前が死ねばいいのに」。精神科の看護師になるも、騙されてAVデビュー。本当はCDデビューのはずだったのに…。そして度重なる彼氏からの暴力、監禁、そして仲間からの拉致…AVオブ・ザ・クイーンを獲り、今、女優&タレントとして新天地で活躍をはじめた穂花の悲しい半生を綴る自叙伝。「トラウマ」とか「不幸」とか、そんな言葉で片付けられない。ましてや「再生」にはまだ、たどりついてもいない。でも、どうしても伝えたいことがあった。お母さん、私のこと、「愛してる」って言ってほしい、と。

2011/11/05 14:24

投稿元:ブクログ

AV女優として頂点にも立った著者のあまりにも衝撃的な半生を綴った一冊。人の弱さ儚さそして強さを思う。著者の今後の活躍を願わんばかり。

2010/06/09 11:07

投稿元:ブクログ

ゴーストライター丸出し妙に名前伏せるし、一番読みたい虐待とかレイプの話がかなりあっさりしているので、正直微妙。「プラトニック・セックス」の焼き直し未満って感じだろうか。

2014/07/03 12:52

投稿元:ブクログ

これは、すさまじい本でした。
著者である穂花さんの人生ももちろん壮絶なのだけど、一七四ページあたりからはじまる、私的な母へのメッセージがすごい。この本に賭けている思いが大きすぎて、なんともいえない気持ちで読んだ。
このひと、こんな人生を歩んでいたんですね。壮絶な人生だったからこそ、誰も信じることができなくなった。誰も信じることができなかったからこそ、籠の中で、飛び立つことがいままでできずにいた。
最後にあった「今でも、私は、お母さんを愛してます」が胸にズシンとくる。穂花さんのいうとおり、本書の続編があるとしたら、穂花さん自身の人生なんでしょう。
表紙に「Mama, I Love you」って書いてあることに、読んだあとに気づいた。

エッセイ ランキング

エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む