サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 39件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2010/07/02
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-105826-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

天秤座 -12星座の恋物語-

著者 角田光代 (著),鏡リュウジ (著)

天秤座は「アンテナくん」と「バランスちゃん」――。人気作家と人気占星術研究家の夢のコラボがついに実現! 女と男それぞれに星が与えた真のメッセージを、せつないラブストーリー...

もっと見る

天秤座 -12星座の恋物語-

税込 165 1pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 153.7KB
Android XMDF 153.7KB
Win XMDF 153.4KB

魚座 -12星座の恋物語-

税込 165 1pt

魚座 -12星座の恋物語-

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 138.2KB
Android XMDF 138.2KB
Win XMDF 137.9KB

水瓶座 -12星座の恋物語-

税込 165 1pt

水瓶座 -12星座の恋物語-

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 143.4KB
Android XMDF 143.4KB
Win XMDF 143.1KB

12星座の恋物語 (新潮文庫)

税込 605 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

天秤座は「アンテナくん」と「バランスちゃん」――。人気作家と人気占星術研究家の夢のコラボがついに実現! 女と男それぞれに星が与えた真のメッセージを、せつないラブストーリー&納得のホロスコープガイドで説く、初めての星座小説集。本当のあなたの姿と、気になる彼の秘めた心に迫ります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

稀代の恋愛小説作家と占星術研究家の第一人者とのコラボレーション。角田さんの「彼と私の物語」24篇と鏡さんの納得のホロスコープガイド。これを読まずして恋愛は語れませんわ。一冊で恋愛小説プラスホロスコープの入門書を読んだ気分にさせられること請け合い。角田さんの見事な24通りの書き分け、プロの作家の真髄を見た気がします。是非あなたも堪能して下さいね。

2009/06/01 21:47

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

初出 雑誌ミスティ。2006年10月新潮社より単行本として発売。

まるで夢のような贅沢な作品集である。
私にとっては記憶に残る一冊となった。

日頃、角田さんのことを“読者を選ばない作家”だと思っている。
彼女の素晴らしい点は肩肘張らずに書けているところ。

本作は占い雑誌に2年間連載された星座小説集。
ちなみに私自身、占星術自体まるっきり信じているわけじゃありません。
不安を抱いて読み始めたのであるが、全くの杞憂に終わった。
良いところだけを信じて楽観的に読むのがベターですわ。
逆に私は凄く達観して本作を読みました。
たとえ、欠点めいた彼(彼女)がいてもそれは占星術の占いのせいなんだと。

何年も作品を上梓出来ない作家、あるいは一年に一冊ぐらい上梓してもそんなに大した出来じゃない作家。
それに比べ年間3~4冊常に単行本を上梓し、アンソロジーにも常に顔を出している角田さん。
今や直木賞作家の称号だけでなく、国民的作家のひとりとして不動の地位を築いているといっても過言ではないのである。
この5~6年、常にコンスタントに高いクオリティの作品を楽しませてもらっている読者にとって、本作のような豪華なプレゼント的作品は本当に読むにあたって感激ひとしおである。

ここからは、本作の内容に簡単に触れますね。

総じて男性は血液型や星座に関しては無頓着である。
私も例外ではない。

だが、本作を読むにあたって自然と自分の星座(水瓶座)から読んでしまうのですね。
やはり信じる信じない別として、気にはなるのですね(笑)
そしてガーンと来たのは、水瓶座の男性編のニックネームである“風変りくん”
当たってるじゃないか、と思わずほくそ笑む私がいる。

そして次に昔付き合ったことのある女性の星座の女性編の部分を読む。
これもなんとなく当たっている。
そして昔の楽しかった想い出に馳せるのである。

もちろん、恋愛現在進行形の人が読めばもっと楽しめますね。

角田さんの恋愛小説は、他の人ほど思いつめてなく切なさ度も軽い。
本作も心地よく読め、本当に楽しいのである。
24人の個性豊かな男女を書き分ける筆力、これは本当に唸らされます。
そして、鏡さんのホロスコープガイド。
結構楽しめますよ。

角田さんの小説自体、ほとんど各編7~8ページで終わり方が本当に読者にその後を委ねるようなものに終始されている。
これが本当に巧みで、その後、鏡さんの解説で小説自体がよりくっきり浮かび上がってくる構造となっているのですね。

そして少し前述したが、各編の冒頭にそれぞれの特徴を示したニックネームが記されているのです。
たとえば牡羊座の彼(男性)は“トップくん”、牡羊座の私(女性)は“まっすぐちゃん”というように。

これがかなり的を射ていてニヤリとされたかたも多いでしょう。

なかには違った彼女(彼)を発見することもあります。
でも、いつのまにか許容している自分がいるんですね。
読後凄く寛大な気持ちになりますわ。
まるで角田さんの人柄が乗り移ったかのようです。

読者によっては若かりし頃の恋愛に想いを馳せるのも良いでしょう。
そして本作は角田さんと鏡さんが読者に贈る最高のビタミン剤なのですね。

角田さんの代表作は一般的には直木賞を受賞された『対岸の彼女』か『八日目の蝉』と言われている。
しかしながら、短編作家としての彼女の実力も折り紙付きであった。
本作はその“短編の名手”としての力量を遺憾なく発揮できていて、上記代表作に勝るとも劣らぬ出来だと思うのである。
大きな要因として鏡さんとの息がピッタリで、お互いがお互いの良いところを引き出し合っている所が自然と読み取れる点である。

それほど本作は心に残り、そしていつまでも手元に置いておきたい作品集だと言える。
たとえばお若い方が、彼氏(彼女)と喧嘩をした時にちょっと読み返して“ああ、こんな人もいるんだな”と胸をなでおろして、そして相手に向かって寛大な気持ちになって欲しいなと切に思ったりするのである。
そして相手の星座の鏡さんの解説を読んで、良いところを伸ばしてやって欲しいな。

なぜなら“恋愛するということは恋愛小説を読んで感動することよりもずっと素敵なことだからである”
“少しでも恋愛の手引となったら”
作者の想いを代弁したつもりである。

本作はワイングラスを片手にじっくりと何度も読みたい作品集である。
待望の文庫化でワンコインで買えます。
あなたも是非手に取ってくださいね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「あの星座のあの行動は、よく、ある、ある」的な楽しさがたくさん

2012/12/03 19:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

先月のこと、角田光代さんのトークショーに出かけ、彼女からかもし出される「私は書くことが大好きです」オーラに強く惹かれました。
それで、なにか彼女の短編を読みたいなぁ~と思って、手に取ったのがこれ、です。
占星術の鏡リュウジさんとのコラボで、面白そう!って思いました。
角田さんが12星座男女それぞれを主人公にしての短編を書き、鏡さんがその星座についてのチェックポイント&正しい見極め方&本当のほんと…などをレクチャー。鏡さんは「占星術やユング派の心理学は、物語がもつ力をとても重視している」といい、そこにもとても興味を持ちました。

短編のタイトルが1つひとつ面白く、例えば、牡羊座の彼は「トップくん」、牡羊座の私は「まっすぐちゃん」、山羊座の私は「ゆっくりさん」水瓶座の私は「パンクちゃん」、魚座の彼は「はちゃめちゃくん」でしたよ。もうこの時点でははぁ~んとくる人も多いでしょ。すべての人はきっちり12星座で性格や行動パターンまで決められている訳ではもちろんないけれど、「あの星座のあの行動は、よく、ある、ある」的な楽しさがたくさん登場して、笑いながら、やっぱりそうか~と思いながら、大いに楽しめました。

占星術や星占いに興味を持った理由を角田さんはこう言ってました。
「自分とはまったく異なる思考回路、まったく違う行動原理を持っている人に対する驚きと好奇心が発端でした」たしかに、同じ状況に面して、なぜこうなる?家族内でもたびたびあることです。占星術を知るほどに、相手への理解も少しは深まりそうですよね。

12星座の物語、24人の主人公が紡ぎ出す恋物語、さて、さて、どれから読みはじめますか?
私?もちろん、水瓶座の私「パンクちゃん」からです。自分でも分からないことだらけですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三つ子の魂百まで?

2009/07/04 13:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

ミスティを毎号買ったりはしていなかったけれど、
この12星座の恋物語シリーズがミスティにあったのは
なんとなく記憶に残っている。

星占いに興味を持ったのはいつからだろう。

親が買ってくれた12星座のことが書かれた本を読んで、
自分の星座を知ったのは、小学校低学年だったか?

『My Birthday』などの少女向け占い雑誌を
立ち読みしたり、買ったりしていたのは、小学校高学年。

リアルではまったく話すこともできなかった相手
(なぜか誕生日だけはしっかり知っている。)と
自分との相性を見て、頭の中で物語を展開させて楽しんでいた。

今でも雑誌の占い特集はなんとなく読んだり買ったりしてしまう。

なんということだ。大人になっても、ちっとも変わらないではないか。

今日の運勢やランキングには興味がないし、
ホロスコープを書いたり人を占ったりという方向にも行かなかったけれど、
なぜかその星座の象徴するものや、
その象徴を投影させた人物の物語はかなり好きである。

星占い等テキストコンテンツサイト『筋トレ』を
毎週のように見に行くし、
『12星座』も読んだし、
『星座でわかる運命事典』も読んだ。

本書には、12星座の性格を投影させた男女24名が登場するお話が
収録されている。

その星座の男性を描こうとするときも、
その男性に関わる女性の視点で見ているので、
24の物語の主人公はすべて女性である。

それぞれに、キャッチーな(?)タイトルがついている。

牡羊座は、トップくん、まっすぐちゃんといったような。

男性の物語の後ろには「~座君の正しい見極め方」、
女性の物語の後ろには「~座女の本当のホント」という
コラムがついている。

見極め方のところには、「金の~」、「銀の~」、「泥の~」とある。

一人の人物には、金も銀も泥も混ざっているので、
その星座のキャラクターが良く出れば金、悪く出れば泥といったところか。

本当のホントのうしろには、「~座女性のテーマ」がある。

占い系のものは、自分のところしか読まないということになりやすい。

ちなみは、「週報」はほとんど自分のところしか読まない。

先入観かもしれないけれど、他の星座の部分よりも
自分の星座部分の方が自分宛のメッセージのように感じるからだ。
(といって、シャッフルされていても気づかないかもしれないが。)

『12星座』や『星座でわかる運命事典』は全部読み、
本書も全部読んでいる。

「占い」よりも「お話」の要素が強いのは、全部読めるし、
また全部読まないと楽しくない。

そんなこといいながら、自分の星座からまず読んでしまったんですけどね。

そして、うーんなんか違うなぁが第一印象だった。

それで、しばらくはこの本を置いてしまったほどなのだ。

細切れ時間に頭から少しずつ読んでいるときも
あまりお話には入っていけず。

これをおもしろいと思えたのは、
通勤時間を使って、続きを一気読みしたときだった。

そして、これは、自分の星座部分を読むよりも、圧倒的に
頭からすべての星座を早く読んでいった方がおもしろいのだと気づいた。

私はこれをミスティではなく、
文庫で読む方が向いていた読者ということになる。

その星座が持つメインキャラクターが
人物として生き生きと息づいていると感じて、
この24のキャラクターが
自分の中や周りの人の中にいると思えた瞬間に、
おかしさがこみあげてきてしまうような感じ。

そのキャラクターの癖がみんなどうしようもなく、
愛らしくて、かわいくて、
その人のその困ったところが、
その癖があるがゆえに大好きと思えてしまうような。

『12星座』は自分の内側に入っていくように読んだが、
『12星座の恋物語』は自分の外へ周りへと
視点を移していくように読んでいった。

本書は、自分の周りでメリーゴーランドをまわしてみるような、
そんな軽やかな読み方がぴったり。

本来、自分には、より象徴的な物語が循環している
『12星座』のような深さが
いちばんしっくりくるのだと思っていた。

人間関係においても、深いのだけがあればよく、
浅いのなら、いっそなくてよい、
オール・オア・ナッシングでよいと思っていた。
(こう書くと、私の星座が分かる人はわかりそうですね。)

でも、いつもいつも重厚な人間関係だけでは疲れるし、
それを失敗したときのダメージは計り知れない。

本だっていつもいつも重いものとか専門の本ばかりでは疲れてしまう。

そこまで降ろさずとも、翼を持つ靴を履くように、
軽やかに走り抜けていくような本や人との関係もまた楽しい。

そんなところに案外おもしろいものが見つかったりなんかして。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

妙に納得してしまう・・・

2016/01/30 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

蠍座の人のストーリーになっていて、妙に共感してしまったり、納得してしまう部分があり、自分を客観視できるような気がします・・・
なかなか面白かったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/15 22:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/20 22:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/01 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/08 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/30 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/07 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/28 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/20 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/26 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/01 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/29 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。