サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

honto「雨季のウキウキセール」:10円均一セール ~6/30

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 講談社
  6. 講談社文庫
  7. NO.6
  8. NO.6〔ナンバーシックス〕 #1

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 229件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/10/01
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-275523-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

NO.6〔ナンバーシックス〕 #1

著者 あさのあつこ (著)

2013年の未来都市《NO.6》。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑は、12歳の誕生日の夜、「ネズミ」と名乗る少年に出会ってか...

もっと見る

NO.6〔ナンバーシックス〕 #1

税込 524 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.3MB
Android EPUB 3.3MB
Win EPUB 3.3MB
Mac EPUB 3.3MB

NO.6 #1 (講談社文庫)

税込 524 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2013年の未来都市《NO.6》。人類の理想を実現した街で、2歳の時から最高ランクのエリートとして育てられた紫苑は、12歳の誕生日の夜、「ネズミ」と名乗る少年に出会ってから運命が急転回。どうしてあの夜、ぼくは窓を開けてしまったんだろう? 飢えることも、嘆くことも、戦いも知らずに済んだのに……。「わたしはNO.6という物語の中で、生きる希望とやらを掴んでいけるのだろうか」――あさのあつこ

著者紹介

あさのあつこ (著)

略歴
1954年岡山県生まれ。青山学院大学文学部卒業。小学校講師ののち、作家デビュー。「バッテリー」で野間児童文芸賞、「バッテリー�」で日本児童文学者協会賞を受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー229件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

あさのあつこの別の顔ー「神話」を予感させる近未来ディストピア小説

2011/07/17 10:43

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あさのあつこ、といえばまず『パッテリー』だろう。
 もともと児童文学として書かれたもので、野間児童文芸賞を受賞しているが、野球少年たちの野球をする姿だけでなく、その人生、その人間を掘り下げて見せて、大人にも訴え大ヒットした。映画化された際には、作家本人もさりげなくチョイ役で出演もしている。これで名を売ったというより、事実上これがデビューといえる。
 その後創作の幅を広げて、違ったジャンルの小説も書き出しているのは知っていた。たとえば幻想、ホラーの要素もつ『ぬばたま』(2008)。だが、旺盛な創作意欲を持つこの作者の場合は、スポーツものからほかに転じたというよりも、もともといろんなジャンルを書ける、かつ書きたい作家とみなすのが正しいのだろう。調べてみれば時代小説なども書いている。
 そのあさのあつこにこんな近未来SFがあったのだった。私が気が付いたのはごく最近だが、なんと第1巻は2003年に既に発行されているではないか。そして書き継がれてきた長編の最終巻が、ごく最近、6月に刊行されたばかりらしい。
 これは面白い。『バッテリー』がそうであったように、一応子供(ヤングアダルト)向けのジャンルとして書かれていても、大人も何の違和感もなく読めて楽しめる小説である。それでいて若者の感覚をしっかり捉えて、みずみずしい感受性でもって訴えかけてくるのが心にくい。
 内容的には、あさのあつこ版『1984』というところか。つまり近未来に設定したディストピア小説。「No.6」というのは一見理想的に管理された未来都市の名前だが、実はそれが…というような展開らしい。ありがちといえばありがちな設定で、この第1巻の段階ではその点でまだとくにユニークなものは感じられないし、あるとしてもかすかなものだ。それでも、持ち前の筆力で読ませる。これだけの思い切った設定で面白く読ませるというのはやはり才能だろう。
 終わりごろになると、テーマ的なものもかなりはっきりしてくる。それもありきたりといえばありきたりなものだが、そこにある倫理的な一途さは『バッテリー』にも当然あったし、この作家のベースを成す部分であるのは間違いない。
 主人公である二人の少年の出会いはまず冒頭にあって、そして終わり近くでも回想として再現される。最初はそれほど特別なものとも意識されなかったこの場面は、ストーリーの展開を経たうえであらためて蘇ると、鮮やかな詩的イメージとして浮かび上がる。そこには何か神話的とすら呼びたいようなある種の象徴性が感じられるのである。やはりこの作家、ただものではない。次巻へのつなぎ方も巧みで、この先が大いに愉しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好きな本です

2020/09/19 11:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たくみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

シオンとネズミの出会いが運命を変える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あさのあつこが書く少年

2018/10/19 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

一見穏やかな少年も心に小さくとも鋭いナイフを持っているのがあさのあつこ作品。美しく危険な少年ならなおのこと。
今後が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いろいろと考えさせられる1冊

2015/10/14 15:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みのむし - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメ化もした作品。児童文学ながら書かれている問題は今の世界情勢とも重なります。えらばれたエリート、富裕層だけが良い暮らしをし、下層の人間は物のように扱われる・・・でもたくましく美しく生きているのはそんな下層の人々なのですね。主人公シオンも初めは心配になるほど生に無頓着だったと思います。
常に理想ばかりみているような・・・だから正反対のネズミと惹かれあうのだと思います。
性別とか育った環境とかいろいろと越え惹かれあう2つの魂の物語にいっきにひきこまれ全巻一気読みです。
ただ、残念なのは幼馴染の女の子の扱いですね・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

未来都市<NO.6>を舞台に語られる、世界の絶望と希望

2007/08/19 09:22

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kou - この投稿者のレビュー一覧を見る

2013年。何もかもが完璧に管理された清潔で平和で穏やかな未来都市<NO.6>でエリートになるべき人間として養育されていた少年・紫苑は、ある日逃亡犯として追われる少年・ネズミを助ける。
そのことでエリートコースから脱落して一般市民としての生活になじんだのも束の間、数年後、変死体を発見したことから今度は犯罪者として追われることに。ネズミに助けられて<NO.6>を脱出した紫苑が目にした世界の姿は――

2巻まで読み終えました。
理想郷として整然と管理された未来都市の欺瞞と、それを知る少年たちの成長と友情の物語になりそうな予感。もとは子ども向けのお話だけあって、文章も平易で読みやすいです。『バッテリー』の方が大人向けな文章に思えました。
こういう、未来の管理社会に対して反旗を翻すお話というのは、いまとなってはありふれていますし、珍しくもないですね。でもこの『NO.6』がおもしろいと思えるのは、設定はありきたりでも、そこで描かれる紫苑とネズミのやり取りや姿が魅力的だから。純粋で好奇心旺盛で、吸収力もあるから成長も速いクセに変なところで抜けている。でもどこまでもまっすぐで、迷わず人の懐に飛び込んでいくような紫苑。反対に警戒心が強く、<NO.6>に対して強い憎悪を燃やし、生きるためには全てを捨てろと言い放ちながらも、過去に見返りなく自分を救ってくれた紫苑を捨てられないネズミ。
この二人の吸引力と、ありきたりとはいえ好きな設定に引きずられて、ぐいぐい読み進めることができました。3巻もこれから読む予定。
願わくば、今後あさのさんがリアルな世界に肉薄してくれますように(この著者なのであまり心配はしていませんが)。
  
蛇足ながら、文庫版にする際、単行本の2冊分をまとめて1冊の文庫にしてもよかったんじゃなかろうか? 文庫としてはかなり薄い。2冊まとめて丁度いいくらいに思えるのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

少年二人

2021/10/05 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

しおんとネズミの二人の少年……。あさのあつこ、と言えば、「バッテリー」、ですが、あの少年二人、豪たちの関係とは、全然違うしおんとネズミ……。どうなるのか、先が読めません!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/23 00:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/04 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/03 10:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/18 23:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/01 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 01:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/13 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/27 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/25 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。