サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2010/07/02
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま新書
  • ISBN:978-4-480-05877-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ハイデガー入門

著者 細川亮一 (著)

二〇世紀哲学における最大の巨人と称されるハイデガー。半世紀以上にわたり、彼の思想はあらゆる知の領域に圧倒的な影響を及ぼしてきた。哲学史上最重要な作品の一つとして、大いなる...

もっと見る

ハイデガー入門

税込 770 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.3MB
Android EPUB 3.3MB
Win EPUB 3.3MB
Mac EPUB 3.3MB

ハイデガー入門 (ちくま新書)

税込 902 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

二〇世紀哲学における最大の巨人と称されるハイデガー。半世紀以上にわたり、彼の思想はあらゆる知の領域に圧倒的な影響を及ぼしてきた。哲学史上最重要な作品の一つとして、大いなる成功と絶望的な無理解の断層に屹立する哲学書『存在と時間』。そこに隠された真の狙いとは何なのか? 本書は難解で知られるハイデガーの思考の核心を読み解き、プラトン、アリストテレス以降の西洋哲学が探求し続けた「存在の問い」に迫る。ハイデガー哲学の魅力の源泉を理解するための一冊。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

毅然たる入門書

2002/04/15 20:44

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 かつて『存在と時間』を読んで、そこに出てくる「根本感情」や「不安」や「良心の声」等々のハイデガー語が煩わしくて仕方なかった。いっそ「X」や「φ」や「#」といった記号で表現してもらえればすっきりするだろうと思った。この書物は何か名状しがたい根源的なものを立ち上げ読者すなわち私を揺り動かす不気味な力を漲らせているのだが、それがどこから来てどこへ導こうとするのか皆目見当がつかなかったのだ。

 古東哲明氏は『ハイデガー=存在神秘の哲学』で、『存在と時間』に出てくる「世界」や「実存」や「死」や「歴史」といったキータームは「形式的指標」であって、直接それを規定したり定義できる概念ではないと指摘している。そう聞くと何となく腑に落ちるところがある。これは誤解かもしれないが、たとえていえば料理のレシピ、あるいはゲームのルール書か裏技暴露本のようなもので、要所要所で参照すれば確実にある行為(もしくは実存変容)を遂行できる手引書として『存在と時間』を読むことができるということだ。

 このことと関係するのかしないのか私には判然としないのだが、細川氏は本書で、ハイデガーの「存在」テーゼ(存在は「存在者がそのつどすでにそれへ向けて理解されているそれ(woraufhin)である」)に出てくる Woraufhin という言葉に注目している。

 《Woraufhin という語は英訳では(略)「それを基礎とするそれ」と訳されている。そして日本語でも「基盤」などの訳が一般的に使われている。しかしこれは基本的な誤訳・誤解である。Woraufhin という言葉は、auf...hin という前置詞句と関係詞 wo からつくられ、Woraufhin という語は、auf eywas hin の etwas を指す。auf...hin は「……へ向けて」という方向を原義としており、評価や行為を導く視点を言い表す。》(64頁)

 細川氏は本書で一貫して Woraufhin を「それへ向けてのそれ」と理解し、これを『存在と時間』における最も基本的で重要な術語の一つであると指摘している。そして Woraufhin からプラトンのイデア論へ、そしてアリストテレス存在論の核心的なテーゼ「存在者は多様に語られる、しかし一へ向けて(プロス・ヘン)」に出てくるプロス・ヘン(一へ向けて)へと遡及していくのである。

 本書の魅力は「はじめに」で予告されている三つのプログラム──すなわち『存在の時間』をプラトンとアリストテレスの存在への問いを新たに立てる試みとして解釈すること、ウィトゲンシュタインとハイデガーとの出会いに形而上学の視点から光をあてること、そしてハイデガーが哲学者としてナチズムのうちに見たものを神の死と形而上学から考察すること──が相互の有機的連関のもとに整然と叙述され、さらに「ハイデガーを通して」そして「ハイデガーに抗して」のハイデガーからの解放への道(たとえばアリストテレス『デ・アニマ』の思想史への着目や新たなニーチェ像の提示の可能性)が展望されることにある。つまり、自らが不要とされる領域まで読者を案内する潔さにある。

 そして本書の真骨頂は、ハイデガーはドイツ語での表現を大切に考える哲学者だから『存在と時間』を翻訳で読んでわかった気にならないでぜひドイツ語で読んでほしいと読者に要請し、子供が知らない漢字を読み飛ばして平仮名だけを読むような読み方や「おとぎ話(作り話)」による理解を峻拒する著者の態度にある。その意味で、本書は毅然たる入門書なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/12 11:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/13 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/28 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/03 06:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/21 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/21 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/12 10:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/04 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/21 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/25 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/07 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/29 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/27 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/11 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。