サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/28

修正:新規会員30%OFFクーポン(~12/31)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 205件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2010/07/01
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • ISBN:978-4-04-183514-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ツ、イ、ラ、ク

著者 著者:姫野カオルコ

地方。小さな街。閉鎖的なあの空気。渡り廊下。放課後。痛いほどリアルに甦るまっしぐらな日々--。給湯室。会議。パーテーション。異動。消し去れない痛みを胸に隠す大人たちへ贈る...

もっと見る

ツ、イ、ラ、ク

税込 770 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.0MB
Android EPUB 6.0MB
Win EPUB 6.0MB
Mac EPUB 6.0MB

ツ、イ、ラ、ク (角川文庫)

税込 776 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

地方。小さな街。閉鎖的なあの空気。渡り廊下。放課後。痛いほどリアルに甦るまっしぐらな日々--。給湯室。会議。パーテーション。異動。消し去れない痛みを胸に隠す大人たちへ贈る、かつてなかったピュアロマン。恋とは、「墜ちる」もの。

掲載中の特集

恋愛小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー205件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

読み終えてみないと真価はわからない

2008/11/01 10:21

8人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ツ、イ、ラ、ク 姫野カオルコ 角川文庫

 読み始めました。しばらくして、やめておけばよかったと後悔しました。いじめのシーンから始まっています。こういう記述内容が、わたしは嫌いです。2週間かけて読み終えました。読み終えてみれば心に残るいい作品でした。中学校の教職員が女生徒に手を出すことがあるのだろうか。本当なら女性であることはとても悲しい。
 感じたことを順番に記してみます。
 冒頭に出てくる「賭ける」の定義がいい。準子(じゅんこ)の視線による記述から急に統子の視線に変化する記述は不思議です。自叙伝なのだろうか。説明がわずらわしい。小学校2年生の設定は苦しい。
 いつまでこの退屈さが続くのだろうか。序盤を過ぎて文章がリズムにのってきました。やはり自叙伝? 登場する町名等の匿名化が単純です。作者は何歳のときにこの作品を書いたのだろうか。(45歳前のようです。)作者の観察眼がおもしろい。「アイコ16歳」のようでもある。「ライ麦畑でつかまえて」のようでもある。長文は作者の経験が過去から現在へと説明されているだけにすぎない。詩の挿入はわずらわしい。複雑でめんどうくさい記述は女性特有のものだろうか? 実父母を亡くした養女の心のゆがみ。そこから派生する恋愛関係の崩れは、作者の自己陶酔の世界です。悲しみと哀愁がただよう。人間達は、一瞬(ひととき)を造り続けている。章「放課後」は秀逸です。記述は幻想的です。人は排斥のための行為をするが、人の心はそれほど単純ではありません。文中に出てくる洋風話や数学の項目を理解することが難しい。中盤から後半にかけて、盛り上がって収まっていく終息感がとてもいい。上品で落ち着いている。後半はゆるやかでたおやかな日本映画の画像を見ているようでした。
 「ツイラク」タイトルと中身が合わない。読み終えてしばらくしてようやく気づいた。「ツイラク」ではなく「ツ、イ、ラ、ク」というタイトルだった。読点の意味はなんだろう。
 女子中学生という苦しかった設定が後半に報われる。女性の憎しみだろうか。
 経過した年数の中途半端さがいい。ラストは泣けてくる。本は最後まで読み終えてみないとその真価がわからない。主人公のふたりはまた荒れた生活に向かっていくのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ぐっとくる

2017/03/14 12:38

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プロビデンス - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物が小学生から始まる物語であるが、実は大人向け、いや、中年以上向けの小説なのかもしれない。歳取ってしまったから幼かった時の出来事の意味がわかる、のか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋愛なるものの小説は凄い!

2014/09/28 09:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者曰く、「ツ、イ、ラ、ク」は「恋愛小説というより、恋愛なるものの小説」
と紹介するのがもっともすわりがいいと。
この長編を、最初は面白おかしく、そして途中からは結構、真剣に読み
ながら、何とも言えぬ懐かしさと、淡い感情、脂ぎった想い、狭い世界で
の息苦しさ、土の匂い、周囲の眼をとてつもなく大きく感じたこと等々を
思い出した。

ただ、著者が言うように、ただの恋愛小説ではない。
恋愛なるものの小説であるから、おそらくはそれぞれの個人的な
体験や思考に対して、かなりストレートに刺さってくる。
余りにも、強烈である直撃を受けてしまって、どこかにしまいこんだ
筈の感情が、戻ってくるのだ。
だから、せつないし、だから笑えてくる。
でも決してふざけたりしない。寧ろかなり真面目に感じているのである。

かなり、屈折した表現にも関心させられるが、このタイトルのつけかたでも
分かるように、著者は我が国でも希少なセンスを持った作家である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

何十年も昔の中学時代を思い出してしまった

2019/01/24 22:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

河村と隼子は中学教師と生徒の間柄であった時に肉体関係があった。そのことは、当時うわさにはなっていたが結局うやむやのまま何もなかったとして結論付けられたのだが、河村は学校を去り教師もやめた。それから20年後に二人は再会することになる。二人を好奇のめで見ていた中学生たちも今は30歳代半ばの大人、あのことが本当のことであったのか、ただのうわさであったのか、どうでもよくなっている。あのころ、隼子のことが好きだった三ツ矢も含めて。再会した二人がこれからどうなっていくのだろうか、私もどうでもいいと二人を突き放してみたいが、今度こそうまくいってほしいとも思っている。そういえば、今から思えば、大人びた近寄りがたい女の子っていたように思う。名前は思い出せないが

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何もここまでオンナを否定しなくても。

2017/12/27 22:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

もともと気になっていた作家さんです。
「昭和の犬」を読んで、おかわりを探していたところ出会いました。
率直にいって自分の趣味に合わない部分がありましたが、
フラットに見れば衝撃のある作品であることは間違いないです。

さて。
表紙と裏表紙の紹介文は何とかならなかったのでしょうか。
読後の印象と焦点が合う場所がずれています。
濃厚恋愛系はどちらかというと苦手なのですが、読んでみたら
直球系の恋愛小説と感じました。自分の感性が、
実はずれているんじゃないかと冷や冷やしております。

ただし、この本は恋愛要素のほかにもっと目をみはる
側面があります。オンナというものに対するコンプレックスが
強烈すぎて圧倒されます。
実はそこが読み続けられる原動力となりました。

言葉の選び方ですが、わたしは男子・女子という言い方を
あまりしないようにしています。
それこそ中学生の頃まではなんとも思っていませんでしたが、
自分の年齢が上がるにつれ、子どもっぽさと、相手に対する
優越感みたいな心持ちが透ける気がするようになりました。

言葉そのものの問題ではなく、使う自分の年齢との
マッチングの問題です。

まして、オトコ・オンナみたいな訳知り顔の表現は
もっと抵抗があります。
論外ですが、会社のオンナノコなんていうオヤジどもは、
聞いているだけでおえーっとなります
(本当にいう人がいるんですよね、いまだに)。

でも、でも、この物語は「女子」「オンナ」と書くしかないような、
生々しい気分になりました。不本意ではありますが。

小学二年生の女子たちの集まりから物語が始まります。
グループ化、和を乱す者への仕打ち、呼び出し、軋轢、力関係。
読んでいて気分が悪いです。
女子に対する幻想を、力ずくで剥ぎとろうとするかのようです。

小学校高学年・中学校と話が進んでいきます。
女子は男子の幼稚さに辟易し、それをいなす術を身につけて
いくのが分かります。
そして自分があしらわれているバカ男子だったことを思い出して、
またしてもずずーんと気持ちが滅入ってきます。

そんな中でも救いのある登場人物がいて、読み進める
こちらも何とか泥沼を這いながらついてくのですが……
予想もつかない事件が起こります。

> 恋とは、「墜ちる」もの

どうにも受け入れられません。
というか、理解できません。
そんな心理状態になるにも関わらず、後半は一気読みでした。
謎です。

あの頃、自分はあの立ち位置だったよなと妙にリアルに
思い出させる小説です。
大恋愛した人には、夢が思い出せていいかもしれません。
黒歴史の人にはどうかな……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/21 16:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/18 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/26 14:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/26 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/06 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/28 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/23 09:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/11 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/19 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/08 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。