サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

警官の血(上)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2010/07/02
  • 販売終了日:2011/06/02
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-455505-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

警官の血(上)

著者 佐々木譲 (著)

汝の父を敬え――制服の誇り、悲劇の殉職。警察官三代を描く、警察小説の最高峰、上巻。

もっと見る

警官の血(上)

税込 648 6pt
販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 496.2KB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

佐々木譲 (著)

略歴
1950年北海道生まれ。「エトロフ発緊急電」で日本推理作家協会賞、山本周五郎賞、日本冒険小説協会大賞、「武揚伝」で新田次郎賞を受賞。ほかの著書に「警察庁から来た男」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

正直、今回の直木賞の本命だったと思っていたんです。無論、桜庭に関しては当たりましたけど、佐々木もあっていいだろうって。もし問題があるとすれば犯人が当たり前すぎること。でも読み応えあります

2008/02/14 20:26

8人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的には、今回の直木賞候補の二番手だと思っていたんです。ま、筆頭は桜庭一樹で、これについては予想があたりました。『私の男』を読んでもいないのに、受賞予想をした、っていうのは乱暴、っちゃあ乱暴なんですが、これはなにより桜庭にある勢いを評価したものでした。

で、『警官の血』、私が何処を評価したか、です。まず、長い。読書人としては、この長さが堪らない。それと、長さを感じさせない文章。これは一概に長所とは言えませんが、読みやすいっていうのは悪くない。私はこの上下本を二日で読み終わりましたが、これが高村薫作品だったら、多分倍以上、それどころか一ヶ月はかかったと思います。

にも係わらず、重厚な印象です。これは高村にもいえますが時代の描き方が丁寧で、詳細まで書かれているわけでもないのにそれがよく伝わって来ます。あからさまに書かれてはいなくても、時代を熟知している、調べこんでいるからできることでしょう。佐々木の年齢が大きく影響していることは言うまでもありません。

それと、三代にわたる話のバランスがよくて、何部の出来がいい、ということもありません。時代と人をともに描いていく、という点では桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』も、そういう世代を越えて存在する家、というか一族の歴史を魅力的に描いていましたが、年代記の壺をおさえた作品だといえるでしょう。

ただし、弱い点がないわけではありません。まず、ユーモアがない。話の運びにゆとりがない。いえ雄大ではあります。でも、これにユーモアのセンスが少しでもあったら、もっと大きな話になったはずです。結果論になりますが、最近の桜庭の小説が持つスケールの大きさには及びません。

それと推理小説であろうとしたことの限界が感じられること。桜庭の小説は、出版社の戦略的な考えで、意図的にミステリに分類されていますが、果たしてご当人にその意識がどれだけあることか。また、彼女の話の受け手が、ミステリとして読んでいるか。少なくとも女性読者は一般小説として読んでいるし、だから楽しいんだと思います。それが強みです。

だって、『警官の血』を最後まで読んでみてください。そりゃないだろ、っていう犯人です。それだけはやめてよね、っていう最悪のものです。少なくとも、ミステリとしてルールを守っているからいい、っていうもんじゃあない。やっぱりサプライズが必要なんで、それもいい意味での驚きが求められるはず。こんな安直な解決?っていうのはサプライズではありません。

でも、面白い。何故か、それはこの小説をミステリとして読まないからです。年代記として、時代小説として読む。以前、山田風太郎が「明治時代も時代小説として扱えるときが来た」みたいなことを言ってたくさんの明治ものの傑作を書きましたが、もしかすると戦後、昭和30年代くらいまでも時代小説扱いできるんじゃないか、そんな気がします。

年代記特有の重み、それが行き着くと高村薫の『新リア王』や加賀乙彦の『岐路』などに繋がっていくし、変化をつければ桜庭の『赤朽葉』になる。私はどの話も好きですが、あえて順番をつければ、トップが『岐路』、次が『新リア王』と『赤朽葉』が並んで、『警官の血』が最後になるわけですが、高いレベルで無理矢理つけたランキング、気にせず読んでみてください。

ああ、昭和30年て、平成元年の頃ってこういう時代だったんだというのがよく分ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この作品には巨悪は登場しない。防衛省事務次官の犯罪。あんな巨悪がまだいたのかとあきれ返る。ささやかな正義の積み重ねをしている人たちこそいい面の皮である。でも盗人にも三分の理、彼は彼なりの「正義」を追い求めていたんだろうね。「自衛官の血」という小説があったとしても、とてもとてもこの現実の迫力にはかなわないでしょう。

2007/12/05 23:47

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品を読み終えた先日、銀杏の黄色と桜葉の柿色で染め上がった上野の森から落ち葉を踏んで谷中の墓地を抜け、芋坂を下り根岸界隈まで歩いてみた。中学時代は日暮里駅から西に下った商店街の突き当りの木賃アパートに暮らしていたからこのあたりは懐かしいところだ。芋坂跨線橋から鉄道を見下ろすと、ここでよく煙にむせびながら蒸気機関車を眺めたことを思い出した。『警官の血』はまさにこの周辺が舞台である。私と同世代の民雄少年もここから見える鉄道が好きだったとあった。そしてプロローグ。昭和32年、谷中、山王寺五重塔の炎上である。もしかしたらあとからつくられた記憶かもしれないのだが、私はアパートの窓からたしかに燃えあがったそれを目撃していた。浮浪者、戦災孤児、傷痍軍人、救世軍、売春婦、愚連隊、ヒロポン。喧騒と猥雑がはじけていた上野。中学生の私だったがその当時の下町の名残りは体感していた。この作品、冒頭から、庶民の生活の場から見たこの上野という特殊空間のディテールには圧倒される迫力がある。

謎解きの面白さ、組織腐敗の告発、一匹狼的刑事の活躍などを追求した警察小説には数々の傑作があるが、そのいずれとも異なる。警察官の使命とは何か、正義の追及とはなにか、を問いつつ、戦後から現代までその時代とともに生きた警察官の一族、親と子と孫の人間を描いた大河小説である。

「帝銀事件が世を騒がせた昭和23年。希望に満ちた安城清二の警察官人生が始まった。配属は上野警察署。」
私的な思い入れがあるためだけではないだろう。「第一部・清二」ではもっぱら地味な警察官の日常であるが、緊張感溢れる伏線と、濃密な時代背景が描き出されている。とにかく凄い小説が現れたものだ。

ところで戦後になって警察は戦前の中央集権的国家警察体制を抜本改革、いわゆる「民主警察」が誕生した。タイトルである「警官の血」にちなめば、日本警察史上における新しい「種」の創生といえよう。「新種」警察官の使命は個人の生命、身体及び財産の保護および犯罪の予防、鎮圧及び捜査、被疑者の逮捕、交通の取締その他公共の安全と秩序の維持とされた。昭和31年にだれもが口ずさんだ、曽根史郎の歌う「若いお巡りさん」がこれを象徴していた。

安城清二の夢はこの新しい使命をもって街頭に立つ制服警官だった。夢は実現し、受け持ち区域で住人や商人に慕われ、巡回すれば会釈してくれる街の「お巡りさん」となった。駐在所システムによって市民と協力関係を密接にし、生活の安全を守る、市民の生活相談にのる、場合によっては民事上の法律関係へも立ち入り騒動を収める、欲もなくただちっぽけな正義感を積み重ねる彼。民主警察の範たる親しまれる警察官の姿が詳述される。そしてなにかよからぬことが起こるに違いないと読者が不安になる時に………。
「ある夜、谷中の天王寺駐在所長だった清二は跨線橋から転落死する。」
殉死扱いにもならない惨めな死であった。

第一部の清二はいわば誕生した新種警察官の純正種であったと言えよう。純正種であったがための悲劇を暗示しつつ第一部は終結する。
ここから息子、孫へと引き継がれるものはふたつあると思われる。ひとつは「清二の死の謎」であり、もうひとつは「清二の警官としての血(純正種としての素朴な使命感)である。

ところで警察の使命にはもうひとつ、これとは全く異質のものがあると私は思うのだ。それは現体制に敵対する思想や行動とそのための諸組織=結社に対して、これを権力的に排除する役割である。
さらに警察には使命とは別に組織上の抜き差しならぬいくつかの問題点を指摘できる。今でもそうだ。業者(犯罪者あるいは内通者、情報提供者)との癒着。特殊官僚機構ゆえの歪んだ忠誠心。内部不祥事の隠蔽体質などである。

第二部は「父の志を胸に息子民雄も警察官の道を選ぶ。だが、命じられたのは北大過激派への潜入捜査だった。ブント、赤軍派、佐藤首相の訪米阻止、そして大菩薩峠事件………。任務を果たした民雄は念願の制服警官となる。勤務は父と同じ谷中の天王寺駐在所」そして民雄が父の死の謎に肉薄するが………。
第三部「そして三代目(民雄の息子)警視庁警察官、和也もまた特命を受ける、疑惑の豪腕刑事加賀谷との緊迫した捜査、追い込み、取引、裏切りと摘発。半世紀を経て和也がたどりついた祖父と父の、死の真実とは………」さて和也はこれからどのような警察官人生を送るのだろうか。いやそこは暗示されている。

読者は「清二の死の謎」を追うと同時に清二に流れていた「警官の血」がそのままに引き継がれるのではないこと、それの変質を読み取るべきであろう。
第一部はいわば種の起源である。その種は第二部・その息子の民雄、第三部・民雄の息子和也と流れていくが、警察組織のもつ異質の使命と特殊な体質は「警官の血」の純粋さに混じりを加え、正そうとすれば人格が破壊する、そして変質させていくのだ。新たな悲劇が始まる。じわじわとすすむこのプロセスは怖い。ドラマチックだ。ただしその変質あるいは変異のすべてが第一部の起源にもともと内在しているものだとも読みとれる。練りに練った構成である。

これは社会小説の傑作として戦後の政治と人間を描いた高村薫の『新リア王』にひけをとらない重厚な含意をもつ文芸大作である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/08 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/19 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/30 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/28 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/10 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/16 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/23 10:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/23 20:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/11 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/24 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/07 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/09 19:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/18 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファンタジー ランキング

ファンタジーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。