サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

SS 双葉社 ポイント50倍CP(~3/31)

三低主義

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2011/07/29
  • 販売開始日:2011/07/29
  • 出版社: NTT出版
  • ISBN:9784757142398

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

三低主義

著者 隈研吾 (著),三浦展 (著)

世界の第一線に立つ建築家と消費社会研究の第一人者による対談。「三低」(低価格・低姿勢・低依存)という視点から都市と消費社会の現在を分析し、新しい都市、建築、住宅のありかた...

もっと見る

三低主義

1,296(税込)

ポイント :12pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

三低主義

1,620(税込)

三低主義

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS .book 1.9MB 無制限
Android .book 1.9MB 無制限
Win .book 1.9MB 無制限
電子全品対象!20%OFFクーポン!

こちらは「電子書籍ストア全商品対象!20%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月29日(水)23:59

電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界の第一線に立つ建築家と消費社会研究の第一人者による対談。「三低」(低価格・低姿勢・低依存)という視点から都市と消費社会の現在を分析し、新しい都市、建築、住宅のありかたと日本社会のあるべき姿を考える。

著者紹介

隈研吾 (著)

略歴
1954年横浜生まれ。隈研吾建築都市設計事務所設立。建築作品にサントリー美術館、根津美術館など。

三浦展 (著)

略歴
1958年新潟県生まれ。カルチャースタディーズ研究所主宰。消費社会研究家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/04/24 22:49

投稿元:ブクログ

R不動産
相続税 死亡から10ヶ月以内に収める
スターハウス型公団住宅
永井荷風 ひとり暮らしの贅沢

2010/10/27 00:20

投稿元:ブクログ

★意外な勉強家★「ファスト風土化する日本」を読んだときは、なんていんちきな社会学風評論家なのだと三浦展に失望したが、これほどまでに都市計画や建築を勉強しているとは知らなかった。素直に恐れ入った。建築が「高圧的、高層、高尚」の三高から、「低層、低姿勢、低コスト」の三低、さらには新築ではなくリノベーションに移っているというのが趣旨。隈研吾の後書きにもあるように、軽やかな建築もすぐに高尚になってしまうが、隈はそれをずっと意識しているという。ニューアーバニズム、DPZのシーサイド、ピーター・カルソープ、宮脇檀の日野の住宅地などは後で調べよう。
 三浦の言うナチュラル・レトロ志向の「シンプル族」がリノベや賃貸を好み、新築を増やさなくても優良な既存住宅を工夫すれば住宅政策はまかなえる、というのは「所有」に抵抗感がある自分にもフィットはする。賃貸のふらふらした軽やかさは好きだ。大学を郊外に作らず商店街の八百屋の二階を改装して教室としたり、古い住宅を老人施設にするのもとても面白い。だが、本書でも触れているがこれは独身者のライフスタイル。子供が生まれた後の展開が見えないのが残念。後は一気に老人施設にまで議論が飛んでしまう。
 本書で隈は自らかかわった東雲の公団プロジェクトを評価している。たまたま先日初めて通りかかった。用途混在など公団としては今までにない工夫はあるのかもしれないが、正直なところとても住めないと思った。10数階のブロックの間を通路が曲がり、子供向けの塾や雑貨店が並ぶ。周囲の超高層マンションと、敷地の角にはりつくイオンにより、圧迫感と閉鎖感がさらに高まる。ついでに言えばここは都心といはいえず、場末の工場地帯の雰囲気が漂う。それは豊洲も同じだが。
 隈が引用し賛同する上野千鶴子の発言がすばらしい。「建築家は新しいプランとかnLDKとか格好いいことをいうけれど、若くて元気なやつはどんなプランでも住みこなせるんだから、そんなものを実験とか社会への新しい提案なんて言ってほしくない」

2011/03/10 16:14

投稿元:ブクログ

「高圧的・高層・高尚」から「低層・低姿勢・低炭素」の三低主義へ。

モール化する世界、鉄とコンクリートに囲まれた世界、息苦しいよ。
そこで朝から晩まで働きづめなんて。こんなにまわりに素敵な都市が広がってるのに!

都市のイオン化。同じような街が再生産され続けている。

2010/03/23 23:56

投稿元:ブクログ

三高=高価格・高姿勢・高依存
三低=低価格・低姿勢・低依存

 同じような感覚のものを言えといわれれば、森ガールとか。
建物を建築するということは三高そのもので、三高意外の部分での建築なんて定義することができない。
 そんな建築業界で、三低主義を掲げる隈研吾は自分の首を締めている。でも、そんな自分殺しの考え方が、本当に殺されるまでの過渡期にはもてはやされる。
 ここで改めて「主義」とつけられても、やっぱりそれは三高の次、2番目の選択になるのであり「三高でなくとも別に構わないかも」という気づきが芽生え始めているということでもある。
 最近の建築雑誌にリノベーションの物件がよく出てきているのは「三低主義」の賜物か、それとも不況に喘ぐ建築界の苦しいあがきの賜物か。
はたしてどれだけの人が三低に価値を見いだせるのだろうか。新築じゃなくても、別に中古の平屋の借家でも構わない。そう思える人は確かに増えているのかもしれない。けれども、その代わりに通勤に便利とか、部屋が広いとかトレードオフした恩恵を秤にかけている部分がある。
 価値観の多様化、そう言ったらそれまでだけど。

2010/08/31 00:18

投稿元:ブクログ

たぶん、一部の人には面白く読める本だと思います。ただ、隈研吾と三浦展の知識が土台になった議論なので、多少建築や都市計画の専門的な情報がないと読みづらいかもしれません。

少し残念だったのは、ほとんど議論として戦う部分のない対談であること。「そうだよねー」という論調の繰り返しによって、あたかもこの本で展開している「三低主義」が社会の共通理解のように感じてしまうけれど、どうもしっくりこない。自分の個人的体験と比べてしっくりこないだけかもしれませんが。

なので、それぞれの個人的な体験に根ざしたつぶやき程度に受け止めました。ただし、建築と旅の補完性の議論や、居住と福祉の関係、そして私も実践した「コーポラティブ賃貸」に関する意見のやり取りなど、つぶやきとしてのレベルは非常に高いので、寝る前とかにゆるゆると読み進めるとちょうど良い感じですよ。

2010/06/23 22:57

投稿元:ブクログ

三低とは「低リスク・低依存・低姿勢」のこと.
「高学歴・高所得・高身長」の三高に対抗.

建築における三高は「高圧的・高層・高尚」.
これまでの右肩上がり社会の典型モデル.
「進歩の終わり」,つまり低成長時代には,低層・低姿勢(かわいい)・低炭素(あるいは低コスト)へ移行.

建築物や都市計画は「公共」である.
それがゆえに,もっと広く語られてもいいのではないか.

2010/02/10 21:26

投稿元:ブクログ

先読みの賢者による次の時代のマニフェスト
のようでいてそうではない

提言でなく提案をしろと何処かに書いてあったが、男根的なアフォリズムは無効なのだろうか?

2010/11/03 23:24

投稿元:ブクログ

こういう考え方は興味深い。日本国内はいけるかもしれない。海外はどうだろう?比喩的なレッテルを貼ってそれで会話が続くのでちょっと私には難解なところあり。悪い意味で気になるところも多いけれど、妄想を膨らますきっかけになるなあと。

2011/09/20 23:43

投稿元:ブクログ

隈さんが吉田健一の近代観を擦り込まれされていたとは! どおりでコンクリートと鉄を使ったモダニズムが嫌いなわけだ。

2016/02/11 12:22

投稿元:ブクログ

隈研吾の本を読むのは『日本人はどう住まうべきか?』から2冊目。
五輪で使う国立競技場のデザインをすることに決まって、
個人的にはとても嬉しい!

マーケティングをやってる三浦氏の言葉のセンスは、
いつもなんか微妙なんだけど、言いたいことは分かる。
でも自説(シンプル族)を前提に話を進められると、
まだ共有段階でない言葉は、自分に都合よく使われてるようで、
説明に説得力を感じないことも。

人間は共有すると社会性が生まれ、所有すると猛獣化する、というのは納得。
今あるものを壊して新しく作るのではなく、
生かして直してだましだまし使っていくということがとても重要だと思う。
作れないくせに、簡単に壊すなよなー!
技術を残すこと、工夫すること、発想で使い方を見直すこと、
作った後の変化を前提にすること。
視線を経済のことばかりに集中すると、
人間の持つ力がどんどん失われていくと思う。
二人が語るような方向で建物や街が作られていったら、
もっと風通しのいい味わいのある場所が増えていくのに。