サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

★OP 最大40%OFFクーポン (クーポン祭り)

修正:新規会員30%OFFクーポン(0601-30)

小銭をかぞえる(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 71件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/04/22
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-781501-1
一般書

電子書籍

小銭をかぞえる

著者 西村賢太 (著)

女にもてない「私」がようやく女とめぐりあい、相思相愛になった。しかし、「私」の生来の暴言、暴力によって、女との同棲生活は甘いどころか、どんどん緊張をはらんだものになってい...

もっと見る

小銭をかぞえる

税込 510 4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 3.8MB 無制限
Android EPUB 3.8MB 無制限
Win EPUB 3.8MB 無制限
Mac EPUB 3.8MB 無制限

小銭をかぞえる (文春文庫)

税込 514 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女にもてない「私」がようやく女とめぐりあい、相思相愛になった。しかし、「私」の生来の暴言、暴力によって、女との同棲生活は甘いどころか、どんどん緊張をはらんだものになっていく。金策に駆け回り、疎遠な友をたずね、断られれば激昂し…金をめぐる女との掛け合いが絶妙な表題作に、ぬいぐるみを溺愛する女との関係を描く「焼却炉行き赤ん坊」を併録。爆笑を誘うほどに悲惨な、二つのよるべない魂の彷徨。新しい私小説がここから始まる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー71件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

史上最低最悪の主人公

2019/01/27 20:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

透明感のあり、幼いころの自分を思い出してしまい涙目になってしまった「銀の匙」の後に、この史上最低最悪の主人公が登場する「焼却炉行き赤ん坊」「小銭をかぞえる」を読んでしまった。この小説を私小説だとすれば、作者の西村氏もとんでもなく腹が黒く、不真面目で、自分勝手で、自己中心的な嫌な人なのかと思える。いや、実際の作者はいい人かも知れないが、同棲している女性やかつての友人に対して吐いた言葉などはまともな性格をしていれば絶対におもいつかない台詞に思える。彼はきっと、嫌な人に違いない。舞姫の「豊太郎」とこの主人公の男は最低男の双璧だろうが、底辺の中の底辺という意味での最底男については、この男で決まりだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

へぇ。いいね。

2016/07/04 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

噂で聞いて、買うほどないかなと思ってたけど、先日購入して読んでみた。
面白いじゃないか。最低だけど、買ってよかったよ。
ここまで相手の気持ちを推量しないで言葉を吐くことが出来る人って珍しい。
いや、現実にいるかもしれないけど、その加減がひどくて笑えるのね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/05/24 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/13 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/10 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/15 01:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/30 13:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/12 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/06 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/27 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/05 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/21 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/16 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/02 22:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

企業・経済小説 ランキング

企業・経済小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。