サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/10/14
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784101247229

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

凶刃―用心棒日月抄

著者 藤沢周平 (著)

好漢青江又八郎も四十半ば、若かりし用心棒稼業の日々は今は遠い……。国許での平穏な日常を破ったのは、にわかの江戸出府下命だった。姿なき敵との凄絶な対決をむかえる用心棒シリー...

もっと見る

凶刃―用心棒日月抄―

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 590.2KB
Android XMDF 590.2KB
Win XMDF 589.9KB

凶刃 用心棒日月抄 改版 (新潮文庫)

税込 781 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

好漢青江又八郎も四十半ば、若かりし用心棒稼業の日々は今は遠い……。国許での平穏な日常を破ったのは、にわかの江戸出府下命だった。姿なき敵との凄絶な対決をむかえる用心棒シリーズ最終作。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

暗躍する幕府隠密と第二嗅足組を操る藩内の黒幕、江戸嗅足組の三つ巴の闘い。藩存亡の秘密が十六年ぶりに江戸を訪れた青江又八郎を襲う。過去との別れが寂寥感を誘う深遠なミステリー時代小説

2010/08/02 18:55

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

【あらすじ】
前藩主の兄寿庵保方の事件から十六年後、三人の子に恵まれ近習頭取となった又八郎は、半年間江戸へ出府することになった。
その又八郎は、嗅足組の頭領榊原から、藩隠密嗅足組の解散を江戸嗅足組の者に伝える密命を帯びていた。
ところが又八郎の出府前に榊原は殺され、卒の者で構成される第二の嗅足組の名簿が消え、又八郎も何ものかに襲われた。
犯人とその狙いが不明のまま十六年ぶりに江戸を訪れた又八郎を待っていたのは、藩存亡に関わる秘密と、幕府隠密、第二嗅足組、江戸嗅足組の三つ巴の闘いだった。

【書評】
用心棒日月抄シリーズ第四弾。
第三弾「刺客―用心棒日月抄」から十六年、四十半ばの青江又八郎は近習頭取となり、子が三人。前にせり出した腹は月日の流れを感じさせるものの、用心棒日月抄の世界に変わりない。
しかし前三作とは色合いがまったく異なる作品となっている。

というのも、これまではユーモアによる明るさと、用心棒や藩命の遂行によるサスペンスが魅力で、第二弾「孤剣―用心棒日月抄」の解説者向井敏氏の言葉を借りると『用心棒日月抄シリーズは端正でありつつ軽快、緊張を秘めつつのびやかという美徳を持つ』作品であったのだが、本作品ではこの美徳は息を潜め、哀惜を誘うもの悲しさと綿密に編み込まれた深遠なミステリー作品となっているからだ。

その哀惜を誘うもの悲しさの最たるものが、十六年前の貧しくも楽しげで自由だった用心棒時代との別れだろう。
ユーモアの代名詞であり、用心棒時代の象徴だった存在との別れが、心に大きな穴を開ける。

個人的には、少なくとも『あの頃は楽しかったな』と一緒に笑える存在を残して置いて欲しかった。
変わりない江戸嗅足組頭領の佐知との交情が、心に開いた穴を埋める救いになっているものの、用心棒日月抄の世界に必要なのは、子だくさんでがさつな髭の男であり、狸面でしたたかだが律儀で情のある男なのである。

寂寥感を伴う深遠なミステリーである本書は、文句の付けようのない作品だが、用心棒日月抄シリーズとしては少々不満が残る。
そういう訳で「凶刃―用心棒日月抄」は前三作とは別扱い、番外編と思うことで自分を納得させたい。

----------
第一弾:用心棒日月抄
第二弾:孤剣―用心棒日月抄
第三弾:刺客―用心棒日月抄
第四弾:凶刃―用心棒日月抄

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

寂寥感

2018/02/21 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:暇ではいけないはずの誰か - この投稿者のレビュー一覧を見る

細谷源太夫や、相模屋吉蔵といった、主だった登場人物にも老いが訪れ、寂寥感あふれる作品となったと思う。

読んでいて、少し胸が締め付けられるような感情を味わった。
一方、佐知との交流は深まり(由亀を応援する立場では、ここも読んでいて辛い)といった面もあるのだが、そこにも時の流れは厳然として存在する。

少し寂寥感が募る。そんな作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/26 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/06 10:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/22 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/20 23:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/31 14:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/07 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/01 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/09 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/01 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/15 16:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/01 12:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/05 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/07 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。