サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

修正:全商品20%OFFクーポン(1215-17)

12/1 100万ポイント山分け!必ずもらえるキャンペーン(~1/8)

竹光始末

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/10/14
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-124702-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

竹光始末

著者 藤沢 周平

一家の糊口を凌ぐために刀を売り、竹光を腰に仕官の条件である上意討へと向う浪人の心意気『竹光始末』。口喧しい女房を尻目に、藩の危機を未然に防ぐ一刀流剣士の手柄『恐妻の剣』。...

もっと見る

竹光始末

518 (税込)

ポイント :4pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

竹光始末 改版 (新潮文庫)

594(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 421.1KB 無制限
Android XMDF 421.1KB 無制限
Win XMDF 420.9KB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン
「電子書籍対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一家の糊口を凌ぐために刀を売り、竹光を腰に仕官の条件である上意討へと向う浪人の心意気『竹光始末』。口喧しい女房を尻目に、藩の危機を未然に防ぐ一刀流剣士の手柄『恐妻の剣』。他に『石を抱く』『冬の終りに』等、小説巧者・藤沢周平が、世の片隅で生きる男たちの意地と度胸を、ユーモラスに、陰翳豊かに描く傑作時代小説、全6編。

著者紹介

藤沢 周平

略歴
1927〜97年。山形県生まれ。中学校教員、業界紙記者を経て、作家に。「暗殺の年輪」で直木賞、「白き瓶」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

武家や市井の人々の、大小の苦しみや不安をやユーモアとシリアスな物語で描く6編

2010/01/24 19:05

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画「たそがれ清兵衛」の原作の一つ『竹光始末』を含む、武家物から市井物までバラエティーに富んだ全6編を収載している。
登場人物達の繊細な心の動きが、手に触れているように感覚として感じられる作品集。

『竹光始末』
小黒丹十郎とその家族は、仕官の口を求めて越前よりやってきたが、すでに新規召し抱えはとっくに終わっていた。
つてにより丹十郎が訪れた柘植八郎左右衛門は、このまま去らせては後味が悪くなると奉公口を探しているとき、討手の話が舞い込む。

はるばる越前からやって来て、知人に紹介された柘植という人物がいると知った、妻と子どもの喜びようが印象的だった。
粗末な衣服を着ている丹十郎や妻子と恥じる様子のない姿に心動かされる、柘植夫妻の微妙な気持ちが生々しくに感じられる。

『恐妻の剣』
馬場作十郎は剣の腕は一流である。しかし、それによって扶持が増えるわけでもないと、妻に冷たくされている。
そういう妻を見ている子ども達も作十郎を軽んじている。やがて作十郎は剣の腕を買われ、討手を申しつけられた。

馬場彦十郎の不遇をユーモアでもって描いた作品。
作十郎の剣の腕を証明するように討手の役目が描かれているが、それでも家の中では妻が強い馬場家の様子は面白い。

『石を抱く』
直太は奉公先のおかみに同情している。夫は妾の家に入り浸り、弟は度々店に金の無心にやってくる。
そして直太はおかみの弟を呼びだした。

直太の強い献身を描いた作品。
石を抱いて牢問の責め苦に遭う時だけ、おかみとのつながりを強く感じる様子に、昔つき合っていた女に裏切られた直太の一途さのようなものが感じられる。

『冬の終わりに』
賭場で五十両儲けた磯吉は、儲けさせられたとも知らずに賭場から出ると、当然のように男達から追われた。
百姓家に匿ってもらった磯吉は、高熱を出して苦しんでいる子供がいるのを知り、儲けた金で医者に見せた。

賭場での出来事をきっかけに、口うるさい母親のせいで嫁が家を出て以来、独り身で母親と住んでいる磯吉の、やがて長い冬が終わる様子が描かれている。

『乱心』
美貌の妻茅乃が不義を働いたという噂が広まってから、清野の様子が変わった。
新谷弥四郎が清野とともに出府を半年後に控えた日、茅乃が訪ねてきて、不義の相手と噂される三戸部も出府するのだと言った。

美しい妻を持ったが故の悲しい男の結末と心理を描いた作品。
清野が病気だと心配する妻茅乃をよそに、乱心していく清野の姿は痛ましい。

『遠方より来る』
三崎甚平の家に、戦で敵の首を獲ったおり、証拠の見届け書き付けを書いてくれた男曾我平九郎が訪ねてきた。
しかしそれは奉公の役に立たなかったため何の義理もない男だったが、言い出せず、平九郎は図々しくも居候を始めた。

昔の義理を頼って突然やって来て居候する男と、居候されたの家族の様子を描いたユーモア溢れる作品。
突然やってきたそれほど親しくもない男に、図々しく居候されて戸惑い、小さな諍いを始める家族の様子が面白い。
(「雪明かり」にも収載)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

時代小説のおもしろさ

2015/10/22 08:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ビル - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めたら、一気に読み終わりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/10 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/14 06:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/22 14:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/17 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/28 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/18 05:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/18 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/20 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/06 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/24 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/22 09:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/16 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む