サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

①11月度:全品ポイント最大50倍(~11/30)

わたしを離さないで

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 753件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/10/27
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-120051-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

わたしを離さないで

著者 カズオ・イシグロ (著),土屋政雄 (訳)

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思い...

もっと見る

わたしを離さないで

720 (税込)

ポイント :6pt / 紙の本より144おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

864(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.2MB 無制限
Android EPUB 7.2MB 無制限
Win EPUB 7.2MB 無制限
Mac EPUB 7.2MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
10%OFFクーポン
「電子書籍ストア 10%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。
電子書籍ストア全品!
ポイント最大50
キャンペーン!
こちらは「電子書籍ストア全商品対象!ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親友トミーやルースも「提供者」だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度……。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく。解説:柴田元幸

著者紹介

カズオ・イシグロ (著)

略歴
1954年長崎生まれ。日本とイギリスの文化を背景に育つ。イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。「日の名残り」でブッカー賞受賞。他の著書に「わたしを離さないで」「夜想曲集」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー753件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

あとを引く読後感

2015/02/01 16:46

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぶろっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この『わたしを離さないで』という本は、キャシーという名の女性がヘールシャムという寄宿制の学校で暮らした子供時代を振り返るところから始まる。
一見どこにでもあるようなありふれた子供時代。癇癪持ちの友人、楽しみだった図画工作、隠れて好きな歌を聴いたあのとき。思春期のぎこちない恋。そして、思い出の品を探す旅。セピア色で彩られた彼女の思い出は、限りなく読者をノスタルジアの世界へと誘う。
しかし、これはただ淡々とキャシーの子供時代を綴っていく物語ではない。次第に明らかになる彼女らの運命。読み始めたときには想像だにしなかったその結末に、読者は驚くことになるだろう。何を隠そう、私自身もこの本を読み終わってからしばらく何も考えることができなくなってしまった一人だ。
私が今まで読んだ本のなかで最も心揺さぶられた一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

覚えていない幸せ

2015/02/08 21:03

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:豆絞り - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしてこんなに細かく覚えているのだろう。
キャシーの語りを読みながら思った。匂いも感触も、その時の息遣いさえ覚えているかのような細やかな描写。きっと、幸せで楽しかった思い出なのだろうと思った。
でも、途中でその印象は一変する。私が幼いころをキャシーのように覚えていないのは幸せだったからだと気が付く。この幸せがずっと続くものだと信じで疑わなかったからこそ、その一瞬一瞬を覚えておく必要がなかったのだと。
キャシー、トミー、ルースが過ごした時間の中で、変化していく関係も見事に描かれていた。環境が変われば人との関係も変化する。離れたかと思えば、何かの拍子でまた近づいたり、平行線のままの場合もある。それは一つひとつの行動の言葉の態度の積み重ねなのだと教えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切なさをこえてこそ

2015/09/04 16:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者はこの小説で何を言いたいのか。ひとことで言い表すことは難しいですが、読書中も読後はさらに頭を抱えてしまいました。丁寧な心理描写や極めて慎重に物語を展開している点など、なぜこういう書き方をしたのか。
 なるほど作者自身はあらゆる可能性に触手を伸ばし、物語を紡いだのでしょう。あるいは読者に考えるきっかけを与えたかったのかもしれません(その意味でわたしもしっかり作者のフックにひっかかってしまっていますが…)。しかし、そうであれば、ああいう小説の書き方をすることに戸惑いを感じてしまいます。切ないという気持ちより、何か居心地の悪さ、気持ち悪さを抱えてしまいました。爽やかにすぎる。作品の読み方も含めて、読者に多くの宿題を与えてくれる作品、労作であることに違いはありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

謎が少しずつ明かされる

2015/10/01 16:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わん - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公が介護人になったときの、「できることはすべてやったという思いがあれば、物事の判断にさほどバランスを欠くことはありません。」という言葉が印象的だった。主人公やトニーが真実を知りたがるのに共感を覚える。p.161「キャシーにはガッツがある。口に出したら必ずやりとおす」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とてもせつないです

2015/09/29 23:43

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌキネコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この物語は「自分の運命は自ら切り開く。何としても!」ということを語りたいのではないのだとわかっていても、感情移入のうえに身をよじってしまいます。悔しくもなります。設定はいささか非現実的と思いますが、「あるシステムとそのくびき」ということでは、実際の日常の中にもひっそりと相似形のものがあるのか?。だからこの物語に感情をゆすぶられるのかとも思います。またそういったこととは関係なく、子供時代の回想がとても生き生きとしていて魅力的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

せつない

2015/10/13 23:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はみぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

文体の美しさが物語の歪さを引き立てる素晴らしい文章でした。
胸の奥に小さなしこりをまるでつぼみのように残してくれ、自分がいかに全力で生きるのか、深く考える機会を与えてくれる良い本との出会いだったと思います。
大人向けの本に思えますが苦悩を抱える若い世代にこそ読んでほしい。
自分の境遇、自分の成り立ち、自分の役割を再認識するきっかけになるとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高

2015/10/15 20:12

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ジョン - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく最高です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いい作品

2015/11/29 20:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazuo - この投稿者のレビュー一覧を見る

いい作品であることは間違いないのですが、どこがいいのかを説明するのがとても難しい。読んでみてとしかいえない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

衝撃的なSFです

2016/01/06 00:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語は介護人キャシーが子供時代を過ごしたイギリスのヘールシャムという土地の寄宿学校の海藻から始まる。子供時代、青春時代、青年になってからのありふれた日常瀬克の出来事が主人公により淡々と語られていく。ただし読者がなんとなく気になる「提供者」、「介護人」、「外の世界」という不自然な言葉だ。物語の終盤から一気にその謎が解き明かされていくという展開。これまでに読んだことがない切ないSFです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

設定に無理がありすぎて…

2016/02/03 12:21

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

日系米国作家カズオ・イシグロ氏の代表作で大変評判の良い
作品だそうですが、あまりにも設定に無理があって、作品世界
に入れませんでした。

臓器移植のためのクローン人間を公に育成することがまかり
通る世界観にはあまりにも無理があります。しかもクローン
人間には生殖能力がない、というご都合主義の非科学的な
設定まであります。

時代設定も遠い未来ならまだしも音楽媒体にカセットテープが
使われているような近未来とも現在ともつかぬ時制の中での
物語ですから余計現実味がありません。

このようなノイズが気になってしまったので、作品が本当に訴え
たかったであろうことまでは辿り着けませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

哀しい小説です

2016/02/12 15:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

カズオイシグロは初めて読みましたが、その小説のなかでも最も評価が高いと言われています。
当然翻訳もすばらしいと思います。
やさしい、淡々とした語り口のなかにも恐ろしく、哀しい主人公がいます。
定められた自分の運命に逆らうことなく、懸命に生きる主人公を書きたかったのだろうと思いました。ひょっとしたら事実ではないかとさえ、思ってしまうほどの小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あくまでも個人的感想

2016/02/12 18:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

だから怒らないでね。
重いとか、哀しいとかいう以前に、文章がつまらなすぎて・・・。
何とか頑張って 1/3 は読んだけどギブアップ。
私には合わなかった。ごめんなさい。あとは、あなたが読んで判断してね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

切ない 切な過ぎる

2016/02/14 00:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gulliver - この投稿者のレビュー一覧を見る

もし現実に この物語と同様なエピソードが実在していたら? と,想像しただけで涙が溢れ出てしまいました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

運命

2016/02/19 01:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めはあまりよく分からず読んでいました。読み進めるにつれて作品の中に引き込まれていきました。読み終えたあとの気持ちはどのように表現したらいいか分かりませんが、読みごたえのある作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗く切ない物語

2016/02/27 17:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yujiyuji - この投稿者のレビュー一覧を見る

衝撃的な内容で、出版当時に読んではいましたが、ドラマが始まると知り、読みなおしました。やはり素晴らしい作品はどんな時代・年齢になって読んでも素晴らしいです。この本の世界観をドラマで表現するには、よほど丁寧に撮影していかないと難しいですね。個人的には原作の方が100倍よかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む