サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

 新規会員50%OFFクーポン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 新潮社
  6. 新潮新書
  7. 公安は誰をマークしているか(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/02/03
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • ISBN:9784106104336

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

公安は誰をマークしているか(新潮新書)

著者 大島真生 (著)

盗撮、盗聴、徹底監視。必要なら身内さえ尾行する。決して公にしない捜査手法で、公安警察は誰を追っているのか。共産党や過激派が失速し、オウム事件から十六年が経った現在、何と闘...

もっと見る

公安は誰をマークしているか(新潮新書)

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1.7MB
Android XMDF 1.7MB
Win XMDF 1.7MB

公安は誰をマークしているか (新潮新書)

税込 836 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

盗撮、盗聴、徹底監視。必要なら身内さえ尾行する。決して公にしない捜査手法で、公安警察は誰を追っているのか。共産党や過激派が失速し、オウム事件から十六年が経った現在、何と闘っているのか。潜在右翼の増殖、シー・シェパードの横暴、サラリーマンを狙うロシアスパイ、北朝鮮工作員を支援する「土台人」……。特高警察のDNAを受け継ぐ公安最強の組織・警視庁公安部の事件簿から、その実態と実力を描き出す。

著者紹介

大島真生 (著)

略歴
1968年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。産経新聞社入社。警視庁公安部・警備部担当、宮内庁キャップ等を経て、大阪本社社会部次長。著書に「愛子さまと悠仁さま」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

今度、生まれ変わったら、公安警察を職業としたい!

2011/11/30 10:53

17人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

警察と言えば、交番のお巡りさんと思っていたが、実は警察は大きく分けて、交通違反等を取り締まる交通警察、殺人事件や窃盗事件を扱う刑事警察、そして本書が取り上げている日本国の土台を揺るがし国家転覆を図ろうとする国内国外のテロリストを取り締まる公安警察の三つに大別され、東京大学法学部卒のエリート警察官の多くが、実はこの公安警察(警備局)に配属される。もしこういうことを知っていたら、私も公安警察を担うべく警察庁を目指して国家公務員試験に挑んでいたことだろう。だってカッコいいじゃん!

本書を読むと、その公安警察がマークしているのは日本共産党、革マル・中核派・革労協などの極左テロリスト集団、右翼、オウム真理教など狂信的宗教団体、ロシア・中国・北朝鮮・アルカーイダなど外国のスパイ、テロリストであることが分かる。特に最近では、中東のテロリストのマークが、より重要度を増していることが本書を読むと分かる。

以前、横浜市在住の日本共産党員の自宅電話が盗聴されていた云々と、あたかもそれが日本の警察による著しい人権侵害であるがごとく騒がれたことがあったが、バカも休み休み言えといいたい。日本共産党は今も日本国憲法を完全否定する独裁体制=民主集中制を維持している反民主主義団体であり、過去にはこうした独裁体制を武力による国家転覆、革命を通じて実現しようとテロを繰り返していた前歴もあり、警察がマークするのは当然と思うがどうか。

極左暴力集団(全共闘系新左翼)は、その資金源で会った大学生協(早稲田大学=革マル、明治大学=革労協、法政大学=中核派)が次々と潰され、その糧道を断たれつつあるのは喜ばしい限りだが、明治大学の明大生協が解散に追い込まれる寸前に革労協系職員が大量に退職し、退職金として1億8千万円前後を生協から奪い去り資金源としたことなどを読むと、はらわたが煮えくりかえる思いにとらわれるのは私だけではあるまい。

日本は単一民族国家であり白人やアラブ人などが大変目立つが故に、ロシアや中東のスパイ、テロリストがなかなか思うように活動できず、日本でアルカーイダによる凄惨なテロ事件を結果として未然に防いでくれているというのは、読んでいて清々しい。テロリストがテロを実行するには入念な準備が必要で、その為には日本国内にテロリストを支援する組織(土台)が存在する必要があるが、これが日本では難しい。彫の深い髭もじゃのアラブ系が集まっているだけで日本では大変に目立ってしまう。だから奴らは欧州やアメリカと違い、日本ではテロをなかなか起こせないでいる。やはり移民は出来るだけ制限し、日本を引き続き単一民族国家とし続けることが日本民族にとっての最大の安全保障であると本書を読んで改めて痛感した次第である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

部署説明の先に期待

2012/01/23 14:58

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:通りがかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

「公安は誰をマークしているか」というタイトルに引かれて買いました。
仕事の内容がよくわかりにくい部署なので、より具体的な中身を期待して買ってしまったのが、失敗だったと思います。公安の部署がどのように棲み分けされているかが書かれていてますが、立ち読みで少し流し読みでも良かったかなと思える内容でしたので星(★)に致しました。
筆者は、大手新聞社の本社で働いている方です。
実際に手に取ってみて買って良かったと思われる方もおられるとは思いますが。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/13 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/10 12:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/15 01:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/24 20:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/21 07:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/29 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/14 19:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/28 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/27 22:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/09 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/13 12:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。