サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 彫師伊之助捕物覚え
  7. ささやく河―彫師伊之助捕物覚え―

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/01/06
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784101247199

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ささやく河―彫師伊之助捕物覚え

著者 藤沢周平 (著)

元は凄腕の岡っ引、今は版木彫り職人の伊之助。定町回り同心石塚宗平の口説きに負けて、何者かに刺殺された島帰りの男の過去を探るはめに。綿密な捜査を進め、二十五年前の三人組押し...

もっと見る

ささやく河―彫師伊之助捕物覚え―

税込 737 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 802.4KB
Android XMDF 802.4KB
Win XMDF 802.2KB

ささやく河 改版 (新潮文庫 彫師伊之助捕物覚え)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

元は凄腕の岡っ引、今は版木彫り職人の伊之助。定町回り同心石塚宗平の口説きに負けて、何者かに刺殺された島帰りの男の過去を探るはめに。綿密な捜査を進め、二十五年前の三人組押し込み強盗事件に辿りついた時、彼の前に現れたあまりにも意外な犯人と哀切極まりないその動機ー江戸を流れる河に下町の人々の息づかいを鮮やかに映し出す長編時代ミステリー。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

シリーズ中最も濃厚な作品。完結編にも関わらず変わりない伊之助の世界が、連綿と続くであろう彫師伊之助捕物覚えの世界に思いを馳せさせる。

2010/05/02 19:00

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

元腕利きの岡っ引きで版木彫り師伊之助が活躍する「彫師伊之助捕物覚え」シリーズ第三弾。完結巻。

第二弾「漆黒の霧の中で―彫師伊之助捕物覚え」で、定廻り同心石塚の手練手管に乗せられ、嫌々ながらもかつての岡っ引きの血が騒いで、殺された男・七蔵の素性調査くらいだったらと引き受けた伊之助。
深入りする必要に迫られた七蔵殺しの事件は、大店と寺が行っていた大がかりな詐欺を暴き出す結果となり、伊之助は悪鬼のような剣客と体術で立ち向かうこととなった。

今作では、前回の事件解決で味をしめたのか、再び石塚が伊之助に白羽の矢を立てた。依頼の内容は長六殺しの調査。
実は伊之助は、行き倒れていた長六を島帰りとも知らず居候させていた。それがある日、三十両を懐に残したまま殺された。
三十両もの大金を渡した相手は、かつての奉公仲間で小間物屋の伊豆屋彦三郎。そして殺される直前の長六と会っていた。
しかし殺しの状況と、長六の死に驚いた様子は、彦三郎が犯人ではないことを示し、調べが暗礁に乗り上げていたのだ。
そして今回も石塚に、岡っ引き多三郎を手伝ってとか、仕事の合間にだとか、長六を居候させていた縁もあるだろうと、押し切られて手を貸すことになった。


この作品は、前二作で描かれなかった、事件の発端となる殺しの場面、犯人の視点を描いている。
このことが事件の真相だけでなく、犯人に隠された心の闇も明るみに出し、これまでにないもの悲しさとともに濃厚な物語を創りあげている。
「彫師伊之助捕物覚え」シリーズに共通する、一本の細い糸を丹念に辿り真相に迫っていくというスタイル、おまさとの関係、たびたび抜け出す伊之助に怒る版木屋彫藤の親方・藤蔵など、物語の魅力に変わりはなく、シリーズ中もっとも読み甲斐のある内容となっている。

しかし「彫師伊之助捕物覚え」シリーズの完結編として見た場合、不満が残る人がいると思う。
というのも、伊之助とおまさが所帯を持つとか、伊之助が版木屋藤彫に岡っ引きの過去を打ち明けるとか、読者としては気になることは描かれておらず、これまでと変わらない調子で物語が終わるからだ。

私も初めは少々物足りなく思っていたものの、やがて『伊之助はこれまでと変わりない生活を続けていくのだ』という気持ちが新たに湧いてきた。

そう思うと、『物語は完結し、終わってしまったのだ』という、物語が消え去ったような喪失感を伴う、これまでのシリーズものに感じていた余韻は感じられず、むしろ『伊之助は、まだ生き続けている』という思いが残り、連綿と続くであろう「彫師伊之助捕物覚え」の世界と、まだ見ぬ第四弾、第五弾……に思いを馳せることができた。

------------
「彫師伊之助捕物覚え」シリーズ
第一弾:消えた女―彫師伊之助捕物覚え
第二弾:漆黒の霧の中で―彫師伊之助捕物覚え
第三弾:ささやく河―彫師伊之助捕物覚え

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

江戸を舞台にしたハードボイルド

2015/11/30 16:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:春三番 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本のハードボイルドも良く読みますが、なんとなくしっくりきませんでした。が、舞台が江戸になると、ハードボイルドの持つ乾いた感じが自然に感じられ、また主人公の暗い過去も、嫌みなく受け入れられる。

藤沢作品は、短編も長編もそれぞれ長所があっておもしろいですが、私は連作長編が好きです。次から次へと読みたくなって、あっという間に全シリーズ呼んでしまいました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/21 10:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/24 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/19 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/27 00:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/28 21:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/11 12:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/11 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/08 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/23 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/26 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/19 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/05 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/20 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。