サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/29)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

【期間限定価格】ララピポ(幻冬舎文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 314件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/01/23
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • ISBN:978-4-344-41166-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

【期間限定価格】ララピポ

著者 奥田英朗 (著)

みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・...

もっと見る

40%OFF

【期間限定価格】ララピポ

09/26まで通常616

税込 369 3pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 709.1KB 無制限
Android XMDF 709.1KB 無制限
Win XMDF 708.8KB 無制限

ララピポ (幻冬舎文庫)

税込 648 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

みんな、しあわせなのだろうか。「考えるだけ無駄か。どの道人生は続いていくのだ。明日も、あさっても」。対人恐怖症のフリーライター、NOと言えないカラオケボックス店員、AV・風俗専門のスカウトマン、デブ専裏DVD女優のテープリライター他、格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長篇。下流文学の白眉。映画化の話題作。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー314件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

ララピポ

2010/01/06 23:03

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだか間の抜けたようなタイトルからして、
笑わせてもらえるんだろうかと思ったら、
なかなかどうにも笑えないような、
それでいて
人間ってあほだな、とあきれてしまうような場面が多かった。
裏表紙のあらすじ部分に、
「格差社会をも笑い飛ばす六人の、どうにもならない日常を活写する群像長編」
って書いてあるんですが、
この解説は群像長編って所以外は的外れだと思います。

それぞれの主人公は、笑い飛ばせていません。
最底辺への入り口が、
どこにあったのか、
いま入り口あたりなんじゃないのか、
もう入り口には戻れないのか、
というぐるぐるの中にあると、わたしは感じました。

こってり風俗の話です。
きついと思います。
でも、主人子たちの、
ちょっとしたぼやきや性格は、
充分共感できるのです。
そのあたり、ぜひ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさかの

2017/12/30 17:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鯉狂い - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ララピポ』って何?とまず思わずにはおれないところから始まり、まさか最終盤その答えが出てくるとはw
表紙も実は本書のスタイルを上手く表現していることに後々気付く。
奥田氏は群像劇を描くのがうまいな、とは思うが、こういうつなぎ方(そして回収)もあるもんだな?と感心させられた一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

底辺を這う6人

2017/10/22 06:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

社会の中で見向きもされない職にスポットを当てているところが良かったです。バラバラに見えている6人が時おり交錯するところが面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生ってなんだろう?

2016/08/18 07:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公たちは皆社会の底辺で生きる、または底辺に落ちて行ってしまう人たち。かなり下ネタが多く、官能小説的な部分もあるので若干戸惑いましたが、こういう風に生きてる人たちが実際に居て、しかも少なくないんだろうな、というようなリアリティーがあります。群像劇の面白さが存分に活かされた秀逸な作品だと思う。感動はしないが、「人生ってなんだろう」と思わず考えさせられる小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しょうもなくて、面白い

2016/03/30 20:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セイコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当にナオミとカナコと同じ作者かと、ギャップにびっくりです。
下品でしょうもなくて面白い作品。
なかなか、ろくでもない日常から抜け出せない気持ちには、共感でき、せつなくなった。
奥田氏の他の作品も読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説は最後まで読まないと分からないと思わせてくれた一冊

2008/10/19 15:04

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の何がすごいかと言えばこの内容で最終的には哀愁を醸し出しているところなんですよね。
最初の短編だけ読むと非常に腹立たしいと言いますか、奥田英朗よ、手を抜いたのか?と思わず問い掛けたくなるようなものなのです。

昔取った杵柄ではないけれど良い大学を出たことだけが心の支えとなっているフリーターの杉山博。女性にモテナイのはこの引き篭もりのような生活が理由。最近上の階に引っ越して来たホストのような男の部屋の盗聴までして自分の快楽を満たしているのですが、彼の容姿が最後まで隠されていてそれが分かった時には何ともシュールな内容に。
正直ダメ男のダメっぷりでこの先読むのはどうしましょうという第一話。
ところが第二話を読んでビックリ、この本、連作短編集だったのですね。

フリーライターの博から同じアパートの上の階にすむキャパクラのスカウトマンの健治へ、そして彼に関わるある人物へと次から次へ主役は繋がり代わっていくのです。
でも出てくるのは43歳でアダルトビデオ出るようになる主婦だったり、健治に乗せられて風俗の道へ入るOLだったり、断れない性格から職場が売春行為をする巣へとなってしまう男性だったりと、絶対に普通の生活をしていたら出会うことのない人々ばかり。
しかも彼らがその道へ入る理由は現実逃避だったり、弱さだったりと何とも言えないものばかり。しかも落ちるところまで落ちているし・・・。
自分とは遠い出来事なのだけど、どこかいそうな人達、そして一瞬道を外せばそこはごく身近な場所だったりするのです。

正直第五話までは「あらら」という人ばかりで読んでいて不快感はあるのですが流石直木賞作家と思わせるのは第六話が見事にこの本がただのエロ一色の話から刹那的と言いますか、人生の悲哀まで感じさせる出来に変身しまうところ。

第六話に登場するのは最初に登場した小百合とそれまでの話に出てきた人々。
彼女は才能もなく、成功することもなく、容姿も優れず、その自分を客観的に見ている女性。
見渡せば自分と同じような人が殆どなのに人生は延々と続く不公平さを誰も感じないのかと思っているのです。
勝ち組と負け組で分ければ100%負け組の自分達。
それでも明日はあり、それなりの幸せを感じながら生きていく。
別にそこで納得するわけではないし、あまりにも底辺過ぎて引く部分の方が多いのだけどハハハと思わず笑ってしまい、「ララピポ」だなと呟いてしまうラストなのです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

タイトルの意味を

2015/09/13 00:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夜メガネ - この投稿者のレビュー一覧を見る

知りたくて読んだところが大きいです。

個人的には「エロ」「官能」ではなく、「昭和のピンク」ですね。
そのまま舞台とモチーフを平成にした印象。
下衆で雑で、それでいて哀愁を兼ねたどうしようもなさ。
何かを得たり学んだりするのではない作品。

タイトルの意味はわかったので、そこだけスッキリしました。
映像版では、平成 ノブシコブシ 吉村さんが光っていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

イチオシ官能小説?

2014/01/25 23:24

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:蜜柑 - この投稿者のレビュー一覧を見る

トップページでイチオシとあったので読んでみましたが正直これが?…というかんじです。
文体は読みやすいのでさくさく読めるけれど読み終わった後何も残らない。
どうしようもない人たちばかり出てきて世の中を笑い飛ばすような気分にもなれないし。
最後まで読んだけど、二度読むことはないと思う。
官能で期待してもたいした描写はないのでがっかりすると思います。
これをどう映画化したんだろう。。
図書館で借りて読んでよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/03/25 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/13 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/11 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/10 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/11 22:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/02 16:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

企業・経済小説 ランキング

企業・経済小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。