サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/02/03
  • 出版社: 小学館
  • ISBN:978-4-09-408274-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

日本沈没 第二部(上)

著者 小松左京 (著),谷甲州 (著)

空前のベストセラー『日本沈没』が遂に完結!著者・小松左京氏がどうしても書きたかった「列島沈没後」の日本人の姿。国土を失った人々はパプアニューギニアや中央アジアなど世界各地...

もっと見る

日本沈没 第二部(上)

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.1MB
Android EPUB 4.1MB
Win EPUB 4.1MB
Mac EPUB 4.1MB

日本沈没 第2部上 (小学館文庫)

税込 660 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

空前のベストセラー『日本沈没』が遂に完結!

著者・小松左京氏がどうしても書きたかった「列島沈没後」の日本人の姿。国土を失った人々はパプアニューギニアや中央アジアなど世界各地に入植、それでも政府機能だけはオーストラリアで維持されていた。国家の再興をかけ政府が取り組む2つの巨大プロジェクト。日本海に人工の陸地を建設するメガフロート構想とあらゆる気象データをスーパーコンピュータで解析して未来を予測する地球シミュレータ。日本人が自らのアイデンティーを確立しようとする矢先、世界を震撼させる驚愕の事実が明らかになる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

あの「沈没」があれだけで終わるはずもなかった。

2012/02/21 17:02

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 沈没していく日本を克明に描写した、著者の名作「日本沈没」。本書は日本列島が水面下に沈んでから25年後の、日本人の「それから」を描いた作品である。
 災厄で故郷を離れざるを得なかった人々。しかし望郷の念は強くとも、次の世代は「日本」という土地を知らずに育っていく。そして他国の人の目は・・。社会的な問題は当然続いただろう。そして地学的にもあの「沈没」があれだけで終わるはずもなかった。

 本書が書かれたのも第一部からおよそ30年後。プロジェクトチームを立ち上げ、執筆は谷甲州。複数の場所での進行や理論をきっちりと練り上げて踏まえるところなど、構築は小松さんの味を強く感じる。しかし文章そのものは存外淡々と書かれているという印象であったのは、それが執筆者である谷さんの味、ということであろうか。

 世界中に分散した日本人の活動や諸外国の対応を描くので、舞台は地球全部に広がっている。そして日本沈没の次に起こるべき出来事もさらにスケールの大きなものになっている。

 国土が無くなっても、国家は存在できるのか。着の身着のまま避難させられ、役所も移動しながら「戻りたい」「忘れない」想いを持ち続けている、現実に存在している人たちの姿がどうしても重なって見えてしまう。この第二部もハードなSF小説であるとともに、「こんなときにはこうなるかもしれない」という想定のシミュレーションとしても読めそうである。

 前作の主要登場人物がやはり重要人物としてでてくるので、前作はやはり読んでおきたい。前作で離れ離れになった主人公と婚約者のその後にも一つの結末があるので見逃せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どこへ向かうか日本は

2020/08/11 07:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

第一部の上下巻を読み終え、随分前に買い置きし、一度読み終えていた「第二部」を再読。
手元にある文庫版が刊行されたのは、小松左京没後。あの東日本大震災のあとである。

正直なところ、第一部ほどの「不安感」や「恐ろしさ」と言った、危機迫る感じはない。しかし、あちこちに散らばった「異変後の日本領土」「日本人」、そしてそれを取り巻く「諸外国から見た日本」、「日本人を恐れる現地人」・・・

まるで、戦時中や災害発生時の混乱ぶりと同じではないか。違うのは、日本か否か、日本国内か否か、だけだろう。

日本の「面影」を思いつつ、周辺国の思惑が錯綜するのが第二部・上巻の主題だろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/05 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/16 14:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/28 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/14 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/26 09:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/21 12:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/10 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/14 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/27 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/14 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/03 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/26 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/10 12:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。