サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 新潮社
  6. 剣客商売
  7. 剣客商売番外編 黒白(下)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/04/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-115748-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

剣客商売番外編 黒白(下)

著者 池波正太郎 (著)

真剣勝負のその日、波切八郎はついに姿を現わさなかった。しかし秋山小兵衛はなぜか八郎を憎めない。一流の剣客が約束を違えるとはよほどの事がその身を襲ったからであり、実際、道場...

もっと見る

剣客商売番外編 黒白(下)

税込 825 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.1MB
Android EPUB 4.1MB
Win EPUB 4.1MB
Mac EPUB 4.1MB

黒白 新装版 下巻 (新潮文庫 剣客商売)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

真剣勝負のその日、波切八郎はついに姿を現わさなかった。しかし秋山小兵衛はなぜか八郎を憎めない。一流の剣客が約束を違えるとはよほどの事がその身を襲ったからであり、実際、道場出奔後、八郎の運命は激烈に転変し、見えない勢力に操られ人斬りを重ねる日々であった。対照的な生き方をとる二人は、互いへの想いを断てぬまま思いがけぬ所で……。「剣客商売」ファン必読の番外編。

掲載中の特集

ハード ボイルドをテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

剣の黒白を決するまでと、そのあと

2012/07/19 16:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saihikarunogo - この投稿者のレビュー一覧を見る

この『黒白』という小説は、徳川吉宗没年の前後数年間を舞台としている。吉宗は、御庭番を使ったことで有名だが、御庭番以外にも諜報機関を持っていたという設定で、なかでも特に闇の部分を請け負っていた元締的人物が、吉宗の没後、政界の表舞台へ進出しようとして、その運動資金を稼ぐために、大名や旗本の依頼で暗殺を請け負うようになる。だがそれは逆に、奈落へ落ち込む危険をはらんでいた。

その破綻の前兆は、元締的人物が過去に暗殺の実行を命じていた人物が、秘密をネタにゆすりをかけてくる、という事態となってあらわれる。元締は、彼を、別の暗殺実行犯を使って葬ろうとするのだが……。

こういう、非情な……はずの殺し屋たちが、意外や、友情に篤かったり、「殉職」した「同僚」の妻子の世話をしたりする。陰惨になりそうに見えて意外とこの物語は明るさと暖かさを失わない。

岡本弥助は、配下の伊之吉を、できるだけ、危険に巻きこむまいとするし、闇の世界と手を切りたいという波切八郎の意志を尊重しようとする。そんな弥助だから、かえって、伊之吉は、毒口をたたきながら、どこまでも彼のためにつくそうとするし、八郎も、弥助が危険にさらされると助太刀をせずにおれない。

一方で波切八郎は、一度は諦めた、秋山小兵衛との真剣の立ち合いに、再び挑む決心をし、恋人のお信や忠実な老僕の市蔵もつれて丹波に修行に行く手はずを着々と整えていた。

そして秋山小兵衛は、親しい旗本から、さる大名の血を引く少年に剣術を教えるようにと、依頼される。月に二、三度、その旗本の屋敷に稽古に来るという。複雑な事情があって、非常にむずかしい立場におかれた少年らしい。さて、どうやってなにを教えたらいいかと考えあぐねつつ、ふたりきりで相対した小兵衛は……。

>ややあって、小兵衛が、
>「小兵衛と小三郎……」
>独り言のようにつぶやいたとき、小三郎の片頬に靨(えくぼ)が生まれた。
>「ふたりとも、小さな身体(からだ)……」
>(中略)
>小三郎の口元が、ほころびた。
>「小さくて丈夫な身体(からだ)には、むだがない……」
>小三郎の満面が笑みくずれた。

この場面は、とても、ほほえましい。続く稽古で、小兵衛は、少年の精神に、大きなものを授けることができた。

このあとは時代小説の定番で、この少年高松小三郎が命をねらわれ、岡本弥助・波切八郎・秋山小兵衛が、修羅場で相見えることになる。血にまみれた陰謀の現場での、友情と剣士の誇りとをかけた闘い。

むろん、秋山小兵衛は、このときから何十年もたって、鐘ヶ淵の風雅な家に隠居しているのだから、勝つに決まっているのだけれど。

ちなみに、鐘ヶ淵の家は、もともと、小兵衛が親しくしていた絵師の家だったということである。

物語の最終章で、少年時代の大治郎が登場する。小兵衛は大治郎を見ると、波切八郎もこのような少年だったのではないかと思い、息子の将来を心配する。そして、武者修行に旅立つ前に、教えるのだ。

>剣客の生涯とても、剣の黒白のみによって定まるのではない。

大治郎がその言葉の意味をゆっくりと味わい理解していくのが、剣客商売シリーズ本編だといえよう。

そして、この『黒白』のラストシーンは、小兵衛も、この小説を読んで来た私も、晴々とうれしくなる「出会い」であり、「すれちがい」だった。池波正太郎は、よく読者がもどかしく感じるような「すれちがい」を描くが、この場面でのすれちがいは、小兵衛のほうでは相手に気づいており、相手は気づかないということが、すなおに、気持ちよく感じられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動は薄かったです。

2019/04/07 08:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:satonoaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

黒い世界に堕ちていくまでに、なんとか絶ち切るチャンスはあったはずなのに…と、少々イライラしながら読みました。
小兵衛の若き日々にもいろんなことがあったのだなと、思いを馳せることはできました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/25 21:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/02 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/26 10:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/11 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/06 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/09/15 11:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/14 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/03 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/08 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/15 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/17 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/10 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/17 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。