サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

「無料連載ページ」リニューアル 5/23~

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/04/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-115611-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

闇は知っている

著者 池波正太郎 (著)

十七歳の僧・隆心は、彼の心を踏みにじった後家お吉を絞殺し、故郷から逃げ出す。山崎小五郎と名を変え、金で殺人を請負う〈殺し屋〉となった彼は、天与の美貌と剣技にものをいわせ、...

もっと見る

闇は知っている

税込 440 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.4MB
Android EPUB 3.4MB
Win EPUB 3.4MB
Mac EPUB 3.4MB

闇は知っている 改版 (新潮文庫)

税込 572 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

十七歳の僧・隆心は、彼の心を踏みにじった後家お吉を絞殺し、故郷から逃げ出す。山崎小五郎と名を変え、金で殺人を請負う〈殺し屋〉となった彼は、天与の美貌と剣技にものをいわせ、平然と女を犯し、人を殺すが、育ての親である隆浄和尚と対峙したとき……。抜き差しならぬ人間関係のしがらみと、一瞬の気の緩みが死につながる暗黒街にうごめく男たちの凄絶な世界を描く時代長編。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

江戸時代の多様な社会情勢が見えてくる

2009/05/31 21:20

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 池波正太郎の時代小説である。江戸時代の江戸での話である。長編であるが、それほどは長いというわけではない。一頃、テレビでもお上が裁いてくれない悪者どもを、始末してくれる仕事人の活躍を描くドラマが流行った。殺しの請負人である。

 本書の主人公も、某藩の藩主筋の落胤であることが、冒頭で伏線として描かれている。伏線らしき描き方をしていても、いつまで待ってもそれが登場しない小説も見かけるのだが、今回は最後に明かしている。これがないと、読後、何となく気掛かりが晴れないのだが、今回は明快であった。

 寺に預けられた子供が、そこから逃げ出して世間の冷たい風に触れるが、それにつぶされず、ついには殺しの請負人になるというのがおおまかな筋立てである。読者は子供の頃の生い立ちから描かれると、どうしても主人公の出世、大河ドラマを想像してしまう。しかし、小説が超長編ではないので、この辺りで留めなければならなかったのかも知れない。

 池波は、殺しの請負人の日常生活や周囲の人々との関わりあいに重点を置いて描いている。池波の作品の中には盗賊や香具師の元締めなどを中心に描いたものが多いのだが、本編でも主人公と当時のその筋の接点や葛藤が面白く書かれている。

 武士と町民との区別が曖昧になってくる平和な時代の話、つまり江戸の町民が力を貯え、武士の時代が終わろうとしている時代である。江戸時代も様々な様相があり、初期と中期以降ではかなり違うことは歴史の教科書でも学んだことだが、こうして小説として武士と町民が一体となった江戸の世界を読んでみると、そのイメージがよく理解できるのである。

 最後の解説を読んでみると、池波の『闇の狩人』を読まないわけにはいかないだろうと書かれていた。こちらはさらに長編のようだが、是非読んでみたい。本書で脇を固めた登場人物が再登場しているようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

終わり方は賛否両論か

2018/05/28 11:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ガンダム - この投稿者のレビュー一覧を見る

池波さんの本はよく読みますが、どれもなるほどと思わせるものが多いですが
これも楽しめます。ただ全体のストーリー展開の中からこの終わり方は、以外でもあり
もう少し、ひねりがあってもと思います。でもよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/12 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/04 20:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/29 11:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 15:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/06 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/16 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/27 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/06 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/08/25 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。