サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

[CPあり]2017年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

日の名残り

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 340件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/03/24
  • 出版社: 早川書房
  • ISBN:978-4-15-120003-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

日の名残り

著者 カズオ・イシグロ (著),土屋政雄 (訳)

短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会...

もっと見る

日の名残り

617 (税込)

ポイント :5pt / 紙の本より204おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

821(税込)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

ポイント :7pt

価格は予価のため、お支払額が変更となる場合がございます。

紙の本を予約購入する

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 4.9MB 無制限
Android EPUB 4.9MB 無制限
Win EPUB 4.9MB 無制限
Mac EPUB 4.9MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

短い旅に出た老執事が、美しい田園風景のなか古き佳き時代を回想する。長年仕えた卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々……。遠い思い出は輝きながら胸のなかで生き続ける。失われゆく伝統的英国を描く英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

著者紹介

カズオ・イシグロ (著)

略歴
1954年長崎生まれ。日本とイギリスの文化を背景に育つ。イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。「日の名残り」でブッカー賞受賞。他の著書に「わたしを離さないで」「夜想曲集」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー340件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

ゆったり静かに進行するイギリス叙情映画

2014/09/16 12:32

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Owl_X - この投稿者のレビュー一覧を見る

極々イギリス的な背景の話だが、日本人の波長に合う。子供の頃からずっとイギリスで育ってきた作者の日系の血ゆえか、あるいはイギリスと日本に共通する感情を描いているからなのか?ドラマティックなストーリーは一切無く、ゆっくり淡々と、回想を入れながら、典型的なイギリス執事の小さな旅が進んでいく。人生を振り返る中に,寂しさと暖かさが醸し出されて、ついつい引き込まれてしまう作品だ。ゆったり静かに進行するイギリス映画を見るようだ。ただし、暗さはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人生、楽しまなくっちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ

2015/04/04 22:24

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wayway - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の作品に共通するものがある。
それは、読んでから暫くは残響のように身体に残っているということだ。
なんとも言えぬ感情であるが、ふつうに持っている(かといって日常に
おいて発芽することがない)筈であるとと思われるものだ。

執事としての仕事における成功?と、もはや取り戻しようのないはずの
元同僚への想い。そのふたつのことが再び成就するのだろうかという
淡い期待。伝統的でありながらも徐々に翳りつつある英国と重ね合わせ
ながらも、独特の展開は我々を著者のみが知る世界へと引き込む。

和訳にも無理がなく、まるで日本語で書かれた小説を読むようだ。
次の台詞なんかは、英語でも日本語でも人の心に浸みいって響き渡る
のではないかと思う。

「人生、楽しまなくっちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ。
脚を伸ばして、のんびりするのさ。夕方がいちばんいい。わしはそう思う。
みんなにも尋ねてごらんよ。夕方がいちばんいい時間だって言うよ」

最後に、真面目にジョークの練習に取り組もうとするスティーブンスは、
死ぬまで執事であり続けたことであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

カズオ

2015/08/25 19:53

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:romi - この投稿者のレビュー一覧を見る

淡々と物語は進んでいき、事件的なことが起こることもないのに面白い。
一気に読んでしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静か

2016/08/19 19:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mugi - この投稿者のレビュー一覧を見る

「執事」のイメージが自分の中に出来上がり、物語が静かに進んで行きました。心の中の微妙な動きと恋愛には不器用な「彼」の姿に「このような世界があったのね」と映画を見ているようでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

"The Remains of the Day"(『日の名残り』):祝ノーベル文学賞受賞

2017/10/07 00:08

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりぼう - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨夜、PCに向かっていたら日経電子版のヘッドラインに<カズオ・イシグロ ノーベル文学賞受賞>とポップが現れ、一瞬、手が止まりました。『日の名残り』を読んで以来、ひそかに愛読していた作家の受賞だったからです。普遍的な文学性と緻密な文体を評価した今年の選考は、とても納得感があります。英国のオッズではケニアの作家が有力視されていたようですが、英語圏の作者の方が日本人にとって触れる機会が多く、受賞を身近に感じることができます。短編の名手アリス・マンローが受賞したとき以来のお気に入り作家の受賞となりました。

映画化もされた”The Remains od the Day”(邦題『日の名残り』)で、一躍、カズオ・イシグロは世界的名声を獲得しました。三作目となるこの作品は英国で最も権威のあるブッカー賞を受賞しています。この作品を読んだとき静かな衝撃に襲われました。貴族邸に忠実に仕える老執事スティーヴンスの回想を綴ったもので、作者の最高傑作といえるのではないでしょうか。ノスタルジックな風景や人々の無垢な記憶を丹念にたどる作風が作品世界の魅力のひとつです。

結末シーンは夕暮れ時の桟橋です。主人公スティーヴンスが年輩男性に"The evening's the best part of the day"(夕方こそ一日でいちばんいい時間だ)と話しかけられるシーンが強く印象に残っています。父の死、女中頭ミス・ケントンへの想い、過去の同僚との友情、政治情勢に対する私見、それらすべてを押し殺して最後まで執事としての職務を全うしたスティーヴンス、老境を迎えた彼の姿は黄昏時の桟橋風景と重なり合います。抑制(の効いた人生)という言葉は彼のためにあるのかも知れません。静かに終幕を迎えるかに見えたスティーヴンスは、人生の残照を眺めながらも、ユーモアを交えた決意を胸に第二の人生に立ち向かいます。胸中をときおり去来するに違いない落胆や失意を、執事としての矜持が堰き止めるそんな生き様に、読者は深い感銘を覚えるのです。

カズオ・イシグロのノーベル賞受賞を機に、1989年に出版された原作を再読してみようと思います。自分も年を重ねて、『日の名残り』の主人公の思いにより共感できるような気がします。35歳のときにこの傑作を完成させてしまうカズオ・イシグロ(の才能)は只者ではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日の名残り

2017/10/19 06:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノーベル文学賞を受賞したと言うより10年以上前から気になつていた作家
でした。もう一文庫本を買いなおして再読しました。古き良きイギリスの
風景の中に展開されているストーリーは深い人間の心の彩を描き出している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

品格のある執事の物語

2017/10/19 17:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ME - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者がノーベル賞を受賞したと聞き、書店では売り切れが続出したが、電子書籍はこのような時非常に便利と思った。早速読んだが、主人公の語りによって進まれる物語は、品格があり、戦前のイギリスの古きよき時代や思い出が語られていると感じた。日本では明治時代?であろうか。古い郷愁にばかり浸っているのはよくないが、それが似合うのがイギリスであろうか、と感じた。最後になるが訳書で読んでいるので、素晴らしく格調高い訳文だったことも付記しておきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ジーン

2017/10/26 09:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HIRO - この投稿者のレビュー一覧を見る

イングランドの美しい光景が目に浮かんでくる。
表現が非常に美しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

輝かしい日々への哀愁

2017/10/30 20:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひまわりまま - この投稿者のレビュー一覧を見る

イギリス貴族の館に身を捧げていた執事スティーブンスは、時代の流れとともにアメリカの金持ちに使えることになる。自我を出すことを自らに厳しく禁じていた執事だったが、自由なアメリカ人の主人に即発されたのか、かつての同志だった元女中頭のミス・ケントンに自ら車を運転して会いに行く…。時代の大きなうねりの中に自らも身を投じていたことと同時に、執事という仕事についてほこりを持っていたスティーブンスが、彼個人の人生を振り返ってみると思いもよらなかった思慕を寄せられていたことに気づく。でもすべては遠い時間のかなたに飛び去ったまま、今はただその事実だけを受け入れている。人生の黄昏時、そこにあるのは充実した思いなのか、あるいははかなさなのか。スティーブンスの一人称で語られる文体はぐいぐいと読むものを引き込み、飽きさせない。執事中の執事を全うした人生なのか、それとも好き好きビームに気付かず鈍感に過ごしたドジなおっさんの話か、読み手にゆだねられる一作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

映画とあわせて読みたい

2017/11/07 11:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:phoebe - この投稿者のレビュー一覧を見る

愛おしい「信頼できない語り手」の記憶

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日の名残り

2017/11/14 13:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに一挙に読み終えました。 
主人公の振る舞い、生き方は、今の時代を生きる私には理解を越えた、全くほど遠いものですが、それでも読みながら主人公を自分に置き換え、それぞれの時間・場面でどんな気持ちで主人公(私)が、その様な会話をして、女中頭との時・関係が過ぎていったのかを、味会う時間が楽しかったです。小説の最後のシーンは感動的です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一番好きな本の一つ

2017/11/18 16:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

この何とも哀惜/愛惜に満ちた語りが良い。引き込まれて離れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真面目な夕暮れ

2017/11/26 01:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:海の方が好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつ頃からであるか確かでないのだが、カズオ・イシグロの『日の名残り』は書評で取り上げられはじめた頃から記憶の片隅で気になる存在であり、読むべきと考える事が何度も有った。
なぜ気になる作品だったかといえば、やはり日本にルーツを持つ英国の文学者の高い評価を受けている著名な作品というところに魅力を感じたからだと思う。
それにもかかわらずノーベル文学賞受賞という先頃の報道に接するまで、いつかはと気長に構えて食指も決定的に起こらず未読であった。
それを受賞の大報道に推されてようやく読み始めて十日余りかかって昨夜読み終わったのである。
イギリス上流社会の伝統ある日常が執事である主人公を中心として重厚に、多面的かつ客観的に古典的な語り口で展開される物語だろうという私の予想は読み始めてすぐに裏切られた。
主人公である執事のスティーブンスの一人語りの回想によって物語が延々と進んでいくのである。
予想を裏切られたわりには一日わずかの読書時間ですらすらと驚くばかりにつかえるところが全くなく読み終えられた事には正直言って驚いた。
カズオ・イシグロの他の作品を全く未読なので見当違いかもしれないが、作者は意識して難解な用語表現や文章の書き方を排除している様に感じた。
その為に読み進めている途中で青少年向けの小説、ジュブナイルを読んでいる様な感覚さえ覚えた。本作の解説で丸谷才一がカズオ・イシグロはディケンズに師事していると書いているのがその様な事かと考えた。
不快感なく読み終える事が出来たもう一つの理由はこの物語が主人公の執事スティーブンスがロンドン近郊からイギリス南西部をある目的をもって旅するという映画で言えばロードムービー的な構造の物語であった事だろう。
主人公の回想によって物語られるこの作品では全ての登場人物は強烈な個性を読者に与えずに
その役割を明確に読者に伝えるべく主人公のスティーブンスによって整理されていると言える。
登場人物以外の物語の重要な舞台である『お屋敷』でさえ壮大な印象とは程遠い家庭的な印象にまとめられている。
なだらかに起伏するイギリスの田園風景の様に物語もおだやかに、なだらかに起伏しながら主人公スティーブンスはこの物語における唯一の目的といえるかつての同僚ミス・ケントンとの再会をどの様に果たす事が出来るのか。
そのクライマックスはあっけなく、しかし満足感を読者に感じさせながら自らの人生を振り返る事の意味を優しくおだやかに読者に語りかける。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

英国らしい洗練

2001/07/29 14:38

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:OK - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初老の執事が過ぎた日々を振り返りながら短い旅をする。という、どう考えても盛り上がりそうもない地味な筋書きの話なのだけれど、洗練された書法で出来の良い小説だった。ただ良くも悪くも、身を削って本気で書いた小説ではなさそうだなとは思うけれど。

 結局のところ小説というのは、1.登場人物の視点に感情移入して読む、2.登場人物を突き放して作者の意図や構成を読む、というふたつの段階をある程度並行しながら読んでいくものだろうけれども、本書はこれら両者のバランスがとてもよくとれている。「執事」の一人称語りは、自己を客観視しきれていないいささかうさんくさい叙述になっており、いわゆる「信頼できない語り手」の領域に足を踏み込んでいる。すばらしい執事とは何かについて彼が熱心に語ったり、冗談をうまく返せなくてまじめに思い悩む箇所なんかは、ほとんどパロディ小説のようなおかしさがある。かといって作者の態度は、執事がみずからの職業に抱く誇りをいたずらに嘲笑しているわけでもない。題名を反映した終盤の展開はしみじみと感動的でさえある。このカズオ・イシグロ自身はもちろん日系人なのだけれど、英国の作家というのは伝統的にこのあたりの案配が特に巧いような気がする。それはたとえば一般的には「現代的」「ポップ」などと評されるだろうニック・ホーンビイやアーヴィン・ウェルシュなんかの小説にも感じるところだ。

 「公/私」を対比させる構図も巧い。執事が体現するのは英国の喪われた栄光と「品格」であり(彼の新たな主人は米国人だ)、彼個人はかつて女中頭とのロマンスの機会を逸してしまったのを心残りに思っている。そして彼の敬愛した主人の英国貴族は、ナチス・ドイツに対する英国政府の「宥和政策」に加担したとして糾弾されたらしいことが示唆される。私的な問題から国家の大事に至るまで、誰にでもそんな失敗や喪失の体験はあるだろうと思う。本書はゆったりとそんな追憶に浸ってみせるけれど、しかし結局過去は決して取り戻せず、前を向いて生きるしかない。

 土屋政雄の訳文はすばらしい。「執事の語り」なんて日本語に存在しないものを、たしかにこんな調子だろうなと思わされてしまう見事な翻訳で、おそらく「ですます調翻訳」や「特殊職業の語り手翻訳」のひとつのお手本といえるのではないか。

http://members.jcom.home.ne.jp/kogiso/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公

2001/12/26 18:44

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読ん太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ダーリントン・ホールに長年執事として仕えてきたスティーブンスが、休暇をもらって自動車旅行に出る。執事らしい控えめで上品な旅である。旅先では…、これと言って取り立てるほどのことは何も起こらない。「何も起こらないはずはないだろう?」と思って急げ急げと読み進めると…、読み終わってしまった。一人、部屋の中で、天井を見上げ後ろを振り向き、「フ〜ム」と首をかしげて唸ってしまった。「それで、何なのよぅ??」と何度も呟いた。

 どうも私の読む姿勢が間違っていたようだ。本書はストーリーの展開を楽しむたぐいのものではないらしい。これは、ある男、執事という仕事に命を燃やした男の人生を読む小説だ。自動車旅行に出かけ、車の中や宿などあちこちで執事は回想に耽る。ダーリントン・ホールがかつて活気に溢れていた頃のこと、女中頭との出来事、同じ執事として尊敬すべき父のことなど。

 人はだれでも生きている内に「人生」という大長編を綴っている。主人公は著者本人と決まっている。どんなに平々凡々とした人だろうと主人公を他人に譲ることなど出来はしない。この大長編は一般の書物と違うところが一点ある。それは句読点である。「。(マル)」がない。正確には、「。」はページの最後の最後に一つだけである。これは人生の終わりを意味する。「、(テン)」は文中のそこかしこに存在する。人はそれを「人生の節目」と表現する。
 「、」を打つ時に、人はしばしば綴ってきた「人生」を読み直すという行為に至る。本書に出てくる執事は、ダーリントン・ホールが、彼が長年仕えてきたダーリントン卿の手を離れてアメリカ人の富豪の手に渡ってしまうという「、」を迎えた。そこで、執事は「人生」を読み直す。読者も執事と並行して執事の「人生」を読む。

 「人生」は元々人に読ませようという意図は皆無のものである。それをたまたま読んだ時、「人」というものに対していとおしい気持ちでいっぱいになった。だれもが主人公。ある人にとっては常に脇役のあの人も必ず主人公。みんな、みんな。

 本書を読みながら、「退屈や」を連発した私。カズオ・イシグロ氏に申し訳ない。読む姿勢ができていなかったということで勘弁してもらおう。「人生とは退屈なり」である。だから本書が退屈なのは当然のこと。イシグロ氏がこれを小説にしたということが素晴らしい。読者に、他人の「人生」をたまたま読ませられたと感じさせる手法はすごい。

 私の「人生」には、「。」を打つにはしばらく間がありそうである。耳元では常にカリカリと「人生」を綴る音がしている。今は「、」を打って回想する時期でもないようだ。突っ走るよりほかなさそうである。燃料は足りているだろうか? 走れ、読ん太!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む