サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 246件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/12/09
  • 出版社: 講談社
  • ISBN:978-4-06-380514-7
コミック

電子書籍

昭和元禄落語心中(1)

著者 雲田はるこ(著)

満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れら...

もっと見る

昭和元禄落語心中(1)

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 60.1MB
Android EPUB 60.1MB
Win EPUB 60.1MB
Mac EPUB 60.1MB

昭和元禄落語心中 1 (KCx ITAN)

税込 671 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!? 昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー246件

みんなの評価4.3

評価内訳

電子書籍

不朽の名作となるでしょう

2015/01/26 16:05

17人中、17人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まぎぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

これはもう説明不要だという気がするけど、私のように手に取るまで知らなかった人のために。。

希代の名噺家、八雲師匠に惚れ込み、出所後まっすぐに門戸をたたいた与太郎。緻密、粋な師匠の芸風とは正反対の、勢いとセンスの与太郎。その成長物語を軸に、師匠がここに至るまでの道筋、師匠の同門だった天才とその娘の物語など、複雑に絡み合ったストーリーが、様々な登場人物を交えて見事に描かれる。
その語り口にはもう感嘆。雲田はるこさんは天才だと思いました。

そして、八雲師匠の信じられないセクシーさ。BLの雲田さんを呼んでると勝手に妄想してしまいますが、そこに安易に行かずに人生を描ききったところに神を見ました。現在6巻まで出ていますが、中だるみ知らず、先に行くほど力が増すようです。マストバイなシリーズ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

これを読んでいると、実際の落語を聞いてみたくなる

2017/02/09 16:26

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

講談社漫画賞などを受賞し、テレビアニメになったりというので、何やら面白いマンガらしいというのは知っていたけれど、なかなかたどり着くことがなかった。電子書籍のよい所なのか、期間限定で無料で読むことができるというので、これを機会に読んでみた。
昭和最後の名人といわれる落語家・八雲に、氏素性のよくわからない与太郎が押し掛け弟子入りするところから話は始まる。その与太郎が落語家になっているところを描いたのがこの第1巻であり、「与太郎放浪篇」と名付けられているとおりだ。
八雲や与太郎だけでなく、いろいろな因縁のありそうな小夏やらその他いろいろな人物が登場するので、それを追っていくだけでもどんどん読み進んでいってしまう。
そう、これは落語家や落語の世界に舞台を借りた、人間ドラマとなっているようだ。そして、ここに登場する人物は誰もがそれぞれ曰くを抱えて生きているのがわかり、とても魅力的に描かれている。
落語の世界までマンガのテーマになってしまうというくらい、今やマンガは何でもありの様相を呈しているが、それでもテーマはあくまでテーマで、そこに描かれている人物が魅力的でないとマンガとしては面白くない。このマンガはそのあたりがよく描かれているのだと思う。
話としてはまだ先が長そうだが、八雲(実はこの人が一番曰くがありそうなところが、またいいんだよなあ)らのドラマにつきあってみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

キャラが良いです

2016/01/17 14:30

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のり - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビアニメも始まって、原作が気になり、買ってみました。
まだ、一巻しか読んでいないのですが、師匠や、小夏さん、与太郎の様子が、その後どう変化するのか続きが読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

結構ハマる

2016/06/08 00:19

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おっさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもしろかった。小気味よいテンポでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

まんまと

2016/03/06 00:23

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろか - この投稿者のレビュー一覧を見る

1巻無料の時に読んでみたら、はまってしまいました!
1巻無料って絶対面白いから、次読みたくなるから無料にしてるんですよね、きっと。
その日のうちに買い揃えられるのも良いんだか悪いんだか…一気読みしてしまいました。
続きが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

落語家マンガの傑作!

2017/04/30 04:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:通りすがりの偽善者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いま、なぜか世間では落語ブームだとか。
それとはホンの少しだけ世界線が違っているのかな。

落語を愛して、落語を憎み、落語に殺されて、落語に生きる。
そんな噺家たちの世代を超えたお話です。

取っつきにくいと思わずに、せめて3巻あたりまでは、お願い!読んでみて!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろい

2021/12/26 16:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねこにゃんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

テンポ良く話が進みます。出てくる人たちが、みんないいキャラしていて、話に引き込まれていきました。与太の成長が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

これは名作

2021/11/25 00:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まる子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

落語の世界には、まったく詳しくなかったけれど、この作品を読んで、落語の芸術性と歴史の重みをとても感じられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

魅了

2021/06/30 23:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読めば読むほど、世界観に魅了されどっぷりとハマってしまいます。絵は苦手でしたが、今ではそれも味があって好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

弟子入り

2021/04/13 08:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

刑務所でのお勤めを終えた「与太郎」が、漫才の名人である「八雲」のもとに押しかけ、無理やり弟子入りするとこからストーリーが始まる。絵柄がすごくいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

江戸落語の心地よいテンポそのままに

2020/06/03 12:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

江戸落語の心地よいテンポそのままにストーリーが展開してゆく。
東京下町言葉のセリフとそのポンポンしたテンポが、テーマの江戸落語にピッタリである。
きれい丁寧というわけではないが、ひょうきんな画風も落語をテーマとしたこのコミックに実によく合っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白い!

2020/02/28 20:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もんきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

落語は気になってたけど、実際の名人と呼ばれる落語家さんは興味がなくて、、、という人にもオススメ。ぐっと興味を惹かれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

八雲師匠が素敵すぎる

2018/11/25 21:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kuhnie - この投稿者のレビュー一覧を見る

八雲師匠が素敵なだけで読めてしまう。が、
実際の落語には全く興味がなかった私が、何気に落語番組を見たりしてる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

落語を聞きに行きたい

2017/01/15 12:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ohto - この投稿者のレビュー一覧を見る

無料だったから試しに読んでみたのですが、結局全巻買って読みました。八雲がすごく魅力的。落語をちゃんと聞きに行きたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

色気と落語

2017/01/12 23:00

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:四郎丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

落語を題材にした小説や漫画はいくつか読みましたが、この漫画の良いところは、つきものの辛気臭さがないところです。本物のドラマが描かれているからでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。