サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 170件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/05/17
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784101338521

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

アミダサマ

著者 沼田まほかる (著)

幼子の名はミハル。産廃処理場に放置された冷蔵庫から発見された、物言わぬ美少女。彼女が寺に身を寄せるようになってから、集落には凶事が発生し、邪気に蝕まれていく。猫の死。そし...

もっと見る

アミダサマ

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 709.5KB
Android XMDF 709.5KB
Win XMDF 709.2KB

アミダサマ (新潮文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幼子の名はミハル。産廃処理場に放置された冷蔵庫から発見された、物言わぬ美少女。彼女が寺に身を寄せるようになってから、集落には凶事が発生し、邪気に蝕まれていく。猫の死。そして愛する母の死。冥界に旅立つ者を引き止めるため、ミハルは祈る。「アミダサマ!」――。その夜、愛し愛された者が少女に導かれ、交錯する。恐怖と感動が一度に押し寄せる、ホラーサスペンスの傑作。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー170件

みんなの評価2.9

評価内訳

紙の本

これは救いの物語かはたまた外れることの無い業の輪廻か。

2012/03/21 12:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:空蝉 - この投稿者のレビュー一覧を見る

裏表紙の紹介文に「恐怖と感動が一度に押し寄せる、ホラーサスペンスの傑作」とあるけれど、沿うだろうか?感動?どこに?だれに? 
こういうことがあるから、帯のうたい文句や紹介文はアテにならない。
特に帯などには「本当にこの人は本文を読んでこにう推薦文を書いているのだろうか?」といつも思う。
そのくらい、本作には『九月が永遠に続けば』のような母&女の心の機微も、表題「アミダサマ」=仏に対する人間のイヤらしさも業の深さも苦悩も感じられなかった。
一人の「幼年期に悲惨な体験をしたため精神的な成長に乏しい」美少女を住職が養女として引き取る。
それからというもの寺周辺近所一帯の人々が何かに憑かれたように精神を病み、猟奇的な現象と事件が重なり、真っ暗な海に・・・死に向かっていく。
次第に蝕まれていく人々を前にどうすることも出来ずとまどう住職。ただそれだけの話である。

それにもう一人、廃棄処理上の冷蔵庫に裸で放置されていたその少女「ミハル」の声を聞きつけ住職とともに彼女を救い出したサラリーマンの人生も描かれ、最終的にはこの2人の知られざる関係性が明かされるわけだが、正直、それもどうでも良いことだと思う。

けっきょく、何を描きたかったのだろうか?
怪奇現象? 人間を超越した仏? カタチにならない、説明のつかない超常現象?

ミハルは愛する猫と義母(住職の母)が死ぬことを受け入れられず、かつて自分が閉じ込められた暗い真っ黒い海に連れて行かれることを断固拒否する。
これで「阿弥陀様!」と心から叫び「連れいていかないで!」と懇願するかわいげのある子供ならまだしも、そうではない。
読者に、感情はおろか言動すら殆どみせないこの少女は不気味である以前に、存在感がない。

と、ここまで散々な書き方をしてしまったが、ただひたすら縋るしか無いという阿弥陀如来への信仰を住職の絶望のなかに深く読み解いてみる。もしくは理不尽さや不可解さ、ホラーに意味を求めないのであれば楽しめるのかもしれない。
ラスト。ミハルの生が「救いの再生」と読み解くか、「絶望の業」と読み解くか。
それも含めて評価が分かれる作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

はっきりしない怖さ。

2015/08/31 17:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の名前が気になって手に取った本。終始よくわからない、モヤモヤとした空気が漂うお話でした。じわじわと巻き込まれていくような怖さを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

入り込めない世界

2016/01/25 10:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:jugemu - この投稿者のレビュー一覧を見る

『結局、どういうこと・・・???』
というのが最初の感想です。
よくわからないまま始まり、よくわからないまま異変が起こり、
よくわからないまま完結したような、もやもや感。
登場人物の誰にも、感情移入すらできませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/26 03:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/26 02:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/29 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/21 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/07 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/09 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/26 14:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/17 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/15 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/08 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/07 15:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。