サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

「無料連載ページ」リニューアル 5/23~

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/05/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784101156392

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

真田太平記(六)家康東下

著者 池波正太郎 (著)

幼い秀頼と豊臣家の行方を案じつつ秀吉が亡くなると、徳川家康は朝鮮の役での文治派と武断派の対立を巧みに操りつつ豊臣家を分断していく。そして石田三成と結んだ上杉景勝を撃つべく...

もっと見る

真田太平記(六)家康東下

税込 825 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1.2MB
Android XMDF 1.2MB
Win XMDF 1.2MB

真田太平記 改版 第6巻 家康東下 (新潮文庫)

税込 935 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幼い秀頼と豊臣家の行方を案じつつ秀吉が亡くなると、徳川家康は朝鮮の役での文治派と武断派の対立を巧みに操りつつ豊臣家を分断していく。そして石田三成と結んだ上杉景勝を撃つべく家康が会津に兵を進めると、三成が兵を挙げ、ここに東西決戦の陣形が定まる。この重大局面にあたって真田父子は会津出陣の途上で一夜会談し、昌幸と幸村は徳川軍団を離れて上田城に帰り、信幸は留まる。

掲載中の特集

歴史小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

家康の策動、景勝の胎動、草の者の躍動が物語を動かす

2009/12/27 16:32

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

秀吉の死後、天下を手中にすべく動き始めた徳川家康に対して、上杉景勝が帰国後、軍備を整えはじめたところから、西と東に別れた大名たちが機先を制すべく争いを始めたところまでを描いている。
また真田太平記一巻の始まりで、高遠城からの劇的な脱出劇を演じた向井左平次の秘密や、じきに起きるであろう戦に供えて全国を駆け回る草の者を描いている。

この後起きるであろう大戦で、家康と三成の勝つ方に見方しようと考える日和見の大名たちの思惑が入り乱れ、そして関ヶ原の戦いへなだれ込んでいく様子は、なんとか家を守ろうとする大名の人間臭さが生々しく感じられた。

歴史の大きな流れをを描きつつ、真田や草の者たちの細かい動きが描かれているのも本書が面白いことの一つであるが、そのほかにも池波氏が気に入っていると思われる人物達(滝川三九郎一績や勇猛で一命を賭して戦う武士たち)が描かれることよって、面白さと戦の臨場感が増している。
また三成に味方する真田本家に現れた樋口角兵衛も、今後どのような運命を辿っていくのか楽しみにさせる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

家康はやっぱり狸じじいだったんじゃないかと思えてしまうくだり

2017/05/15 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

秀吉の死後、豊臣家を中心とした世の中が続くかと思わせながら家康が天下人になろうとするところを丁寧に描いています。後生の者としてはこのあたりが関ヶ原の合戦へと繋がっていくことがわかっていますが、だからこそここで描かれている大名たちの動向がある種生々しい感じがします。
そんな中ではむしろ真田家は背景に引き下がってしまっているようにも思えてしまいますが、そこをそうさせないのは真田家の草の者たちの活躍が適時織り込まれているからのようにも思えます。それに、なんと言っても昌幸・幸村父子と分家・信幸が東西に別れるくだりは、これこそ『真田太平記』たるところと言えるでしょう。
これを読んでいると、家康も石田三成も人としてどこかゆがんでいるようにも思えますし、真田一族特に昌幸は天下が治まれば活躍するところがなくなる古い武家だったのだなあということがわかるように思えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

袂を分かつ

2016/02/17 13:07

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

関ヶ原の合戦前夜、真田家が昌幸・幸村と信幸が西軍、東軍に別れ戦う前夜までが克明に描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/11 16:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/04 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/20 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/27 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/23 09:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/22 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/28 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 16:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/21 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/29 20:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/10 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/28 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。