サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~6/30

honto「雨季のウキウキセール」:10円均一セール ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/05/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:9784101156422

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

真田太平記(九)二条城

著者 池波正太郎 (著)

淀君によって大坂城から一歩も外に出されたことのなかった秀頼であったが、豊臣家を思う加藤清正らの奔走によって、ついに二条城において家康との対面が実現する。しかし立派に成長し...

もっと見る

真田太平記(九)二条城

税込 825 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1.0MB
Android XMDF 1.0MB
Win XMDF 1.0MB

真田太平記 改版 第9巻 二条城 (新潮文庫)

税込 869 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

淀君によって大坂城から一歩も外に出されたことのなかった秀頼であったが、豊臣家を思う加藤清正らの奔走によって、ついに二条城において家康との対面が実現する。しかし立派に成長した秀頼の姿は、あらためて家康に豊臣家取潰しの決意を固めさせ、甲賀忍びに清正毒殺の使命が下る。東西手切れに向かって情勢が緊迫化する中、その日を見ることなく真田昌幸は永眠する。

掲載中の特集

歴史小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

豊臣家滅亡阻止に奔走する者たちの死が大阪に暗雲をもたらす

2009/12/28 19:13

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

家康からの豊臣秀頼上洛の申し入れに対し、加藤清正や浅野幸長らが秀頼上洛に奔走するころから、豊臣家が再建した方広寺の梵鐘の銘に難癖をつけ始めた徳川と、大阪方の雲行きがいよいよ怪しくなってきたところまでを描いている。

中心に描かれているのは、家康と秀頼の二条城での対面であり、それを実現させようと奔走する加藤清正と浅野幸長、そして豊臣の将来にそなえて動く両名とその死がたっぷりと描かれている。
そしてとうとう出会ってしまった真田の草の者・お江らと甲賀忍び・猫田与助らの闘い、そしてお江と草の者弥五兵衛の決死の逃走劇も見所。
さらに九度山を出奔してした後、沼田に現れた樋口角兵衛の怪しい行動が、今後、真田家に対してどのような影響を及ぼすのか非常に気になる。

豊臣の将来を案じ東奔西走する加藤清正の死には「むむっ」と唸らせられる。
本書では加藤清正の毒殺説を採っており、それを誰が指示したのかは明確に描かれていないのが残念。
ただ毒を盛った者が甲賀山中忍びなので、指示の元が「徳川家の誰か」が指示したのだと想像できる。
また清正と共に秀頼と家康の対面に骨を折った、浅野幸長の突然の死は清正の死因を想起させた。(特にその死について触れられていない)

真田昌幸や加藤清正始め次々と豊臣家のために働く大名がいなくなり、家康の揺さぶりに、怒り、戸惑い右往左往する豊臣の者たちを見ていると、もう少し何とかならなかったものかと、少々イライラしてしまった。
特に片桐且元の振り回されっぷりは、豊臣家にとっていかにも頼りないが、豊臣家と徳川家との交渉役として且元を任命したのが家康だから、且元の性格を見抜き、豊臣家を徐々に追いつめいていくために利用したのだろう。
淀の方や大野治長などの側近達は秀頼を「宝」としてしまい、持ち腐れてしまったのが残念だ。


ところで本巻で登場する馬場彦四郎と、真田太平記の個性的な登場人物の一人・樋口角兵衛について、彼らを主人公とした池波氏の短編小説がある。

●馬場彦四郎「碁盤の首(真田騒動-恩田木工-に収録)」
本巻で囲碁を好み、小川治郎右衛門の碁敵であり、勝負への執着が異常に激しい人物として描かれているが、「碁盤の首」ではその人物像にクローズアップした物語が描かれている。(この小説では馬場主水となっている)

●樋口角兵衛「角兵衛狂乱図(あばれ狼に収録)」
真田昌幸の血を引きながら、幸村・信幸の従兄弟として育った恐るべき力をもつ樋口角兵衛の物語
昌幸の義妹である角兵衛の母の罪が、角兵衛の生涯を翻弄していく様子を描いている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真田昌幸の死。そして、豊臣、徳川の手切れが近い。

2017/07/15 14:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻のタイトルにもなっている「二条城」からわかるように、徳川家康と豊臣秀頼の二条城での対面をクライマックスとして、そこへ至るまでのエピソードが続く第9巻です。
戦いに明け暮れ、天下の覇権を争った時代は終わったがゆえに、誰も戦いを望まず、そのままそれぞれが生き残っていくように考えていた頃、それが安土桃山時代から江戸時代初めの時代に雰囲気だったということなのでしょう。だからこそ、そこに加藤清正や浅野幸長らが心配りをし、豊臣と徳川の間の平安を願ったのだというのが、これを読んでいるとよくわかってきます。
そこに、甲賀や草の者たちの暗躍がからみ、虚実入り乱れて時代が動いていく感が丁寧に描かれているように思えます。そこがこの『真田太平記』の面白いところで、この巻でも真田幸村はあまり登場しません。
そうそう、それでも真田昌幸の死は語られなければならないところですのですが、それもまた時代の流れであるかのように描かれています。
この巻では、草の者・奥村弥五兵衛とお江の動向や、樋口角兵衛が改めて登場したりして、真田ゆかりの人間たちの動きが描かれているところも良いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

信之

2016/02/21 11:27

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

既に、前巻で信幸から信之に改名していますが、苦悩の長男信之が一層苦悩を深める時代に入ってきました。
大河ドラマで「大泉洋」が演じていますが、彼のような明るく・前向きで・周りの人を大事にするイメージを持った役者で無いと信之役はつとまらないのではと思わせます。
優しい兄、真田家を必ず守り抜いてくれる兄がいてこその幸村という思いがしてなりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/15 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/27 22:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/22 10:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/28 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/14 15:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/12 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/27 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/26 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/03 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/15 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/07 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/27 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。