サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/05/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-115673-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

夢の階段

著者 池波正太郎 (著)

微禄の若者小森又十郎は、辛夷の花のようだと憧れていた首席家老の娘の再婚相手に指名され、夢見心地。しかし三日後、彼は周囲の猛反対を尻目に縁談を断り、武士を捨て、陶器職人とな...

もっと見る

夢の階段

税込 616 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.0MB
Android EPUB 4.0MB
Win EPUB 4.0MB
Mac EPUB 4.0MB

夢の階段 改版 (新潮文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

微禄の若者小森又十郎は、辛夷の花のようだと憧れていた首席家老の娘の再婚相手に指名され、夢見心地。しかし三日後、彼は周囲の猛反対を尻目に縁談を断り、武士を捨て、陶器職人となる道を選んだのだった……表題作他、処女小説「厨房(キッチン)にて」から、直木賞受賞第一作「踏切は知っている」、「忠臣蔵余話 おみちの客」まで、〈作家池波正太郎〉誕生の跡をたどる、ファン必読の未刊行初期短編9編。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

素朴でスタンダードなデビュー当時の短編集

2007/11/18 21:40

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 池波正太郎の短編集である。9編の短編が集められている。本書の特徴は、まだ池波が駆け出しのころの作品を集めたところであろうか。駆け出しのころとは昭和30年前後である。今から半世紀、50年も前の作品である。
 戦後、ようやく10年が経過するころでもある。私はてっきり時代物だとばかり考えていたのだが、ほとんどがその同時代を生きる主人公が描かれている。例外はタイトルとなっている『夢の階段』と『忠臣蔵余話 おみちの客』の2編だけである。
 この2編のうち、『夢の階段』は信州某藩での物語、もう1編は忠臣蔵余話とあるとおり、吉良上野介に仕える武家の話である。
 池波正太郎の同時代の人物をテーマにした小説は、私にとっては実は初めてである。最初に登場する『厨房にて』は、航空会社の外国人パイロットの家に仕える使用人夫婦を主人公に描いている。戦争によって複雑になった兄弟との人間関係など、特別にどうということのない日常である。それにしても、時代を反映しているのだろうか、外国人の家に仕える使用人とは、あまり見聞しない仕事ではないだろうか。そこが読者の興味を引くのだろう。巻末の解説によると、この作品は池波の処女作だそうである。それだけに、池波自身の身の上をなぞっているそうである。
 『機長スタントン』は、『厨房にて』の続編とでも言えるような舞台設定である。スタントンは、やはり外国人パイロットである。同じ主人に仕える出入り業者などとの関係を描き、これまたどうということのない日常を小説にしている。
 『あの男だ!』は、駅のガード下で呑み屋を経営している主人に訪れた偶然の出会いを描く。主人は戦後まもなく犯罪を犯したことがあったが、その被害者が彼の店を訪れた。弱みを握られた人間の行動と心理を巧みに描いた作品である。
 本書のタイトルになっている『夢の階段』は、藩の首席家老の娘の再婚相手に選ばれた武家のストーリーである。一度は承諾した再婚であったが、突然断りを入れた。親戚一同は面目丸つぶれである。親友の武家にも理由を聞かれたのだが、答えなかった。その後、20年の年月を経て、お家騒動が勃発した最中に再会した2人の会話は興味深かった。
 いずれの作品も、きわめてスタンダードな短編ではあったが、池波の小説家としての将来を伺わせるものがあったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/30 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/19 12:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/05 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。