サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~10/31)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~9/30)

世界悪女物語

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/04/30
  • 出版社: 河出書房新社
  • ISBN:978-4-309-40040-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

世界悪女物語

著者 渋沢竜彦 (著)

ルクレチア・ボルジア、カトリーヌ・ド・メディチ、マグダ・ゲッベルス、則天武后……内なる魔性の命ずるまま、愛欲に身を焦がし、殺人と破壊を繰り返す十二人の女たち。権力欲に取り...

もっと見る

世界悪女物語

税込 472 4pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.2MB 無制限
Android EPUB 10.2MB 無制限
Win EPUB 10.2MB 無制限
Mac EPUB 10.2MB 無制限

世界悪女物語 (河出文庫)

税込 638 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ルクレチア・ボルジア、カトリーヌ・ド・メディチ、マグダ・ゲッベルス、則天武后……内なる魔性の命ずるまま、愛欲に身を焦がし、殺人と破壊を繰り返す十二人の女たち。権力欲に取り憑かれて悪逆無道のかぎりを尽くした彼女たちの生涯を紹介しながら、悪女とはなにかを問う。著者一九六〇年代の代表作!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

美に生き、美に翻弄された女たちの物語

2004/11/19 23:00

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RinMusic - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は昭和39年に刊行されたもので、それから18年経って筆者が書いたあとがきが巻末に綴られている—<悪女とはなにか。さしあたって、ここでは、美貌と権力によって悪虐のかぎりをつくした女性、あるいはまた、愛欲と罪悪によって身をほろぼした女性と考えておけばよいだろう。なかには、この定義にはずれる女性もいることだろうし、むしろ可憐と呼びたいような、生一本なところを示した女性もいるかもしれない。定義にこだわる必要はないだろう>(p.251)。
美への強い自意識と執着は、概して、悪魔の餌食となる。超絶技巧と引き換えに魂を悪魔に売り渡したパガニーニはミューズとなり得たが、美を得るために良心を売り渡した女たちはヴィーナスにはなれ得ない。悪行を以て自らの美を形象化する以外に、彼女たちは存在意義を確認できない。そこに悪女たちの「哀れ」が感じ取られる。「鉄の処女」を作り出すに至り、生き血の桶に身を浸して永遠の若さを欲したエリザベエト・バートリなど、その最期はまったく惨いもの。悪行を重ねていけばその悪徳も奇蹟になるという悪魔の論理によって、<魂の道徳的不感症>となった女たちを描いた12の物語…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

だましだまされだまし

2008/07/25 23:50

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:helmet-books - この投稿者のレビュー一覧を見る

人に期待するとロクなことが
ないと思うのは僕だけだろうか?

きっと期待と言うモノは常に自分の理想系であり、
自分にとって一番都合モノであるからである。

だから、人にさほど求めない、
というのが大事なのだと思う。

だから、変に大きく期待するのは、
相手方に対して無礼だったりするのだが、

やはり、それなりのコトがあると
女に対して大きく期待しすぎてしまうのは男の性なのか?

渋沢龍彦は、もっとディープな、グロテスクなイメージだったけど、
このエッセイは、そんな要素をさっぱりと語っていた。

世界にのさばっていた、
悪女の中の悪女のお話。

クレオパトラやら
マリー・アントワネットやら、
エリザベス女王やら。

彼女自身の美貌と権力をフルに活かしつくし、
一国をも動かしてしまうほどのスケール。

結局は、ギロチンされたりして、
身を滅ぼしてしまうのだけど、

こうやって、昔から男は女に、
だまされ続けられたのかと思うと、

なんだか、ため息がでる。


男と女。

よくわからない、
分かり合えないからこそ、

だまし、だまされるのだろうし、


恋愛をも、
することができるのだろう。


ちなみに、
解説は、美輪明宏

helmet-books

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

澁澤龍彦の手による悪女の面々。

2002/06/10 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書を読んでみて、桐生操が澁澤龍彦にかなり影響を受けているのだろうということが分かった。確かに参考文献に記されてはいたが、あまり孫引きばかりするのは……。まあ、歴史物は内容が被るのが当たり前だし、両者とも参考にしている原書が同じなのかもしれないが。しかし、澁澤龍彦と比べると、桐生操の悪女物は、やはり低俗な感を否めない。それが売りなのかもしれないが。
 日本の悪女も書きたかったが、小粒ばかりで書けなかったという。確かに、女性が権力を握る機会の少なかった日本の悪女は、西欧の女王や王妃と比べると見劣りがしてしまうだろう。幸か不幸か。それでも私は日本の女性の方が好きだ。「日本の悪女」を書きたいという願望が実現されたのか否か、作者の他の本も読んでいこうと思う。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪女の系譜

2002/07/31 06:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:boogie - この投稿者のレビュー一覧を見る

凄惨で残酷でありながらどこか魅力的な各国各時代の悪女13人を圧倒的な雑学知識でもって紹介している。

ルクレチア・ボルジア、エルゼベエト・バートリ、ブランヴィリエ侯爵夫人、エリザベス女王、メアリ・スチュアート、カトリーヌ・ド・メディチ、マリー・アントワネット、アグリッピナ、クレオパトラ、フレデゴンドとブリュヌオー、則天武后、マグダ・ゲッベルス。

悪女の生涯にはドラマティックなものを感じるが、本書ではそれぞれの時代・地域の価値観や風俗なども覗き見ることができて興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

渋澤氏的悪女

2017/05/27 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルクレツィア・ボルジアあたりは 悪女に入れるにはちょっと物足りないな。他の女性がとんでもない分 格が落ちる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪女

2002/04/07 13:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カノン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 有名どころがそろっている。エリザベートバートリーやマリーアントワネットなど。彼女たちの人生を客観的に見つめている。ただ「こんなことをしたからこの人は悪い人だ」ではなく、「この人がこういうことをしたのはこういうことがあったからだ」といった解説もなされており、飽きない一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/09/28 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/19 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/10 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/04 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/01 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/27 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/10 00:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/28 15:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/18 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。