サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 197件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/06/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-781301-7
一般書

電子書籍

萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ

著者 吉永南央 (著)

北関東の紅雲町(こううんちょう)で、コーヒー豆と和食器の店を営む大正生まれのお草(そう)さん。彼女は、常連たちとの会話から街で起こっている小さな事件に気付き、ひとり捜索に...

もっと見る

萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ

税込 641 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.8MB
Android EPUB 3.8MB
Win EPUB 3.8MB
Mac EPUB 3.8MB

萩を揺らす雨 (文春文庫 紅雲町珈琲屋こよみ)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

北関東の紅雲町(こううんちょう)で、コーヒー豆と和食器の店を営む大正生まれのお草(そう)さん。彼女は、常連たちとの会話から街で起こっている小さな事件に気付き、ひとり捜索に精を出す。ある日、とあるマンションの一室で虐待が行われていると気づいたお草さん。ひとり捜索まがいのことを始めるが…。悩む人たちの心に彼女の言葉は届くのか? 行動するお婆ちゃん探偵・お草さんを主人公に「老い」と「家族」を正面に据えて描く、期待の新鋭のミステリ短篇。

著者紹介

吉永南央 (著)

略歴
1964年埼玉県生まれ。群馬県立女子大学卒業。2004年「紅雲町のお草」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。ほかの著書に「オリーブ」「誘う森」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー197件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

コーヒーの香りと、風雅な和食器

2011/09/19 09:18

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「紅雲町のお草」はオール讀物推理小説新人賞受賞作。

その他
「クワバラ、クワバラ」
「0と1の間」
「悪い男」
「萩を揺らす雨」
を収録した短編集。

主人公の草さんは76歳。
「古蔵屋」という和食器とコーヒー豆の店を営んでいる。
店を手伝っているのは、元スキー選手の久実ちゃんだ。
一人暮らしの草は、店を営みながら毎日散歩をし、ポトフを煮込んだりちらし寿司を作って友人の由紀乃さんに届けたり。
また、「萩を揺らす雨」では、草のひっそりとした恋が語られている。

そんな静かな暮らしの中、草はささやかな謎を解いていく。

和服姿の草はしっかりとした、落ち着いた女性だ。行間からはコーヒーの香りが立ち上ってくるような気がするし、和食器の風雅な形は目に見えるよう。

しかし草の暮らしはそれほど優雅でもなく、忍び寄る老いの気配に怯えたり、物忘れが始まりつつある友人を見て悲しんだりと、かなりリアルだ。

老いて気楽に一人暮らし、とはよく言うけれど、夜に一人歩きをすれば徘徊だと間違われるなど、草は厳しい現実の中を生きている。
しかしそれを必要以上に嘆いたり、後ろ向きになることなく、淡々と受け止て日々を過ごしていく姿には、ある種の強さが感じられる。

古家を改築したコーヒーの薫り高い「古蔵屋」を舞台に、コーヒーを入れたり、久実ちゃんと談笑したり。そしてたまに、近所の小さな事件に首を突っ込んでみたり。

終盤に差し掛かった人生のあれこれに立ち向かいながらも、しっとりと生きていく草。

ほっと気持ちが落ち着くコージーミステリだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公の、75歳のお草さんが魅力的です。

2019/10/07 12:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

殺人事件が起こらないミステリィーというところが好きである。しかも主人公は75歳のおばあさん。...と言っても身内でもないのにそう呼んでしまうのはどうか?とやや憚れる。彼女は、理知的で、考え方が柔軟、好奇心と実行力の女性。
そんな彼女が、日常のささやかな謎を紐解いてゆく物語。そのミステリィーも面白いのだけれど、コーヒーと器店の店主を務める主人公のセンスある暮らしが素敵で、この後の続く長いシリーズも楽しみな感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日常こそミステリー

2018/05/01 11:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

BSデジタルでは今日も「傑作選」という名の、無限ループのサスペンスの再放送が垂れ流されています。人が死なないと始まらないのがテレビのサスペンスのほぼ「お約束」。今日も何人番組の中で死んだやら。
別に人が死ななくても事件は起こるわけで、本書では日常生活の中で起こる犯罪事件や人間関係のもつれを主人公の杉浦草が解きほぐしていきます。70を超えたおばあちゃんは派手なアクションはできませんが、人生の機微はよくわかります。ただし、楽隠居の枯れ草ではなく、古民家風のお店を老後に構えた、まだまだ花も実もある「草」さんです。年を重ねるってこういうことなんだなぁと思いながら、気持ちよく読み終えました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

体が歳をとったからって心も歳をとるとは限らない、自分次第?!

2015/05/17 11:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゆったりした日常を愉しみながらもその中に埋もれる事なく、自分だけで無く周りにも心をそらす事無く…今の時代、他人のことに関わる事が如何に難しいか…増して助けを求められていないのに…一つ間違えたら相手も自分も大きく傷つくプレッシャーを乗り越えてゆく精神力、行動力、どこまで口や手を出して良いのか考える思考力!76歳で持てたら!
私も60を過ぎてそろそろ老いについて考え無くては?と…自分ではまだ老いを感じ無かったのですが、周りから見たら老人かも?という事に気付かせられました。悲しい!でもそれを知ったうえで今後の行動にも気を付けて行こうなどと考えさせられました。ただ老人らしく…では無く、その事実もある事を頭に入れつつ自分らしく生きて行こうと!
60を過ぎてあんな珈琲店が営まれたら良いなー、此れからも老いの参考にさせて貰うとともに色々楽しませて貰おうと思ってます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなお店が近所にあれば…。

2015/12/22 20:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒロインは70代のおばあちゃん。とっても元気。
過去を持ってるけど今は夢を持って生きてる気風の良いお草さん。
和食器と美味しい珈琲のお店。珈琲は試飲だから無料!!行きたい。
お客さんのとのちょっとした会話の中から街に起こる事件を明らかにし解決していきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素敵なお話でした。

2015/08/31 20:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

素敵な女性の話でした!秋に読みたい一冊だと思いました。日本は特に、赤ちゃん扱い、子供扱い、おばあちゃん扱いをしすぎなのかな、とこの本を読んでいてふと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

常連になりたい店

2017/03/07 19:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

草は、60歳を過ぎてから、自分のやりたい店を始める。和食器販売店。無料試飲のコーヒーを目当てに通う常連客が多い。アルバイトの久美ちゃんに頃合いを見つけて店を任せ、幼馴染の由紀乃に手料理を運び、お茶を飲みながら話をしてくる。そんな静かな一面の中にも、小さな事件が起きては、それを草が結果的に解決することになる。
76歳という年齢を感じさせない行動や、やはり寄る年波には勝てないと感じる場面もあり、うまく書きわけているなぁと思う。可もなく不可もなくというところか。 私のなかの琴線には何も触れるものはなかったので、なんとなく読んだ、という感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

好きなお話。

2015/05/04 21:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

しゃんとした老婦人が主人公の物語です。痛快さだけじゃない、さみしさや物悲しさもありますが、それ以上に気丈さ、強さ、美意識が感じられます。また、年齢でくくろうとする人と、年齢に囚われない人の違いが際立つなぁとも思いました。主人公は、年齢に関わりなく友人になれる人、対等な目線に立てる人だと思います。私も、こういう人でありたいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

暗い

2021/01/25 11:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

お話が暗い。
日常と言いながら、全部、日常ではあり得なさそうな話。
そのへんの設定が中途半端。
まだまだ続いてるリーズだから、これから面白くなるのかなあ。
無料で飲める珈琲って、商売にならないでしょ。
豆を買わない人ばっかりが飲みそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/06/12 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 16:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/29 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/23 19:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/31 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/27 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。