サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/06/14
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-714260-5
一般書

電子書籍

鬼平犯科帳(八)

著者 池波正太郎

悪い事をしながら善い事をし、善い事をしながら悪事を働く。心を許し合う友を欺して、その心を傷つけまいとする。全く人間とは奇妙な生きものよ……とは鬼の平蔵の心の底からの述懐で...

もっと見る

鬼平犯科帳(八)

税込 581 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.7MB
Android EPUB 5.7MB
Win EPUB 5.7MB
Mac EPUB 5.7MB

鬼平犯科帳 新装版 8 (文春文庫)

税込 583 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悪い事をしながら善い事をし、善い事をしながら悪事を働く。心を許し合う友を欺して、その心を傷つけまいとする。全く人間とは奇妙な生きものよ……とは鬼の平蔵の心の底からの述懐である。盗賊でも市井の者でもみな普遍の業を心にしまいこみ、矛盾を抱えながら生きてゆく。その虚実を突きながら、情を持って応える人生の達人・鬼平の魅力いやますシリーズ第八巻。「用心棒」「あきれた奴」「明神の次郎吉」「流星」「白と黒」「あきらめきれずに」の六篇を収録。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

活劇と泣きで、また1冊読んでしまいました

2006/05/17 23:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

お馴染み鬼平の第8巻です。6つの中短編が収められています。それぞれ独立した話としても読むことができますが、なんとなく繋がっていて、時間の流れを感じることもできるのが鬼平の魅力の1つかもしれません。
この第8巻では、脇を固める人たちの活躍が目立ちます。特に親友である岸井左馬之介が登場する話が2つ収められており、「あきらめきれずに」では結婚もします。
しかし、やはり一番は鬼平の活躍が目覚しい「流星」でしょう。東と西の盗人が鬼平を苦しめますが、最後には大捕り物となり、しかも最後の最後で泣かせてくれます。
これがあるから、鬼平はやめられないのですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

笑いあり,涙あり

2008/01/24 01:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:消印所沢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

文字通り,笑いあり,涙ありの一冊.

 お笑い系の話としては,「用心棒」「白と黒」.
 人情話としては「あきれた奴」「明神の次郎吉」「あきらめきれずに」
 その間にハードボイルド調の「流星」が入るという構成.

 「用心棒」は何よりも軍兵衛のキャラクター・デザインで成功.
 オチも番頭のボケでうまく下げている.

 「白と黒」はバレ噺ふう.
 ただし,オチの一言には,やや唐突感.

 「あきれた奴」は小柳同心が主人公.
 考えてみれば,親子を助けるのも人情話の定跡なら,囚人と理解し合うのも定跡だが,まさかあんなやりかたをするとは.

 盗賊がユニークな「明神の次郎吉」.
 オチのパターンは「合わせ」で巧い.

 読めば?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/14 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/05 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/18 17:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/28 08:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/02 22:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/27 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/05 17:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/25 16:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/10 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/03 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/09 20:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/18 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/19 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。