サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 1,428件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/07/06
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川文庫
  • ISBN:978-4-04-389805-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

著者 著者:有川 浩

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲か...

もっと見る

図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1)

税込 726 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 6.1MB
Android EPUB 6.1MB
Win EPUB 6.1MB
Mac EPUB 6.1MB

図書館戦争 (角川文庫 図書館戦争シリーズ)

税込 734 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る“王子様”の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが……!?

掲載中の特集

sf小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。
ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1,428件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

お得感満載

2011/05/11 09:35

22人中、21人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紫月 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者によると本書のコンセプトは
『月9連ドラ風で一発GO!』
らしい。

でも、連ドラよりも数段おもしろい。

ライトノベル風でさくさく読めるし、その実、中身もしっかりと詰まっている。
本好きにはとりわけ、引きこまれる内容だ。

しかし、タイトルだけを見れば、なかなか本書を手にする気になれなかったのも、また事実。
『図書館戦争』って。。。
図書館が武装するなんて、イメージできない。というか、したくない。そんな小説、ばかばかしくて面白くないだろう、と思っていた。

でも、意外や意外。

荒唐無稽だと思っていた設定も、読んでいくうちに気にならなくなっていく。

さすがに図書館の武装化、対立組織との抗争などはリアリティがないけれど、規制の強化の示唆や、犯罪の原因を犯罪者の読書傾向に見るなど、そうした短絡的な論理は現実に、ある。

本を焼く国ではいずれ人を焼く

本書のような世界になってしまったらイヤだなあ、と思いつつも、登場人物たちがあまりに楽しくて、『図書館戦争』の世界は爽快だ。

主人公の笠原郁などはあまりに純粋すぎて気恥ずかしいが、十二分に魅力的だし、堂上の不器用な優しさに惹かれる女性も多いだろう。
その他、数々の脇キャラがそれぞれとてもいい味を出していて、順に主役を振ってもいいくらいだ。

タイトルに違和感を感じて読み始めるのが遅くなってしまったシリーズだが、これから一気に読んでしまいそう。

文庫化されてお値段もお手頃価格。さらに短編「ジュエル・ボックス」収録でお得感満載だし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

<図書館戦争>サーガ エピソード1

2011/07/10 17:31

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yosh - この投稿者のレビュー一覧を見る

 有川浩の人気を一気に爆発させた『図書館戦争』シリーズが文庫化されたので、これを機にこのシリーズを一冊ずつレヴューしてみよう。

 「文庫本あとがき」で著者は記す――“(本書の企画を渡された)担当さんは電話のむこうでしばらく考え込み、「…ごめん。これ、面白さが私にはちょっと分からないんだけど」/図書館で戦争。月9連ドラ風で一発GO!と実質二行のプロットを受け取ればまともな人の反応はこんなもんでしょう”
 例えば、“サメが海水浴場を襲う。男3人組が退治しに行く”とプロットをまとめたところで、スピルバーグ『JAWS』の手に汗握るスリリングな面白さと興奮が全く伝わらないのと一緒で、「担当」氏の反応はゴクゴク全うである。では、この「二行のプロット」を血肉化するため、有川氏はどういう戦略をとったか。
 
 まず凝りに凝った会話を武器にしたことである。プロットの骨格だけ取り出せば相当大甘の月9風ラブロマンスだが、著者はこれをキャラ達の絶妙の遣り取りで一気に読ませてしまう。月9が、“俳優が口にする言葉を、音声として視聴者が聞き取ることを前提として書かれた(活字で読めば相当ベタな)セリフ”であるのに対し、本書は、“読者が活字として読み取る際、微妙なニュアンスや言葉の端々に込められた感情の見え隠れ、意外性等々を頭の中で咀嚼して初めて面白さを堪能できる台詞”として書かれている。従って、会話が内包しているこの面白みは、そこに込められた感情の吐露や、諧謔味、知的ヒネリ等々を読者が理解した後――一瞬のタイムラグを置いて――読者の心中に沸きあがってくる。月9など及びもつかない相当高度な技を駆使して、会話を成立させているのである。
 このキャラなら、こういう内容を、こういう言葉にのせて、こんな口調で語るだろうという読者の予想を、様々な形でフェイントをかけて裏切りながら物語を進行させる手腕は、大したものだ。ぼく自身、単行本で刊行されて読んだ時よりも今回再読した時の方が大笑いし、時には胸熱くさせられた。

 もう一つの戦略は、「図書館」を舞台に設定したことである。朗読CDではなく電子書籍でもなく、わざわざ単行本なり文庫本なりを手にとって読むのだから、消費者(=読者)がある水準以上に本好きであることは自明の理である。この自明の理のど真ん中を著者は意図的に撃ち抜いた。音楽ではなく、映画でもなく、スポーツでもなく、わざわざ書物を読むために相応の時間を費してくれる人間は、皆基本的に本好きである。そして本好きならば、生涯のどこかの時点で図書館のご厄介になっている公算が高い。娯楽が山ほどあるこのご時勢においてわざわざ本に時間を費やそうという人間にとって、「本」と「図書館」を守ろうというプロットが琴線に触れないわけが無いではないか。
 これが地球だったり、男女の愛だったり、正義だったりすると異論百出だが、「本」「図書館」を素材にした時点で、読者はこの物語に素直に感情移入させられる。図書特殊部隊および図書館員の全員に対し、無条件でエールを送る。この大前提に読者を無条件降伏させたうえで、男女の愛や正義まで注入するのだから、読者は著者のなすがままに、感動と興奮を増幅していくだけだ--。まことにもって周到な戦略である。

 本を愛する全ての人間に手にとって読んで欲しい、実に愛おしい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久々のヒット

2015/09/29 16:27

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まる - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画などヒットしていることは知っていたが、タイトルからなかなか興味が持てず、スルーしていた。
遅ればせながら、読み始めてみたら最後まで止まらなかった。期待以上の面白さで、今後何度も読み返すこと間違いなしのお気に入りの一つになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いとおしい(*^_^*)

2015/11/11 08:22

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

郁の王子様崇拝はもちろんなんだけれども
同上教官の心の葛藤が、愛おしい(*^_^*)
登場人物がみ~んな生き生きしてて、大好きだ♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

繰り返し読み返し

2013/02/21 23:19

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jupiter - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めてからそんなに前ではないのに図書館戦争シリーズ全作品を読み始めてから、読み返した回数がカウント出来ない位です。 面白すぎて思い出し笑いを防止するのに大変苦労します。
シリアスな部分とおちゃらけた部分のギャップが激しすぎて。
この方の頭の中身は一体・・・。 女性なのか男性なのか、はたまた違う生命体なのか大変興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

本好きの人に!

2021/02/14 09:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みnami - この投稿者のレビュー一覧を見る

一冊目はラブコメ要素が薄く、「ちょっと苦手だな〜」っていう人でも読みやすい。
また、登場人物の「本を守る」というという気持ちがとても現れていて、本好きの人ならきっと読んでて応援したくなると思う。
ラブコメとアクションだけでなく、郁ちゃんの明るい性格とか、他の個性的なキャラクターとか読んでて楽しいし面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラブコメ要素満載の近未来SF!

2020/10/29 13:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なのはな - この投稿者のレビュー一覧を見る

著書の自衛隊知識も存分に生かされた特殊設定の近未来小説でした。しかも主軸には分かりやすいラブコメを置き、ハラハラドキドキしながら楽しく読めました。戦闘シーンがあったりして緊迫感もありますが、どことなくユニークな憎めない個性的なキャラがたくさん出てくるので、全体的に暖かいトーンの小説でした。図書館検閲という本好きには身近なテーマだったのも良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感情が大忙し

2020/10/18 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MR1110 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ラブあり戦闘ありコメディありの多彩なストーリー展開ですが、ごちゃごちゃする事なくさすが有川浩さん!と思わせるドキドキワクワクの物語。大好きなく一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しい!

2018/12/01 10:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

アクション物なのに、この胸キュンは何?(笑)映画も観ましたが、これまたキャラが潰される事なく見事なキャスティングでした。小説も映画もいいなんて珍しい。ただ、胸キュン度合いは小説の方がかなり上。頑張る体育会系女子。それを叱る鬼教官。体育会系女子ピンチ。助ける守る慰める教官。いやぁ、小説だからこその、この甘々な感じが堪らない。そして、巻末のショートストーリーの堂上教官強くて、不器用で、可愛すぎます。こりゃ、体育会系女子には堪らん(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろかった

2018/08/01 20:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こたまきむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川さんの作品が好きで、最近よく読んでいます。
ただこの「図書館戦争」というタイトルに興味が持てずにいたのですが、読んでみるとおもしろかった!!
2巻が楽しみで、さっそく今から読もうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白くてついつい吹き出してしまう

2018/06/30 20:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:avocado - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館が図書隊を編成して武装しなければならなくなった時代、自分の読みたい本、読もうと思った本が「問題図書」として奪われていってしまう時代、
そんな時代になって欲しくない!と切実に思う。

そしてそんな時代に必死で争う少女の物語、まるで劇のように進むお話にきっと夢中になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

図書館が武装!?

2017/12/19 14:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:本大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館が武装した「図書隊」。良化委員会から本の自由を取り返そうとする。言論の弾圧というテーマだが、とても面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもしろい!

2017/10/16 22:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:L - この投稿者のレビュー一覧を見る

世界観にひかれて読みましたが、想像以上のスケールでした。検閲に恋愛に内容盛りだくさん。巻末の短編もよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ベタ甘成分大

2017/02/09 19:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館戦争シリーズ第一巻
正直に言おう。
す、好きです!!!
内容はツッコミどころ満載、ベタ甘王道ラブコメです。恋愛成分はだいぶ高い。
そもそも有川浩さんの作品はベタ甘ラブコメが多いです。
電車で読んでいて、おもわずにやけますので注意(笑)
ヒロインの郁は純粋でどこまでもまっすぐなのに強い女性で憧れずにはいられませんし堂上はツンデレありがとうございます(土下座)って感じです。郁も堂上も不器用で、それゆえに想いのすれ違いがあって読んでいてむねきゅん。

手塚は容姿端麗で頭脳明晰なのに、肝心なところでおバカ(笑)かわいすぎませんか!!!尊いと思います。これからまっすぐな郁と接することで、変わっていくか楽しみです。


読みやすくすっとすぐに読み終えてることができます。有川浩さんの作品はいろいろ読みましたがこの作品も好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おすすめ

2016/07/06 22:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そら - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化を知って小説からみてみようと思い、書店で探したところ巻数の多さに驚きました。
今は読んでいる最中ですが非常に読みやすいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。