サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~3/14

最大40%OFFクーポン ~3/14

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 927件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/07/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • ISBN:978-4-16-660841-6
一般書

電子書籍

聞く力 心をひらく35のヒント

著者 阿川佐和子

「週刊文春」の名物対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」が、連載900回を超えた。20年間で取材した各界著名人は1000人近い。が、未だにインタビューに苦手意識があるという...

もっと見る

聞く力 心をひらく35のヒント

税込 880 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.5MB
Android EPUB 3.5MB
Win EPUB 3.5MB
Mac EPUB 3.5MB

聞く力 心をひらく35のヒント (文春新書)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「週刊文春」の名物対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」が、連載900回を超えた。20年間で取材した各界著名人は1000人近い。が、未だにインタビューに苦手意識があるというアガワ。なぜ相手の本音を引き出すことができるのか? 本書では、数々の失敗から会得した「『分かります』と安易に言わない」「『たとえば?』『具体的には?』は話を掘り下げるのに有効」「なぐさめの言葉は2秒後に」などの“秘訣”を、インタビュー時のエピソードとともに初披露する!

著者紹介

阿川佐和子

略歴
1953年東京生まれ。小説家、エッセイスト。檀ふみ氏との共著「ああ言えばこう食う」で講談社エッセイ賞、「ウメ子」で坪田譲治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー927件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

よく書いてくれました!

2012/01/24 10:06

71人中、66人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:セケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「聞く力」という新書の題名を見ると、著者は心理学者とか言語学者、もしくは名人の域に達したインタビュアーを想像する。
あの「アガワさん」が書いたというだけで、面白い本に違いないと注文してしまった。

内容はとにかく具体例が多く、軽妙なエッセイで知られる著者であるから読み物として面白い。
・質問の柱は3本
・話が脱線したときの戻し方
・聞きにくい話を突っ込むには
などなど30以上の項目について書かれている。

高いところから、こうしなさいと言うのではなく、
彼女の失敗談などをおもしろおかしく書きながら、大事なポイントをさらりと伝えているのがすごいと思う。
実用書として役立てるも良し
軽いエッセイとして楽しむのも良し
久々にアタリ♪の本だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

対話を大切にしたい

2012/12/03 11:21

16人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maru-jiji - この投稿者のレビュー一覧を見る

ことばの使い方に関心を持っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかりやすい!

2013/07/16 16:59

6人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スギモ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人柄通りの温かさ。それでいて的確な言葉、文章で論点を外しません。阿川さんの視点の確かさと読者側の興味との距離感はいつも絶妙ですね。
会話、交渉術の手引き書としても良い本ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

間違いない

2013/05/20 23:15

5人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

流石阿川さん、おもしろい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ためになる!

2019/04/17 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はるはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

友達と話すとき、職場で老若男女問わずお客様とお話するときなどなど、誰かと話をするどんな場面でも役立つヒントが詰まってる!面白い本だった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

聞く力とは

2018/04/29 21:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サト - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が普段テレビで見せている語り口調のような軽やかな文体で非常に読みやすかった。
 聞く為の技術としての「オウム返し質問」や心構えなどが、わかりやすいエピソードを交えて書かれてあり、ためになったと思う。
 服装や食事など、聞くこととは直接関係なさそうなことも実は大切なのだと知り、これから気をつけようと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読みやすい

2013/02/21 13:08

6人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きゃ4 - この投稿者のレビュー一覧を見る

阿川さんの語り口そのままでとても読みやすいです。ためになるし、インタビューした人のお話もいろいろ読めてお得!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

聞く力

2016/06/01 00:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Cherry - この投稿者のレビュー一覧を見る

サワコの朝を見て、この本に興味を持ちました。
阿川さんが、ゲストに会うまでに、情報を集め、どんなに努力しているかよくわかりました。
時には、予想していない話題で盛り上がったり、難しい場面に直面することも多々あると思いますが、相手の反応を見ながら、話を変えたり、相槌の打ち方など、勉強になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

阿川佐和子さんの対談いろいろエッセイ

2016/04/21 23:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

阿川佐和子さんのエッセイや対談集はよく読んでいたのですが、新書でこのタイトルでベストセラーと聞きまして、なんだか薄っぺらいなぁと敬遠しておりました。
この一冊読んだから、即、聞き上手、コミュニケーション力がつくわけない、と考えていたのです。

 この本は自己啓発本にジャンル分けされるかもしれないけれど、興味深く読めたのは阿川佐和子さんが実に様々な失敗を重ねて、長年対談の仕事をテレビ、ラジオ、雑誌で続けてきた、その経験値の高さゆえ。

 象牙の塔の偉い学者とか、ワンマン社長が語る身につかない、面白くもない、コミュニケーション力の本ではなく、いかに対談前に緊張するか、最初は入念な準備をしていたのが、そのやり方を変えていく過程、聞きたくない、聞きにくい事を聞かなければならない時のプレッシャー、様々な失敗や成功、色々な人たちとの話、相槌の打ち方も一通りではなく、相手によって臨機応変に変えていかないといけないといった経験、厳しい経験・・・ああしなさい、こうしなさいはほとんどありません。

 やはり、人に話を聞くというのは相手が100人だったら100通りあってマニュアルはない、ということを阿川さんは自身で十分経験されているから説得力があります。
よく簡単に「傾聴しましょう」なんて言われますけどね。
色々な人のエピソードがありますが、知ったかぶりをしてもすぐにメッキははがれる、という事からデーモン小暮閣下に正直に「ヘヴィメタって何ですか?」という直球質問をした話が好きです。
私も、知らなかった事で、お答えが実に理路整然。

 タイトルで敬遠していたけれど、ヒントになるというより興味深いエピソード集でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

目次が重要。「こころをひらく 35 のヒント」。

2014/02/10 12:53

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Daisaku0425 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「目次項目 35」 のうち、ひとつでも興味を持つ項目があれば、購入するに値する著書だと思います。

この著書を知ったのは、ある雑誌で紹介されていたからです。
その雑誌では、「聞く力」をアップする方法として、「こういう場合は、こういう聞き方をすると話しが広がりますよ」っていう事例、ヒントが完結に書かれておりました。


会話における「聞く力」、「質問力」といった方法論を獲得したい人にとって、各項目の題目を意識して読まないと単なる事例集、エッセイ的な雰囲気がしてしまうでしょう。


そういう意味では、この阿川さんの「聞く力」という著書は、「男性」向けではない、「女性」向けの著書のような感じはしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

会話は生もの

2013/02/11 15:11

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

遅ればせながら、阿川さんのベストセラーを読みました。
 本書は、対談時の様々なエピソードに重きが置かれていて、ちまたに溢れる「〇〇力」といった自己啓発本とは一線を画しています。つまり、筋書きどおりには進まない対談の中で、どのようにして対談相手の思わぬ側面や魅力を引き出してきたかについて、失敗談を含め、様々な実話が紹介されています。対談企画や対談番組の舞台裏は、意外と興味深いものがありました。また、TVタックルで見事に仕切る阿川さんも、紆余曲折を経て「インタビューのプロ」になったということが、良くわかりました。

 また、このエピソードの一つ一つに「聞く力」のヒントがある、つまり、「一生懸命、真摯に聞く」こと(12ページ)を基本とし、聞き出すコツとして、35のヒント(相づち、オウム返し質問等)が提示されています。
 中でも、私は鶴瓶さんがおっしゃる「トークは生もの」(91ページ)という言葉が印象に残りました。会話は流れが重要。したがって35の「ヒント」を念頭に置きつつも、こだわりすぎないことが肝要ということでしょうか。
 私は、トークはあまり得意ではありませんので、何とか「聞き上手」になりたいと思ったのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

阿川さんのキャラだからできるのでは?

2013/10/16 13:14

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぐてぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

簡易な文章ですらすら読めました。阿川さんの体験談を通して書かれています。ですが、阿川さんのキャラクター、学習意欲だからこそできたことが多く、どれも簡単にまねできるものはなく、これを読んで「聞く力」をつけようと思う人にはお勧めできません。逆に、いまの阿川さんを形成している人間力のプロセスが分かるので、その辺りに興味がある方にはお勧めできます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

聞く力

2019/09/23 15:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まち - この投稿者のレビュー一覧を見る

阿川さんの文章は読みやすい。内容は、、、まぁそうですよね、と思うような当たり前のことが書かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

無知を認め、心をひらく。

2016/03/21 19:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「心をひらく」とタイトルにもあるが、聞き手の心が開いていないと話し手の心だって開かないだろうなと思ってしまう。
「ロックとはなんぞや?」というデーモン閣下のエピソードが読みたくて購入したが、「知らないことは知らないと正直に認める」というのは、専門知識を持つ相手に語ってもらうにはいい方法なのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

初めての

2013/07/30 14:30

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:junko - この投稿者のレビュー一覧を見る

タブレット購入でようやく読む時間が出来ました。やはりPCで読むより持ち歩いての読書は良いですね。
大変勉強になりました。
これからもう一度最初から読み返します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。