サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(~3/31)

ジョージアCoke on×hontoキャンペーン2017

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 「国際協力」をやってみませんか? 仕事として、ボランティアで、普段の生活でも
「国際協力」をやってみませんか? 仕事として、ボランティアで、普段の生活でも

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2012/07/20
  • 販売開始日:2012/07/20
  • 出版社: 小学館
  • ISBN:978-4-09-388229-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

「国際協力」をやってみませんか? 仕事として、ボランティアで、普段の生活でも

著者 山本敏晴 (著)

さあ、最初の一歩を踏み出してみよう!「国際協力」には、いろいろな関わり方があります。ボランティアとしてだけでなく、職業として、自分自身の生活も支えながら、「世界を救う仕事...

もっと見る

「国際協力」をやってみませんか? 仕事として、ボランティアで、普段の生活でも

972(税込)

ポイント :9pt / 紙の本より648おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

「国際協力」をやってみませんか? 仕事として、ボランティアで、普段の生活でも

1,620(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.8MB 無制限
Android EPUB 7.8MB 無制限
Win EPUB 7.8MB 無制限
Mac EPUB 7.8MB 無制限
電子全品対象!ポイント最大50倍!

こちらは「エントリー限定!電子書籍ストア ポイント最大50倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月23日(木)~2017年3月31日(金)23:59

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

さあ、最初の一歩を踏み出してみよう!

「国際協力」には、いろいろな関わり方があります。
ボランティアとしてだけでなく、職業として、自分自身の生活も支えながら、「世界を救う仕事」ができます。
そして、普段の生活の中でも、「世界を救う」ためにできることがたくさんあります。

「いつ、だれが、どこで、なにを、どのように、なぜ、国際協力をやるのか?」を、国際協力の世界でさまざまな経験を積んだ著者が、会話形式でアドバイス。国際機関、政府機関、NGO・NPOなどの現状はもちろん、問題点も解説。さらに、それ以外でも、企業や普段の生活でもできる「国際協力」の方法を提言。これから「国際協力」をやりたいという方はもちろん、すでに「国際協力」の世界に飛び込んだ方まで、「世界のために、社会のために、何かをしたい!」と思った時に、是非お読みいただきたい1冊です。

山本 敏晴 ● やまもと としはる
医師・医学博士・写真家・国際協力師。数々の国際協力団体に所属し、アフリカや中東で医療援助活動を行う。2003年より2年間、国境なき医師団・日本理事。NPO法人宇宙船地球号を創設。「持続可能な世界」の実現を目指し、世界に目を向ける人々の育成を行う。

著者紹介

山本敏晴 (著)

略歴
1965年生まれ。宮城県出身。医師・写真家・国際協力師。アフリカ等で医療援助活動を行う。元国境なき医師団日本理事。NPO法人宇宙船地球号創設。著書に「国際協力師になるために」等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/04/25 07:41

投稿元:ブクログ

国際協力とは何かを国際協力について考え始めたばかりの初心者と山本氏の対談形式で書かれている。内容とは関係ないが、この女子がものすごい初心者としての設定だからか、ちょっとイラっとするほどおちゃらけた書かれ方だなと思った。内容は、非常にわかりやすく、ポイントが繰り返し語られて押さえてあるので頭に入りやすい。ちょっとした予備校の授業のような本。出来ることから国際協力。巻末の資料が後に関連情報を調べるのに役に立った。

2012/07/10 12:18

投稿元:ブクログ

「国際協力」とは何かにはじまって、そのあり方、何をどう考えなければならないか、どう行動に移すか、横たわる問題点、心構えなどなど、初心者の女の子と対話形式のごく平易な言葉で、本当に具体的にわかりやすく書かれている。
中高生向けだが、きれいごとだけではなく、国際社会や資本主義社会、貧困や内戦にあえぐ国々など、それぞれにおける国際協力というものの裏側も、きちんと説明してくれているので非常に勉強になる。

著者の本は3冊目かな、4冊目かな?
人生を懸けての精力的な活動に本当に頭が下がります。

2015/05/22 13:27

投稿元:ブクログ

対話式で読みやすくしているのだろうけれど、学ぶ側の役の子があまりにも無知丸出し過ぎて、読んでいて疲れてきました。

2013/07/02 11:59

投稿元:ブクログ

国際協力に興味があったら最初に読む本。でも国際協力を簡単にやろうと思ってはいけないのだということを思い知らされる。

2012/05/12 10:30

投稿元:ブクログ

国際協力についてわかりやすく書かれてた(`・ω・´)
なぜ、国際協力が必要なのか
どんな思惑があるのか
どんな方法があるのか

綺麗事じゃなくて、組織の問題点とかもわかりやすくて良かったです!

2016/07/31 15:12

投稿元:ブクログ

国際協力を始める第一歩として、
どこで、だれが、どのようにやるのかトーク式に書かれた本。各章にはまとめも書かれていて、わかりやすい。



特に印象に残ったのは、国際協力は、事前によく勉強し、準備をし、自分が満足するだけではなく、他人を幸せにできる可能性があるものだということ。

また、自己満足の気持ちを心の奥底に沈め、なるべく我慢し、プロジェクトが終わって成功した時、初めてちょっと自己満足を感じるようにする。
プロジェクトを実施している最中は、あくまで客観的に論理的に、現地の人々が喜ぶ可能性かわ高いことを選択していき、迷惑を排除し、持続可能性も達成しながら、地元の人々の長期的な幸せを追求していく姿勢のことを国際協力という。
(p.135)



そして、持続可能性を維持するために、最も重要なことの1つが住民の主体性である。(p.145)




人口が急増することで、エネルギーが枯渇するという問題にこれほどまでに直面しているとは思わなかった。

2012/10/05 13:53

投稿元:ブクログ

国際協力に興味があるけど、あまり知らないって人に最適な入門書。
知っていたこともあったけど、初めて知ったこともいくつかありました。
国際協力の綺麗な面だけでなく国際協力の裏も知れて良かった。

もう一度読んで、今度は大事なところをメモにとっておきたい。

2012/11/28 19:47

投稿元:ブクログ

国連とは国際連盟のことで英語ではNPOだと勘違いしている、早紀という残念な女性が太鼓持ちとなって、著者が国際協力について語る本です。他のレビューだと対話形式で読みやすい!とか書かれているけど、こういうのは対話と言わず、ただのおしゃべりというんだと思う。

早紀の発言を読む意味は全くないし、中身もむちゃくちゃ。「なくなってしまうような(石油などの)資源は一切使わず、処分に困るようなゴミもいっさい出さない形で、企業が商品を作っていけばよ」く、「そのような法律をつくり、全ての企業に義務づけてしまえばよい」(p.193)んだって・・・早紀は「賛成!!」って返事するだけ。。。できるなら最初からやってるわ!!ってつっこむところだろそこは。

同じ著者の『国際協力師になるために』はいい本だったんだけどなあ。

2012/06/20 20:14

投稿元:ブクログ

国際協力について、かなり易しく書いてあります。

国際協力について、多くの人が誤解しているであろう部分も、きちんと書かれています。
対談形式で書かれていて、楽しい。

入門書としてばっちり。

2012/05/02 03:56

投稿元:ブクログ

対談形式のため読みやすく、内容も分かりやすい。
また、各章に「まとめ」が書かれているので、知識として頭にも定着しやすい。

「国際協力」なんて、大それたことは自分には無理であろうと思いながらも、心のどこかで憧れというか、何か自分でも役に立てることはないかと思う人は、以外と多いのではないでしょうか?

また、遠くない将来、世界が直面するであろう問題も分かりやすく書かれているため、知的好奇心も掻き立てられる。
著者の意見には、説得力がある。

2013/03/17 11:31

投稿元:ブクログ

読みやすさが良い点でもあり、悪い点でもあり。
対談形式はとても良い考えだと思うが、相手役の女の子の軽さがあまり好きになれなかった。そこまで方言による差別化もできていなかったし……。
ただ、内容はわかりやすいし、日常の中でもできる「国際協力」がよくわかった。勉強を進めたい。

2015/11/19 21:06

投稿元:ブクログ

国際協力の裏側というか、
あまり見たくない部分も教えてくれる本。
国際協力に参加したいという思いも大事だが、
それと同じくらい大事なのは
正しい知識を身につけることだと思った。

2016/12/08 23:18

投稿元:ブクログ

国際協力をしたい!と思っている人におさえておいてほしい本。

中高生向き、と一部の人に言われている通り、中高生でも読みやすい会話形式。

きれいな事ばかりではなく、悪い面、汚い面についても記述があるのがとてもいい。信頼できます。

国際協力、に対して初心者の方におすすめします。
また、会話形式で読みにくい事もあるかと思いますが、初心に戻りたい人にもおすすめ。

生き方・ライフスタイル ランキング

生き方・ライフスタイルのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む