サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/08/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-110923-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

時間の習俗

著者 松本清張 (著)

神奈川県の相模湖畔で交通関係の業界紙の社長が殺された。関係者の一人だが容疑者としては一番無色なタクシー会社の専務は、殺害の数時間後、遠く九州の和布刈(めかり)神社で行われ...

もっと見る

時間の習俗

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.4MB
Android EPUB 4.4MB
Win EPUB 4.4MB
Mac EPUB 4.4MB

時間の習俗 改版 (新潮文庫)

税込 737 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神奈川県の相模湖畔で交通関係の業界紙の社長が殺された。関係者の一人だが容疑者としては一番無色なタクシー会社の専務は、殺害の数時間後、遠く九州の和布刈(めかり)神社で行われた新年の神事を見物し、カメラに収めていたという完璧すぎるアリバイに不審を持たれる――『点と線』の名コンビ三原警部補と鳥飼老刑事が試行錯誤を繰返しながら巧妙なトリックを解明してゆく本格推理長編。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

代表作といってもいいのでは。

2022/01/27 15:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

松本清張には、ゼロの焦点、砂の器、点と線など、代表作、有名作と言われるものが多い。
本書もそれらに仲間入りさせてほしい。ただ、上記3作にくらべれば、知名度は低いし、レビュー数もかなり少ない。

清張ミステリーにはシリーズ物が少ない。少ないどころか、点と線と本書が唯一のシリーズ物と言える。
シリーズ第2作だからなのか、点と線より評価がされていないのは悲しい。
評価が低いなんてことは絶対ない。すくなくとも本格性については同等か、それ以上ではないかと思う。
点と線が、社会派と本格派との融合だったのが、本書では本格派に絞っている。そこが評価の低い一因となるのだろうか。

おそらく清張は、点と線よりももっともっとすごいトリックを書きたくて本書を書いたのだろうと想像できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ついつい「点と線」と比べてしまいますが

2017/01/31 22:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:midnight-sun - この投稿者のレビュー一覧を見る

2007年のビートたけし主演のドラマ「点と線」は、鳥飼刑事と警視庁の三原刑事は事件の後二度と再開することなく、老年となった三原刑事に、同じく年を重ねた鳥飼の娘が東京へ会いに来て、事件を回想するという設定から始まる。しかし、これはドラマのオリジナルの設定であって、鳥飼・三原のコンビが活躍する作品としては後に書かれたのがこの「時間の習俗」がある。当時の社会派推理小説としては、題材としている社会的背景という点で「点と線」が秀逸なのだろうが、事件解決に至る過程はこちらの「時間の習俗」の方が密度が濃いのではないだろうか、そういう見方もあって良いと思います。それと、もう少し文章が丁寧に書かれていたら、「点と線」のような鳥飼・三原両刑事の互いの信頼に思いを馳せて読むことができたかもしれないが、さすがに多作な時期ということもあるのか、話の展開を追うだけという雰囲気が感じられて、その点も若干残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本格ファン必読!『点と線』以上にトリッキーな「アリバイ崩し」

2000/08/10 01:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松谷嘉平 - この投稿者のレビュー一覧を見る

■極めてトリッキーな「アリバイ崩しもの」の本格推理小説。
▼神奈川県の相模湖畔で交通業界紙の社長が殺害される。三原警部補は容疑者としてタクシー会社の専務に注目するが、彼は殺害推定時刻の数時間後に九州の和布刈(めかり)神社で行われた神事を見物していたと主張、その写真を証拠として提出する。三原は「あさかぜ」の事件(『点と線』)時と同じように、福岡の鳥飼老刑事の協力を受けながらこの鉄壁と思われるアリバイを解明していく。
■『点と線』以上にトリック小説としては高度な作品。非常に手強いアリバイ・トリック(ちょっと物理的には時代遅れになってますが)を、幾多の試行錯誤を経て解明していく展開は、まさに推理小説。「これをパズラーと言わずして、何と言う」といった感じ。なんですが、あまり評価されないんですね。その理由は結構、単純なんじゃないかなって思います。
■まず、犯人があまりにも早くから一人に絞られてしまうこと。
つまりフーダニット性が皆無。『点と線』の方は同じように見えて実はそうではない作品で、しかも「動機の複雑さ」というのも用意していたりするんですが、そういうのは、まるでなし。動機も単純で掘り下げもなく、その点「社会派」とも言えないです。
■阿刀田高は『松本清張あらかると』で、本作について「刑事コロンボを想起した」というようなことを書いているんですが、確かに、倒叙物のスタイルでストレートに書かれていた方が面白く読めたかもしれません。
■このことを含めて、結局、本作の欠点を一言で言えば、小説としての叙述に魅力が乏しいということなんですね。
■特に推理の過程が単なる「説明」に流れてしまうところが問題。このことは『点と線』でも多少言える事で、もしかしたら清張の欠点なのかもしれませんが、それでも後者では推理している三原の「様子」を同時に描くことで上手くカヴァーできてるのに対して、本作の方は、そういう部分の描写が少なく、叙述と推理の説明の間の距離がゼロに近くなってしまってるところが多すぎて、何だか小説のシノプシスを読まされているような気分になってしまい、著しくサスペンスが減退するという悪い結果になってしまっています。
■このころは清張は完全な流行作家で忙しかったんでしょうし、本作がそうかは判りませんが、口述筆記もしていたようで、その点で小説としての表現に不備が出てしまったんでしょうね。そういう点がきちんとしていれば、かなりの傑作になったと思われるので、ちょっと残念。ただ、マニアな方は、絶対に抑えておくべき一編かと思います

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/02/28 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/18 23:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/22 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/27 07:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/03/06 08:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/14 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/26 08:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/25 08:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/31 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/23 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/10 21:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/30 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。