サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 新書
  5. 新潮社
  6. 新潮新書
  7. 二十年後―くらしの未来図―(新潮新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/08/03
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • ISBN:978-4-10-610053-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

二十年後―くらしの未来図―(新潮新書)

著者 平尾俊郎 (著)

夢コントローラー、健康診断機能付きトイレ、人間洗濯機、360度回転する一戸建て、お手伝いロボット、掃除不要のバスタブ……。暗い未来図にはもううんざり。童心に戻って未来にワ...

もっと見る

二十年後―くらしの未来図―(新潮新書)

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 539.6KB
Android XMDF 539.6KB
Win XMDF 539.3KB

二十年後 くらしの未来図 (新潮新書)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夢コントローラー、健康診断機能付きトイレ、人間洗濯機、360度回転する一戸建て、お手伝いロボット、掃除不要のバスタブ……。暗い未来図にはもううんざり。童心に戻って未来にワクワクしてみませんか。最新技術で暮らしはどう変わるのか? 二十年後の我が家はどうなっているのか? トイレ、バス、冷蔵庫、テレビ、洗濯機、ベッド等々、身近な商品の未来から見えてくる快適で愉快な二十年後の生活像。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

こんなこといいな、できたらいいな

2004/04/12 16:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べあとりーちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は「未来図」と題する16の章と、本筋からはちょっとハズれた遊び心のあるアイテムについての5つのコラムから成っている。家の中のいろいろなシーンごとに20年後のスナップを切り取って見せる仕組みである。
 未来図のうち「防犯」や「エネルギー」、「キャッシュ」については、たぶん20年も待たなくても実現されるのではないかと思う。バイオメトリクスを利用した家庭用防犯システムは、残る問題点は量産化とコストダウンがどのくらい早く実現できるかだけだろう。エネルギーに関しても、家庭用太陽光発電システムはゆっくり確実に普及しているようだし、天然ガスから水素を取り出して使う家庭用燃料電池ユニットも、庶民が奮発できるお値段まであとひと踏ん張りといったところらしい。電子マネーも欧州では実用段階を超え、既にかなり普及している。日本で根付くかどうかは技術的なもの以外の問題であろう。

 もう少し突飛な話題が読みたい読者には「トイレ」や「ベッドルーム」の章がお勧め。便座に座ると体重測定や体脂肪測定をしてくれるトイレ、そればかりか用足しした排泄物を分析して体調チェックまでしてくれるトイレを、まじめに開発している人たちが実在するとは。個人的にちょっとそれは絶叫ものでイヤなのだが、よく考えると「おしりを洗う」便座も、出たばかりの頃は「そんなの気持ち悪い」という人も多かった。体調チェックトイレが普通になったら、その辺りの感覚も変わってくるのかもしれない。
 夢をコントロールできるベッドは純粋に待ち遠しい。よくSFに出てくる「サウンドスリーパー」が体験できるとしたら、やっぱりワクワクするではないか。水に浮かんで完全にリラックスできたり、頭寒足熱の温度調節をしてくれたりするベッドもいい。冷え性の筆者は思わずチェックしてしまった。

 こんな具合に、小難しく考えることなく楽しめる読み物としてはなかなか面白かったのだが、ちょっと詰めが甘いかと感じる部分がなかった訳でもない。例えばテレビや冷蔵庫の章である。
 ユビキタスの延長で、ホームネットワークが普及すると予想している人たちはかなり多い。テレビが主端末になり、家中の家電製品をネットワークで繋いで好きな場所からいつでも操作できるようになるのだそうだ。だが近い将来そういうシステムや家電が出てきたとしても、筆者は当分買わないし手を出さない。何となれば、コンピュータの操作性にまだまだ信頼を置いていないからである。

 筆者がPCに触り始めてから15年以上が経つ。その間、マシンはどんどん早くなったしインターフェイスもかなり洗練された。ある面使いやすくなったのは間違いない。
 しかし相変わらずメンテナンスは不可欠で、それでもフリーズしたりクラッシュしたりがなくなった訳ではない。LANなど組んだ日には設定だけで大汗をかき、デバイスドライバが落ちればまたまたメンテと再設定。
 家中の家電を繋いだりしようものならどれだけの手間暇がかかるだろう。たとえ留守中に多少の家事をこなせても、帰宅後寝るまでメンテとかいう羽目に陥らないとは言い切れまい。そんな本末転倒は御免である。
 在庫管理やメニュー提案してくれる冷蔵庫も、推進派が言うほど魅力を感じない。晩御飯を考えるのも億劫なほど疲れている時に、献立だけ提案されても怒りが込み上げないだろうか。外食したほうがよっぽどマシである。在庫管理も自分で入力しなければいけないのなら意味がないし、食材その他は冷蔵庫だけにしまっておく訳ではない。卵があっても、油や調味料を切らしていれば作れるのはせいぜい茹で卵程度。実際の家事担当者ならばこういう発想にはならないと思うのである。

 ともあれ、共感やいちゃもんをいろいろ呟きながら気軽に読むにはお勧めの一冊である。20年後に覚えていたら、もう一度読んで検証するのもいいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/25 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/03 06:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。