サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~12/2

新規会員50%OFFクーポン ~10/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/10/05
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • ISBN:978-4-10-610246-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

庭と日本人(新潮新書)

著者 上田篤 (著)

縄文のストーンサークルも浄土庭園も、はたまた枯山水も京町家の坪庭も、日本の庭にはすべて魂(タマ)すなわちオーラがある。現代日本人をも魅了してやまない数々の名庭もまた、西洋...

もっと見る

庭と日本人(新潮新書)

税込 660 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 457.1KB
Android XMDF 457.1KB
Win XMDF 456.8KB

庭と日本人 (新潮新書)

税込 748 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

縄文のストーンサークルも浄土庭園も、はたまた枯山水も京町家の坪庭も、日本の庭にはすべて魂(タマ)すなわちオーラがある。現代日本人をも魅了してやまない数々の名庭もまた、西洋の庭園とは異なり、ただ美しく快適なだけではない。それらは時代ごとの理想を体現し、日本人の精神の歴史をもの語る――。桂離宮や御所をはじめ、有名無名とりまぜた京都の庭めぐりを通じて読み解く「庭の日本文化論」。

著者紹介

上田篤 (著)

略歴
1930年大阪市生まれ。建築学者、建築家。著書に「五重塔はなぜ倒れないか」「呪術がつくった国日本」「日本人とすまい」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

年末年始の読売歌壇選から思う「元旦は全国民の合同誕生日だった」。

2009/02/13 18:22

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和田浦海岸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

対談は何より分かりやすいのがいいですね。
渡部昇一・谷沢永一対談「『貞観政要』に学ぶ 上に立つ者の心得」(到知出版社)にこんな箇所がありました。

それは太宗の言葉からの連想なのですが、ここでは、気になった箇所だけ引用します。

【渡部】 ・・しかし考えてみると、日本では誕生日を祝わないで命日ばっかり祝っていたんじゃないですか?
【谷沢】 あぁ、そうですね。
【渡部】 わたしの子供の頃に誕生日という観念はなかったですね。むしろ、今日はお祖母さんが死んだ日、今日はお祖父さんが死んだ日と、命日ばっかりでした。そのほうが太宗の感覚には合いますな(笑)・・・・


「命日ばっかりでした」というのは、そうかもしれないなあ。
それに、昔は数え年で、新年に、皆で歳をとっていました。読売新聞の読売歌壇2009年2月2日の岡野弘彦選を読んでいたら、あらためて、年末年始についての歌が並んでいたのでした。その中に、

 まつすぐに居間の奥までさし入りて明日より徐々に日は伸びゆかむ
               東京都 根本亮子

という短歌がありました。
思い浮かぶのは、上田篤著「庭と日本人」。
そこにこんな箇所があります。

「じっさい、むかしの日本人は元旦の朝早くおきて、家族一同が庭にならんで初日の出をおがんだ。曇りの日も東にむかって拍手をうった。・・ではいったい日本人は、なぜ元旦に太陽をおがむのか?それは元旦が一年の初めだからである。初めの日というわけは、一日の太陽の光がいちばん弱くなる日のつぎの日だからだ。それから太陽は日一日と光を強めていく。」
 このあと、科学的には太陽の光がいちばん弱いのは大晦日ではないという具体的な話になるのですが、それは省いて、その次を引用します。
「いっぽう日本人は、律義にグレゴリオ暦をまもって元旦を太陽の復活の第一日と信じ『太陽の成長・変化にあわせて人間も成長する』とかんがえた。かつて日本人の年齢の数え方をみるとわかる。全国民は一月一日にいっせいに一つ歳をとった。数え年だ。つまり元旦は『全国民の合同誕生日』だった。だから正月には全国民がたがいに祝福しあった。子供もお年玉をもらった。それ以外に誕生日をいわう習慣などなかった。個人の誕生日がきても歳をとらなかったからだろう。しかしいまは西洋個人主義にしたがい、すべて満年齢でかぞえるようになった。そこで個人の誕生日が意味をもつようになった。それとともに正月の意味はうすくなった。にもかかわらず、いまなお正月が日本人にとって最大の祝日になっているのは、時代がかわっても日本人の心の奥ふかくに根強い『太陽信仰』があるからではないか?江戸の俳人・向井去来は『正月を出してみせうぞ鏡餅』という句をつくったが、大きくて白い餅は正月のシンボルであるとどうじに太陽のシンボルだった。というのも『鏡』は日本神話で、アマテラスという太陽神の象徴とされているからだ。」(p27~31)

渡部昇一氏は1930年生まれ。
上田篤氏も、1930年生まれ。

2月10日の読売歌壇に元旦・新年を探してみました。

  元旦のあつといふ間に暮れゐたりはや一年の一日を欠く
              久喜市 深沢ふさ江

この小池光選評は
「本当に、まこと本当にこの通り。もう今年の一割は終わってしまった。歌は結句の『欠く』が的確に的を射貫く。」

  冬至きぬ明日より日脚あづきつぶほどづつ伸ぶと母は言ひたり
              横浜市 小池詔明

  
以上の1首は岡野弘彦選。





日下公人著「逆読書法」に、こんな箇所がありました。

「近ごろは、ほんとうにありがたい時代で、専門教養書が次々に出版されます。読んでみると・・・そうか、それならわかると目からウロコが落ちるようです。子どものころに持った疑問を生涯追及し続けてその結果を発表してくださる人が多くて、本好きの人にはこたえられない時代です。子どもの心の疑問は多いほど人生が実り豊かになります。」


ところで、日下公人氏は1930年生まれ。
そうして、上田篤氏も1930年生まれ。


それでもって、上田篤氏の本「庭と日本人」。
第一章「ストーンサークル 太陽をのぞむ」からまた引用。

「もちろん、世界に太陽を尊重する国々はおおい。
しかし国旗を一つの例にとっても、太陽がかならずしもいちばんおおく採用されているとはかぎらない。世界に200ほどある国のなかで、太陽を単独に国旗として図案化しているとおもわれる国は日本をふくめて13ほど、いっぽう星を単独に図案化している国は49もある。さらに星と月を図案化している国をふくめると60にもおよぶ。つまり太陽より星を国旗に採用している国が断然おおいのだ。というのも、世界のおおくの国々では太陽より星が生活に密着しているからだろう。熱帯の砂漠では人々は夜しか動くことができず、山がない国では太陽をみても方位をとらえることができない。すると日本は太陽の恩恵をうけられるだけでなく、山があることによって太陽の動きを観察して、方位や季節、時刻などをしることができる。日本人が太陽を生活の原点とするはずだ。太陽をかたどった日の丸を国旗とする理由である。
・ ・・古くから太陽をまつるための祭祀場が日本各地にもうけられた。そこが人々の離合集散の基点となり、国土における人々の移動ネットワークの原点となった。・・・」(p50)

これが第一章。これから以降が、さらに「庭」をめぐるさまざまな足跡をたどることができるのです。けれども、私の力不足で水先案内はここまで。目からウロコがおちる手前です(笑)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

庭園は落ち着きます

2017/10/02 18:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごまたまご - この投稿者のレビュー一覧を見る

自然と感じていた庭園の良さを改めて文章かされた本です。自分自身で何となく感じていた事について、分析が出来た気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/10 12:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/26 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/26 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/20 18:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/22 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/14 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/16 14:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。